« 佐渡の花旅(大佐渡山脈・7月) | トップページ | おけさ丸に乗る。(佐渡紀行2日目)後編 »

2012年7月22日 (日)

石名天然杉を見学。(佐渡紀行2日目)前編

185<拡大>
7月15日(日)雨のちくもり
今日は朝から雨です。遊歩道には私たちの外には
誰も居ません。貸切状態でゆっくりと鑑賞できました。

292_2<拡大>
「九州北部豪雨災害」をニュースが報じていました。
朝方、屋根をたたく雨音で目が覚めたのです。
ここ佐渡にも雨雲が押し寄せ、各所で土砂崩れが
起きていました。

内海府の海岸道路を走り和木集落から石名越の
林道に入りました。

225_2
昨年、県の肝いりでオープンした「石名天然杉遊歩道」
に見学に来たのです。流石にこの雨では誰も居ません。

170標高900メートル
小雨が降っています。「春雨じゃ濡れて行こう」って気分で
向かいました。空気が美味しく感じられます。

165_2<拡大>
木々の緑が眼に鮮やかです。遊歩道周辺の杉の木
は巨木、奇木の宝庫なのですよ。

168<拡大>
杉の巨木はドンデンから北の部分に多いのです。
江戸時代、金山の精錬に使用する木材を確保する為
幕府が佐渡の杉を一括管理していた歴史がありました。

166
金山の近くから伐採が始まり、金山の周辺では
造林に適した直林は殆どが伐採されてしまいました。

178<拡大>
明治維新後、県が後を受け継いで林有財産を買取ました。
金山から遠く離れた北部地域は海から吹き寄せる霧と
強風、低温環境で直林造林に適さない杉が残ってしまって
いたのです。

177<拡大>
50年前に県が新潟大学に林有財産をを演習林として
提供したのだそうです。環境問題が叫ばれる昨今
自然保護の重要性がいよいよ増して来ているのです。

179<拡大>
そして昨年「県有林石名天然杉遊歩道」がオープン
しました。私たちは労せずして、こんな貴重な自然
財産を鑑賞できるのですから、ありがたいことですね。

175<拡大>
何という蝶でしょうか?最近蝶を見かけるってことも
少なくなりました。

180
<拡大>
どこか人面に似ていませんか?魔境にタイムスリップ
した気分です。

182<拡大>
今年は階段の段差が改良され、木材チップも敷き詰め
られたそうです。配慮がありがたいですね。

183<拡大>
四天王杉です。4本が直立する様は奔馬のようで
迫力がありますね。

186<拡大>
年輪は数えないと分かりません。(数えても分から
ないか!)
説明では200~400年も経っているそうですよ。

187<拡大>大黒杉です。
「う~む」そういわれれば、何となくー。

188<拡大>
朽ちた杉の上に新杉が育っていました。杉の世界も
世代交代でしょうか?

196
ガスが流れて幻想的な風景です。こんなの好きです。

197<拡大>
ジャングルに恐竜が出現ー?

198_2<拡大>
わーおぉー!恐竜だー!

201
それらしい羊歯もあるしね。ちょっと白亜紀風でしょ。

204_2<拡大>
木の向こうに「きょっ!巨っ!」巨大恐竜の姿がぁー。

205_3
魚 の顔?

206
怪鳥ラドン!(ラドンって云っても知らない?)

208
ナウマン象に見えませんか?

209
じゃ、これはどうだー。マンモスだぞー。

211<拡大>
キングコングだっているぞー。

221

1周1時間ゆっくり鑑賞できました。ぐるっと1周して
駐車場に戻って来ました。道路脇は蕗がいっぱいです。

220
〔コースタイム〕加茂歌代・友人宅出発8:30=和木経由=
石名天然杉公園駐車場9:15…公園周回…駐車場10:10
=友人宅に戻る10:45=佐渡汽船ターミナル11:00
(後編に続く)

(おわり)

 

|

« 佐渡の花旅(大佐渡山脈・7月) | トップページ | おけさ丸に乗る。(佐渡紀行2日目)後編 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

佐渡島の天然杉なかなかユニークな形をしたものが有りますね!佐渡島も雨でしたか
私もその時、白馬岳~雪倉岳~朝日岳を縦走中でしたが、雨、風、残雪のため雪倉岳~朝日岳を中止して途中で下山しました。

静岡の岳人さん こんばんわ。白馬岳山行お疲れ様でした。<縦走中でしたが、雨、風、残雪のためー相当なアルバイトをよく凌ぎましたね。晴れと雨とでは天地の差ですね。小生も夏山は北アに憧れているのですよ。

投稿: 静岡の岳人 | 2012年7月23日 (月) 11時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 石名天然杉を見学。(佐渡紀行2日目)前編:

« 佐渡の花旅(大佐渡山脈・7月) | トップページ | おけさ丸に乗る。(佐渡紀行2日目)後編 »