« しゃくなげ色考(臼田亜浪のこと) | トップページ | 佐渡石楠花紀行(金北山、ドンデン縦走)・前篇 »

2012年7月10日 (火)

ジャズ喫茶・間瀬の「江差屋」訪問記

033<拡大>
7月9日(月) 晴れ
ジャズ喫茶・間瀬の「江差屋」に行ってきました。
アルテックA7の大迫力の音響に痺れました。

005

たまの休日は朝から梅もぎです。どうした
訳か?今年は梅の生りがいいのです。

008<拡大>
風雨の後にはボトボトと実が落ちるので、
拾いついでに全部もいでしまえば?って
ことになったのです。

003<拡大>
拾った実は梅干用にザルに入れておきました。

006_3
少しは、梅酒用に残してほしいなー。

001<拡大>
朝捥いだ笊3つと、落ちて拾った1笊分合計で
15㌔グラムになりました。この後は、水に晒して
塩漬けにします。梅干造りとなると、いよいよ、
お婆さんの出番です。

014_2<拡大>
きゅうりが一斉に花を付けました。

034_2
<拡大>
これからキュウリもぎが朝の仕事になりそーです。

037<拡大>
朝捥ぎ忘れると、夕方にはお化けになってしまうのですよ。

020<拡大>
晴れ間を縫ってじゃがいもを掘りました。

021<拡大>
土地が痩せて来たのか?天候のせいなのか?
腕が悪いのか?収量はいまいちですねー。

002<拡大>
今夜はジャガバターがいいかなー?蒸かし芋
にしようか?

001_2
どっちにしても、ビールが進みそーです。

039
『唯識のすすめ』(岡野守也著・NHKライブラリー)
を市立図書館で検索したら、西川図書館にあると
判って、曽根まで遠出したのです。

010

「唯識」とは何か?人間の心は5感(視覚、聴覚
、嗅覚、味覚、触覚)と「意識」の6識と2層の
無意識(マナ識とアーラヤ識)の8識で出来ている
というのです。アーラヤ識って何?
興味の正体が形になって行くってのは、なんとも
面白そうじゃありませんか?

031<拡大>
午後は晴れて夏日になりました。曽根まで来た
のだから、もうちょっと足を伸ばして間瀬の江差屋
(ジャズ喫茶)まで行ってみようと思ったのです。

024
樋曽から間瀬峠を越えて海へ出ました。夏空が
広がって道端に「はまなす」の花が咲いていました。

023<拡大>
浜辺の公園に駐車しました。人影はまばらです。

027
「江差屋」を探しに集落内を歩いてみました。
なかなか見つかりません。とうとう教えを請いに
人が集まる漁協に行ってみたのです。

030<拡大>
「ジャズ喫茶の江差屋ってどこでしょうか?」

029
「あ~。それなら橋を渡って左折して、ずーっと
歩いたら、旅館のとなりだよ。」

022

歩いても、看板もそれらしい店構えもありません。
「ごめんください。あの~こちらにジャズの……」

「あー、それウチの家の裏だわ。」と奥から出て来た
ご老人が案内してくれました。やっと辿り着きました。

034
「お客さんだよー!」
「ごめんください。」玄関に入り、奥に上げてもらうと、

「オー!素晴らしい!」
本格的なジャズルームがあったのです。

035「何がお好き?」
「マイルス・ディビスが…。」

037_2
「ちょうど今、聴いてたから」

紙ジャケも懐かしいプレスティッジ盤7150
「マイルス・ディビス&ザ・モダンジャズ・ジャイアント」
のB面が架かった。

「んーむ!いい音だー!」
アルテックA7を「かぶりつき」で聴けるなんて。
飛び入りで入ったのに今日はついている。

038
「お客さんが作ってくれたんですよ。」

差し出された手作りの所蔵盤のリストは凝っていた。
1枚ずつ丁寧にPCで作った手の込んだものだった。
028

「リクエストは決まりましたか?」
「はい。あの~
ユー・ビーソー・ナイス・トゥー・カム・ホーム・トゥーを」
(ちょっと月並み過ぎたかなー?)

025_3

室内の照明が暗くなり2枚目のLPが架かった。
この音はーええーっと?コルトレーンだなー。
テナーソロ。
ピアノはマッコイ・タイナーだ。
続いてバスクラが入ってきた。誰だー?独特の、
ちょっと
グロテスクなこの音色は?やっぱりドルフィーだー。
エルビンのシンバルが炸裂する。

3拍子のゆったりした曲調が、徐々に高まり、高まって
熱い演奏に入って行った。

015
NYのヴィレッジ・バンガード(1961.11のライブ録音)
「スピリチュアル」だ。

「わたしこの演奏が好きなの。」とママ。

そうでしょう。とも
しかもA7で聴くのだから。

小生もすっかり堪能させてもらいました。
余韻に浸ったまま、「また来ます。」って、
ヘレン・メリルは聴かずに引き上げたのです。

036_2<拡大>
今日は思いもかけず「スピリチュアル」な時間を
味わうことができました。

機会があったらまた訪ねたいと思います。

(おわり)

|

« しゃくなげ色考(臼田亜浪のこと) | トップページ | 佐渡石楠花紀行(金北山、ドンデン縦走)・前篇 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

またまたジャズ喫茶良いですね!ところで実は私も少々野菜作りをやっております!私の作ったじゃがいも「メークイーン」はもっと巨大な物です!コロッケ、カレーなど作って美味しいですよ!

静岡の岳人さんも畑をやって居られるのですね。<「メークイーン」はもっと巨大な物ーですかー。獲れたものが大っきいと来年の励みになりますよねー。きっと腕がいいのですね。

投稿: 静岡の岳人 | 2012年7月18日 (水) 08時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャズ喫茶・間瀬の「江差屋」訪問記:

« しゃくなげ色考(臼田亜浪のこと) | トップページ | 佐渡石楠花紀行(金北山、ドンデン縦走)・前篇 »