« 蓮の花が咲きました。(白山公園) | トップページ | 火打山に登る(会山行 後編) »

2012年8月 1日 (水)

キヌガサソウに会う。(会山行・火打山  前編)

155<拡大>7月27日(金)
黒沢池ヒュッテ付近にて
会山行・火打山に行ってきました。木陰に
キヌガサソウが群生していました。

042
富士見平付近
物心ついてキヌガサソウに出会ったのは何時
だったかしら?
学生の頃、合宿で立山の弥陀ヶ原、松尾谷で見た
のが最初のような気がします。

069<拡大>
暗い林内から珍しいものでも見るような顔つきで
こっちを見ている花たちに出会ったのです。

122_2<拡大>
キヌガサソウを擬人化して見るようになったのには
訳があるのです。幼い頃は鍵っ子でした。学校から
帰るといつも一人で留守番です。

146<拡大>黒沢池ヒュッテ
いつも絵本を見て過ごしていたのです。キンダーブック
の絵を眺めているのが好きだったのです。
いつしか自分の中で膨らんだイメージが松尾谷の
キヌガサソウを見た瞬間に弾けたのかもしれません。

123
「不思議の国のアリス」に出てくる、意地悪な花たち
に、どこか似てませんか?

125

キヌガサソウを見ると、どこか懐かしいような、幼友達
と一緒のような、ワクワクした気分になれるのですよ。
149_2<拡大>
キヌガサソウはユリ科ツクバネソウ属の多年草で
日本固有種です。学名はパリス ジャポニカ。
多年草なので毎年同じところに生えます。

321

名前の由来は昔、公卿貴族の女性が用いた衣笠
に譬えたものです。キヌガサ繋がりでいうと、キノコの
キヌガサタケというのもありました。こちらは中国料理
の高級食材ですね。
156<拡大>
1株に1つ花がつきます。「眉目秀麗」。
ちょっとマニアックでしょうか?

183<拡大>高谷池付近
日本海側の雪の多い林縁や雪が溜まる斜面の下方
の湿ったところを好んで大群落を作ることもあるよう
です。

186<拡大>
ロンドン 7日 ロイター記事(2010.10.7)
キヌガサソウの細胞1つ当りのゲノムサイズが
これまでに記録された範囲で、最大であったこと
が英国キュー王立植物園の研究で明らかに
なりました。

220
<拡大>天狗の庭
キヌガサソウのDNA量はヒトの50倍。植物ゲノムサイズ
が大きいと汚染土壌や過酷な環境では適応しにくく、
絶滅の危機に瀕するというのです。

221<拡大>
秋田県と石川県ではレッドリスト入りしています。
環境省により上信越高原国立公園の自然公園指定
植物になっているのです。

222<拡大>
トキと同様に大切に守って行きたいものですね。

001_2

梅雨明けした途端、連日猛暑日が続き、参って
いたのです。
つかの間の避暑を求めて会山行に参加して
来ました。車内は冷房が効いて快適です。
車窓から火打山が見えました。


「ー火打山は妙高山群の最高峰であり、新潟県内でも
白馬連峰を除くと最高峰である。

203<拡大>
優美な三角形の山姿も北東の高田市方面からだけ
仰望され、重式火山の妙高山、活火山の焼山の中間
にあるだけに山麓からは注目されず、火打の名の様
に死火山と長い間思われていたが最近の調査で
火山構造をなさず溶岩を被っていると判った。ー」

(白馬 妙高 戸隠 集成図 藤島 玄著より)

005
笹ケ峰のバス終点からトクサ沢の登山口に向います。
気温は朝から上昇して、もうジリジリです。土日の
混雑を避けて1日ズラしてくれた、金土の設定とは
心憎いリーダーさんの配慮ですね。
有難いことです。
018<拡大>
トクサ沢に沿って緩登して行きます。白樺の林を渡る
風が爽やかです。

020
栃の木原を登り上がって、黒沢橋に出ました。昔、
横倒しに沢に掛かる大木の上を恐る恐る渡った
記憶があったのです。
でも今はビクともしない鉄筋のコンクリ橋になりました。

024

橋を渡ると、いきなり道は立ち上がって十二曲がり
の登山道をジグザグに登って行きます。

028<拡大>
高度をぐんぐん稼いで林相が岳樺に変わると、風も
涼風に変わるのですよ。

031<拡大>
大先輩のK氏が自家栽培の朝採りキュウリに
味噌をつけて振舞ってくれました。
新鮮で旨かった~!

059<拡大>
黒沢新道の水平道を進みます。正面の山は
三田原山です。道脇には花々が咲き競って
いました。079<拡大>
広々とした黒沢湿原に出ました。

092

ワタスゲの咲く湿原の中の一本道を歩きます。
ちょっと夏の尾瀬って感じですね。

115<拡大>
青いドーム屋根が特徴的な黒沢池ヒュッテに
到着です。でもまだ終着点ではありません。

127<拡大>
クルマユリとモミジカラマツの紅白の
取合わせです。目出度い。めでたい。

129<拡大>
午後2時を過ぎると大倉岳にガスが
湧いてきました。
139<拡大>
振り返ると大倉岳の肩越しに妙高山が
競り上がって見えました。
140<拡大>
眼下に歩いてきた黒沢湿原が見わたせます。

144

145_3<拡大>
茶臼山の向こうに大きな火打山がガスの
中から顔を見せました。

159
今日の終着点、高谷池ヒュッテに到着です。
1日目終了。後編へ続きます。

(おわり)

 

 

|

« 蓮の花が咲きました。(白山公園) | トップページ | 火打山に登る(会山行 後編) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

27日は昔の仲間とゴルフ&瀬波温泉でした。火打山いいですね!!!黒沢湿原は確かに夏の尾瀬って感じですね。

KAZU様 おはようございます。コメントありがとうございます。ゴルフの後は温泉ですかー。大名旅行ですね。うらやましいですー。山はもうびっくりするほど人で一杯です。夏山シーズン真っ最中ですからねー。静かな山旅なんて夢のまた夢です。

投稿: kazu1954 | 2012年8月 1日 (水) 09時35分

「苗場山」に先日行って来ました。
会山行の後です。
そして「火打山」にも行きたいなと思っています。
会山行の皆様の記事、花の写真を拝見していると、行きたくなってきます。
後、後と追いかけています!!

noritan様 おはようございます。会山行の後にまた苗場山に行かれたのですね。
そうして自分の世界を広げて居られるのですね。素敵だと思います。私も真似してみたいです。

投稿: noritan | 2012年8月 3日 (金) 03時32分

キヌガサソウ、花も葉も良いですね!私の友人に「衣笠君」が居りまして、以前、キヌガサソウの写真をあげたら非常に喜んでいました。

静岡の岳人さん こんばんわ。<「衣笠さん」にキヌガサソウの写真をあげたら喜んでーくれたのですか?それは良かった。ヨカッタ(笑)そういうのをジャスト・フィットっていうんですかね?キヌガサソウって何処か愛嬌ありますよねー。

投稿: 静岡の岳人 | 2012年8月 6日 (月) 18時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582519/55316392

この記事へのトラックバック一覧です: キヌガサソウに会う。(会山行・火打山  前編):

« 蓮の花が咲きました。(白山公園) | トップページ | 火打山に登る(会山行 後編) »