« キツネノカミソリが満開です。(角田山) | トップページ | 少しだけ秋の気配 »

2012年8月29日 (水)

いつまで続く暑さかな。

013_2<拡大>
8月25日(土)
寝苦しい夜が続きますね。たまには冷房なしで
熟睡してみたいものです。今日の予報は33℃です。

024_2<拡大>
庭のミョウガの花が咲きました。

015_5

018
8時間の熟睡など夢のまた夢です。4時間
眠って、その後はうつらうつらと・・・・。

それでもこの頃の明け方は2番寝入ができる
くらいに涼しくはなってきましたけどね。
016<拡大>
001
でも今朝はゆっくり寝ていられないのですよ。
涼しいうちに畑の草除りをやってしまわないと
日中は暑くてとても手に負えませんから。

010
夏も終盤です。そろそろ冬野菜の種まき
の準備をしなければならないのです。

006<拡大>

007_3
今年の猛暑ばかりは異常ですね。
元気がいいのは雑草だけです。

013<拡大>
汗びっしょりになって2時間。漸く除草を終え
ました。もうくたくたです。

054
午後、南区味方の「曽我量深記念館」に出掛け
ました。田んぼの稲穂が少し色づいて来ました。
055<拡大>056

057

057_2

白鷺が群れていたので、写真を撮ろうと
「そーっと」田んぼに近づいた途端に、
田んぼの中から一斉に飛び立ちました。

059<拡大>
稲穂の中に隠れていた白サギが姿を現すや
出て来るわ、出て来るわ。
その数の多さにはびっくりです。

田んぼの畦道は涼風が吹き抜ける通り道
だったのですね。

060_4<拡大>
きっと白鷺たちは涼しい場所で気持ちよく
羽を休めていたに違いありません。

031

028_2<拡大>027<拡大>029_2<拡大>
曽我・平澤記念館は旧笹川家住宅の敷地内
にありました。
やぶ蚊が結構いるのですよ。
038<拡大>
『如来不来衆生 不往但一念帰命
感応道交故本願 不虚得生義也』

(読み下し)
如来来(き)たらず衆生往(ゆ)かず、
ただ一念帰命に感応道交する故に
本願虚しからず、生を得る義成ずるなり。

(意訳)
阿弥陀仏に南無するは、我れが仏に往く事である。
仏に往けば仏、既に我れに来たる。南無するところに
仏と我れが感応する。感応すれば仏我れを離れず、
我れ仏の中に在り。

昭和16年12月8日 量深

025
昭和4年に起きた異安心(イアンジン)問題も解決して
量深師は
昭和16年8月に真宗大谷派の最高の学階となる
「講師」に任ぜられ、11月に大谷大学教授に復職
します。037
遡ること4年前の昭和元年「如来表現の範疇
としての三心観」を講義しました。

『無量寿経』に説かれる法蔵菩薩と、唯識
(ユイシキ)の阿頼耶識(第8識)とは同じであり、
「本願の三心
(至心・信楽・欲生)」(シシン・シンギョウ・ヨクショウ)と
「阿頼耶識(アーラヤシキ)の三相
(自相・因相・果相)」とは同じであると主張しました。

039
でも昭和4年(1930)本山からは評価されず、
異安心として事実上の追放となってしまった
のです。

044
しかし、師は同年9月同郷で親交のあった
金子大栄師らと左京区鹿ケ谷に興法学園を開設し、
自説を堅持して講義を継続したのです。
042
昭和17年(1942)7月11日~8月10日
第1回安居(アンゴ)本講が開講されます。講師に
量深師が選ばれ『歎異抄』が講本になりました。
035<拡大>
この講義録は昭和22年(1947)かの有名な
『歎異抄聴記』として出版されました。
034<拡大>
大谷大学教授、大谷大学学長を2期歴任。
昭和40年(1965)勲3等瑞宝章を受章。
昭和46年(1971)6月示寂。享年96歳。
旧味方村名誉村民として顕彰されています。
012
師の功績は『なむの大地』(越佐・浄土真宗
の歴史)中で詳しく語られています。

『曽我量深先生 人と業績ー時期を画する人ー』
(里村専精師 寄稿 )

ー真宗の説教における法蔵菩薩ということに
なると非常に神話的表現で語られていた。
それを自分はどう了解(リョウゲ)するかと。

046

曽我先生は近代人という身をとおしてそれが
自分にどのような意味を持ち、どのような
働きをもってくるのか。

そういうことを真正面から自分の課題として
教学的に突っ込んでいかれた。そして
「法蔵菩薩論」が生まれてきた。

024_3
「我を救うものは何か」「この私を救いたもうものは
仏教として何なのか」その結論が法蔵菩薩だった。

久遠の仏陀たらしめているのは法蔵菩薩因位
(インニ)の修行だ。069
因位の修行は何時、どこで、どのようになされたのか?
「法蔵菩薩はアラヤ識なり」といわれた。

014_3
法蔵菩薩の菩薩としての生き様は業(ゴウ)の身で
ありながらその業を引き受けて業をごまかさない。
むしろ見事に
業を生き抜く。これが菩薩の姿である。と説かれる。
036

ー里村先生の話があって、その後懇談になった時、
曽我量深の話を聞いたという人が居たが、「話は
難しくて何にも分からなかった。ただ一生懸命
話をしておられるのを聞いているうちに、何にも
分からなかったけれども、わかった」と。ー
047

唯識で捉える阿頼耶識 のアーラヤとは何ぞや?
サンスクリット語の“蔵”が語源だそうです。
因みに「ヒマラヤ」という言葉はヒマ(雪)の
アーラヤで雪の蔵の意味になります。

DNAの遺伝子情報として30億年前からの記憶、
それに本能、生まれつきの性格、素質なども
含まれるそうです。
(岡野守也 著 NHKライブラリー)

難しくてだんだん頭の中がこんがらがって
来ました。
また本を読み返して見ます。

(おわり)



060_2

015_4

015_3

|

« キツネノカミソリが満開です。(角田山) | トップページ | 少しだけ秋の気配 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

稲の穂がだいぶ実ってきましたね!今年もコシヒカリは豊作ですね!楽しみにしています。

静岡の岳人さん おはようございます。日中は残暑にうだっているのに、今朝は結構涼しく感じました。新米、もうすぐですね。静岡の岳人さんは播隆祭で自慢ののどを披露されたとか。山上でも活躍されていますね。

投稿: 静岡の岳人 | 2012年9月 5日 (水) 07時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いつまで続く暑さかな。:

« キツネノカミソリが満開です。(角田山) | トップページ | 少しだけ秋の気配 »