« 山菜の後始末(タケノコ編) | トップページ | 米山下見同行記 »

2012年5月18日 (金)

山菜採りは楽し3

Img_4522

今日はウド採りに出掛けてきました。ウドは漢字で「独活」と
書きます。風もないのに自分から動いているように見えるから
とか、ウゴク(動く)が訛ってウドになったとか、諸説あるようです。

Img_4555

暖かくなって雪がずり落ちて、土が現れると、そんな
ところに真っ先にウドの若芽が顔を出します。

Img_4528_5 (クリックすると別画像が開きます)

Img_4532_2

昔からウドの大木と言いますが、渓沿いに生える
ものは2メートル近くなります。成長するに従い茎
は木質になります。

Img_4530
8月後半になると茎の先端にクリーム色のだんご状
の花をいっぱいつけます。花も食べられるそうです。

Img_4533

雪崩がついた後に土を割って出るウドは白身が多くて
上質です。カマで根元から切り取ります。

Img_4558 (クリックすると別画面が開きます)
ウド料理は皮を剥いて味噌を付けて食べるのが定番
ですが、ほかにゴマ和え、酢の物、漬物にします。
天麩羅もなかなかイケますよ。Img_4549

保存するなら塩漬けでしょうか。

Img_4559

Img_4548

Img_4545

ウドもコゴミも土を割って伸び出る力強さには正に
春の息吹を感じます。Img_4534

今年は多雪で雪解けが遅かったせいでしょうか。
フキノトウもキクザキイチゲも一緒に花を咲かせて
いました。
Img_4539 Img_4561

山菜の本格的なシ-ズンはウドから始まるといいます。
下から登り上げてとうとう高い所へ出てしまいました。

山のあちこちで春の息吹を感じることができました。

(おわり)

|

« 山菜の後始末(タケノコ編) | トップページ | 米山下見同行記 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ウドって、「風もないのに自分から動いているように見えるからとか、ウゴク(動く)が訛ってウドになったとか。」
思わずナルホドと一人納得しニッコリうなずいていました♪
ウドはいいのですが、山菜は後始末が大変で もっぱら食べる人専門です。 困ったもんですね。

FUKU様おはようございます。コメントありがとうございます。山菜はやっぱり採る楽しみと食べる楽しみだけでいいですよねー。
実は私もあまり口うるさく言われて、少し学習したのですよ。(^^ゞ

投稿: FUKU | 2012年5月21日 (月) 22時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山菜採りは楽し3:

« 山菜の後始末(タケノコ編) | トップページ | 米山下見同行記 »