« 朝日連峰・以東岳に登る(2日目) | トップページ | 標柱設置ボランティアに参加する。(五頭山) »

2012年9月22日 (土)

以東岳の秋の花たち(もう秋の気配)

034<拡大>
アキチョウジ(秋丁字、シソ科ヤマハッカ属)半日陰
の登山道脇に群生していました。
丁の字に似ているのが、この名の由来です。

028<拡大>
ツリフネソウ お腹かのふくらみが可愛いですね。
029_2キバナアキギリ 秋の花の定番です。

032
登山道はブナ林の中を緩登していきます。

031<拡大>
キンミズヒキ(金水引 バラ科キンミズヒキ属)
成熟すると実が服にくっ付くのです。

ヤブを歩いてあとに、服にいっぱい引っ付いて
きた実を剥がすのに苦労したことありませんか?

065

ヤマアジサイ  花季 ももう終わりのようです。

044<拡大>
ヤマトリカブト  きれいなものには毒がある。
猛毒です。こわいこわい。

045
ヤマブドウ 
3年前の10月半ばに同じ場所を通ったのです。
鈴なりの山ぶどうに登山者が群がってブドウ狩に
精出していましたっけ。

この道沿いにはサルナシもいっぱいあるのですよ。

036_2

<拡大>
登山道には頃合よく沢が滝を落としています。
暑熱の道中には滝の涼風が、実に心地よいのです。

050
それに冷たい湧き水の一杯は有難いですね。

「うーっ旨い!もう一杯」

059
ミヤマガマズミ  ズミは墨で、染料のことだそうです。

062

アキアカネ (秋茜)別名は赤とんぼ 
この赤とんぼがもっと大きく真っ赤になって里に
下る頃が秋本番です。 もうすぐですね。

063
ドクベニタケ 
ドク(毒)と名がついていますが、毒はなく不快な
苦辛味が舌に残るそうですよ。

089
大鳥池に着きました。見上げれば戸立山
の稜線がちょっと色着いたように見えませんか?

087

090090_2
<拡大>
大鳥池は干上がっていました。「ここ3ケ月
は満足な雨が降っていないからねー。」と
小屋の管理人さんが話していました。
092_2
翌朝3時起床、外に出てみると満天の星です。
明けの明星が東の空に輝いていました。
中天に冬の星座オリオンも上って来ました。
096<拡大>
登るにつれて東の空がほの白んできました。

097みるみる明るくなりました。

101_2
102<拡大>
オヤマリンドウ 花たちはまだ眠りから
覚めません。

108_2<拡大>
御坪峰が朝日を浴びてモルゲンロートに
染まりだしました。105<拡大>チングルマ
稚児車が訛って「ちんぐるま」になりました。
花が終わって雄しべが長く伸びたのですね。

114
こちらは花の終わったコバギボウシです。
御坪峰の北側斜面に群生していました。

113<拡大>
タカネマツムシソウは 秋の 定番ですね。

122

164
ウメバチソウが可憐に咲いていました。

157_2

山頂から以東小屋が見えました。

172

飯豊連峰の丸森尾根と同様に、ここ直登尾根の
登山道の崩壊も深刻な状態です。
回復には時間がかかりそうです。

173
修復箇所の脇にイワイチョウが咲いていました。

177
ウワバミソウのムカゴ
チョコレート色に熟した頃が摘み頃だそうです。

湯がいて醤油、砂糖で味を調えた煮浸しは
シャキシャキ感があって酒肴には最高だと
先輩会友に教えてもらいました。

暑さ寒さも彼岸まで。目に鮮やかな紅葉と
味覚を楽しむ秋本番はもうすぐです。

(おわり)

|

« 朝日連峰・以東岳に登る(2日目) | トップページ | 標柱設置ボランティアに参加する。(五頭山) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ホントに 「暑さ寒さも彼岸まで」 と良く言ったものですね。
ようやく涼しくなってほっとしております。
伊東岳、花やトンボ、稜線の色付きはじめに 秋の気配を感じさせてもらいました。
目に鮮やかな紅葉と味覚を楽しむ秋本番にワクワクしてきます♪

FUKU様 おはようございます。訪問ありがとうございます。今朝は涼しかったですね。今日で彼岸が終わり、これから日一日と秋が深まっていくのでしょうか?10月は会山行が目白押しですね。また山でお会いできる時を楽しみにしています。

投稿: FUKU | 2012年9月23日 (日) 23時00分

秋を感じさせる山も良いですね!まだ花が有りますね。私は29日八ヶ岳の編笠山に行きます、八ヶ岳はもう秋山でしょう!

静岡の岳人さん こんばんわ。いつも訪問ありがとうございます。花は夏の名残で、ちょっと、もうさびしい感じですね。これから山は紅葉に変わっていくのでしょうねぇ。来週は八ツですかー。小生もたまにはメジャーな山に出掛けてみたいです。

投稿: 静岡の岳人 | 2012年9月24日 (月) 09時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 以東岳の秋の花たち(もう秋の気配):

« 朝日連峰・以東岳に登る(2日目) | トップページ | 標柱設置ボランティアに参加する。(五頭山) »