« ラベル剥がしのコツ | トップページ | 旧蹟を訪ねて 『鳥屋野院の逆さ竹』 »

2012年2月18日 (土)

JBLの思い出

ジェィムズ・バロー・ランシングという人は
JBL(スピーカー・メーカー)を起こした
天才技術者だったと聞いている。
Img_3100

ジャズ喫茶には大抵の店にJBLがあった。
いい音出すスピーカーの代名詞はオーディオ・マニアの
垂涎の的なのだ。

俺らが上京したばかりの頃、ダラーブランドの
『アフリカン・ピアノ』がよく架かってた。
大音量のいい音で聴きたいと吉祥寺の
『Funky』によく通った。
地下に『Paragon』があったからだ。

Img_3110

南アフリカ出身、反アパルトヘイトの活動家、
アブドゥーラ・イブラヒムがダラー・ブランド名で
ECMから出した出世作だったんだ。

LPの第1曲目に収録されている
『ブラ・ジョー・フロム・キリマンジャロ』を
『Paragon』の前で聴けばたった1曲でもう、
彼の世界に引きずり込まれてしまっていた。

スイング・ジャーナル主催のディスク大賞・銀賞
にもなった名曲なんだ。

Img_3102

JBLというと何故かダラー・ブランドと本田竹広が
セットで思い出される。

ある日、ジャズ研の友人が1枚のLPを持ってきた。
新人デビゥー間もない本田竹広の
『サラーム・サラーム』だった。ブラックで熱いものが
伝わってきた。
それ以来本田竹広のファンになった。

Img_3097

峰厚介とのジョイント『ネイティブ・サン』が
新潟に来たときも第四ホールに
聴きに行ったことをよく覚えている。

Img_3096

先日、某公共放送のBSでアブドゥーラ・イブラヒムの
ドキュメンタリー映画を流していた。
サバンナの高原で『ブラ・ジョー・フロム・キリマンジャロ』
を弾いている姿が周囲の風景と、いい雰囲気を出していたっけ。


往年の反アパルトヘイト戦士も年を経て、
角が取れて好々爺に変貌していた。

本田竹広も2006年1月に60歳で早逝した。

氏のご冥福を祈りたい。

(おわり)

|

« ラベル剥がしのコツ | トップページ | 旧蹟を訪ねて 『鳥屋野院の逆さ竹』 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

今日は久しぶりに少し雪のある山に行きました!今回も蘊蓄のある話しありがとうございます!凄いですね!

静岡の岳人さん おはよーございます。
昔はよく吉祥寺界隈に行きましたよね。
昔のことを思い出すのですよ。
老化ですかねー(^^ゞ

投稿: 静岡の岳人 | 2012年2月19日 (日) 22時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JBLの思い出:

« ラベル剥がしのコツ | トップページ | 旧蹟を訪ねて 『鳥屋野院の逆さ竹』 »