« 鏡山下見レポート(その3) 四ツ沢コース | トップページ | 山菜採りは楽し  観光わらび園 »

2012年5月29日 (火)

二王子岳は春色と夏色

Img_4868_2

5月27日(日)晴れ イチガク先輩とモモさんと二王子岳に出掛
けてきました。2合目のブナ林内で「キョロロ」が啼く声を聞きました。
姿を見せないアカショウビンが夏を運んで来たようです。

Img_4852

Img_4853

折りしも今日は山開きです。神殿から祝詞奉納の声が漏れて
きました。
Img_4855

登山者が続々と入山していきます。長蛇の列
ができました。

Img_4859

俺らは登山道を外れて小沢を渡り対岸のヤブ尾根
に分け入っていきました。

イチガク先輩が冬道の「一合目」の標識を見ておこう
と言い出し、標識探しに向ったのです。

Img_4858

結局冬道の「一合目」標識は見つけられませんでした。
大分みちくさを食ったので、登山道は前が開いて、
いつもの静けさに戻っていました。

Img_4956

次は3合目の点789mピークに冬道の踏み跡の痕跡を
探しに登山道を外れてヤブに突入します。

ナタメはあっても踏み跡は判然としません。自然の
回復力の凄さに感じ入りました。

Img_4871

(クリック拡大)3合目 サンカヨウ

Img_4882_4

(クリック拡大)ショウジョウバカマは春色ですね。 6合目

Img_4893
(クリック拡大)ヤシオツツジ 6合目

Img_4900 
(クリック拡大)  残雪を上って油こぼしに向います。

Img_4904_3

(クリック拡大)雪解けを待って斜面に一斉に咲き始めた
かたくり。遅い春色です。

Img_4906_2
(クリック拡大)シラネアオイは優雅な夏色かな?

Img_4924_3

(クリック拡大)北股岳が見えました。これが見たかったのです。

Img_4932_2
(クリック拡大)大日岳は堂々として絵になりますよね。

Img_4941_2

(クリック拡大)日も中天を過ぎて青春の門の影が
右に動いてきました。山頂広場はもう誰もいません。

この時を待っていたのですよ。青い空と飯豊の山々
の色調が微妙に変化していく様をじっくりと目で追う
なんていいでしょう。この感じが堪りません。

(クリック拡大)
Img_4943_3

今日は一日ゆ~っくり、の~んびり山の上で過ごしました。

歩程 9時間30分
(上り5時間 ランチタイム2時間 下り2時間30分)

たまにこんな山行もいいですよね。なんてとても人には言えません
がね。

(おわり)

|

« 鏡山下見レポート(その3) 四ツ沢コース | トップページ | 山菜採りは楽し  観光わらび園 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

山の一番良い時期と言うのが今頃なのだと改めて認識させられる記事、写真でしたね。
春の花と初夏を思わせる日差しと、そして、残雪と季節を三つ合わせたような。
サンカヨウって、私はなかなかお目に掛かれないのですが、好きな花の5本の指に入ります。

noritan様こんばんわ。コメントありがとうございます。暑くも寒くもない云わば「ぬるま湯」のようなこの季節って、つかの間の休養みたいで好きです。サンカヨウの花って、ちょっと「いいとこのお嬢様」みたいで、可愛いいんですよね。

投稿: noritan | 2012年6月 1日 (金) 06時09分

春色と夏色の花々それと残雪の山々良いですね!静岡には無いです。飯豊の大日岳も良いですね、去年行きました。

静岡の岳人さん こんばんわ。今は何処に行っても花盛りでいい季節になりました。今度「しゃくなげ」の花を見てみたいものです。
飯豊の山は本気で登る気で掛からないと
簡単には登らせてくれません。だからいつも気高くて美しいのかもしれませんね。

投稿: 静岡の岳人 | 2012年6月 1日 (金) 10時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582519/54825335

この記事へのトラックバック一覧です: 二王子岳は春色と夏色:

« 鏡山下見レポート(その3) 四ツ沢コース | トップページ | 山菜採りは楽し  観光わらび園 »