« 夕日コンサート(新潟まつり 2日目) | トップページ | キツネノカミソリが満開です。(角田山) »

2012年8月 9日 (木)

住吉行列と花火大会(新潟まつり 3日目)

058_2<拡大>8月5日(日)
新潟祭りの住吉行列を見に行きました。記録的な
猛暑日に神馬も、神人も汗だくです。皆さんご苦労様です。

050_2<拡大>
川祭りの住吉行列といえば先ずは天狗様のお通りです。

051_2<拡大>
獅子頭が続きます。

054_2<拡大>
神人たちの烏帽子姿が決まっていますね。

240
「湊祭は湊元神社(つもと)の祭礼により始まった
とされています。314_3
延宝8年(1680)6月、新潟の廻船問屋(屋号網干屋)
広嶋 治兵衛が大阪の住吉神社からご神体を受け、
地域住民にも信仰されるようになり、享保11年には
行列を組む祭りが行われました。

316_4
これが住吉祭りの起源だと伝えれています。

311
その後、延享5年(1748)に白山神社境内地に住吉
神社が勧請されたとの記録が残っています。

310
現在では、住吉さまを載せたお神輿は湊の安全を祈り
信濃川を東から西へ水上渡御していきます。」
(新潟まつり実行委員会公式HP)

063

子供のころ街で見たパレードにはこころが浮き立つ
興奮がありました。049<拡大>
いろいろ工夫を凝らした山車に身を乗り出して眺めた
ものです。
今で云えばミッキーのエレクトリカルパレードを見る
感覚でしょうかね?

052_2
若衆姿の古町芸妓が手を振って通る舞台車は
一段と華やかさがありました。

053<拡大>
祭りの姿も時代とともに変わるものですね。
今昔の感は否めません。

067_3068

夕陽が差し始めると待っていたかのように
信濃川べりには色とりどりのシートが並びます。

068_3
水上からボートで眺めれば最高でしょうねー。

069

073_3<拡大>
時間の経過とともに観客も増えました。
我が家も大分お酒が進みました。
077
辺りも暗くなった7時過ぎ開始の花火が上がりました。

080
「よっ!玉や~!」「鍵や~!」

087
打ち上がる花火を見ながら飲む酒は旨い~。

105<拡大>
「夏の花火は明治19年萬代橋が完成した際の
花火が好評を博し、その後『川開き』『川祭』と
呼ばれるようになりました。

096
昭和22年8月23日、新潟市民は『住吉祭』『商工祭』
『開港記念祭』『川開き』をそれぞれ復活させました。

085
また、昭和30年に『新潟まつり』として4つの祭りが統合
となりました。(以下省略)」
(新潟まつり実行委員会公式HP)

130<拡大>
新潟まつりの締めくくりは花火大会ですよね。

安心して近場で見られる『新潟花火』がいちばんです。

(おわり)

 

|

« 夕日コンサート(新潟まつり 2日目) | トップページ | キツネノカミソリが満開です。(角田山) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 住吉行列と花火大会(新潟まつり 3日目):

« 夕日コンサート(新潟まつり 2日目) | トップページ | キツネノカミソリが満開です。(角田山) »