« 少しだけ秋の気配 | トップページ | 磐梯山花紀行(初秋篇) »

2012年9月11日 (火)

夏の名残の磐梯山

004

9月9日(日)晴れ
♪会津磐梯山は宝~のっこら山よ~
「日本百名山」・磐梯山に行ってきました。

001_3
昔から磐梯山は身近な山なのです。小学校の
修学旅行といえばSLに乗って会津若松でした。
白虎隊と野口英雄。懐かしい思い出です。

005
『今日は一番楽な八方台から』と仲間に誘われる
ままについて来たのです。

登山靴を新調しました。さて具合はどうでしょうか?
009

今年は山は不作で、クマの出没が多いそうです。
でも百名山では登山者が多いから、きっとクマも
出にくいでしょうね。

011_2<拡大>
歩き出しはブナ林の中を炭焼きの搬出道路
みたいな幅広の道です。ブナは細い2次林です。

014_2

01630分も歩くと小広い台地に出ました。硫黄の
臭いが鼻を突きます。
016_4

017_4

017_6
中ノ湯は廃墟でした。以前「ヤマケイ」の
グラビアに載った閑静な湯宿の面影はありません。017_2

019<拡大>
道脇にエゾリンドウが咲いていました。もう秋色
ですね。
026<拡大>
木の間越しに西吾妻山が見えました。ゆったり
と大きな山容は魅力的です。

031<拡大>
高度が上がるにつれて火山らしい景観になって
きましたよ。

037<拡大>
岩稜越しに五色沼の1つ「赤沼」が見えました。

039
「昨日、猪苗代湖100キロマラソンに参加して完走
しました。」という若者グループに出会いました。

いや~凄いー!猛者連がいたものですー。

012

054

アキノキリンソウ 丁度夏と秋が交代する季節なのですね。

043
ナンブアザミ

046_2
「弘法清水」は広い台地状になっています。
2軒の山小屋は登山客で賑わっていました。

054_2
冷たい清水なのです。出量が少ない水を
水筒に貯めるのですから、時間がかかります。
人気スポットは長蛇の列です。

055

今日は地元の小学校の学校登山のようです。
付近は子供たちの元気な声が飛び交っています。

058<拡大>
ここから山頂まで350mの直登が待っていました。

057
ぐんぐん競り上がって周りの景色が眼下に
広がります。涼風が実に気持ちいいのです。

065
山頂は見えるのですが、中々遠いのです。
もうちょっとかな?

068
漸く到着です。山頂も人で一杯でした。

075

071_2

074

078

080<拡大>
ぐるっと360度の大展望です。雲が流れて
天上世界から下界を眺め下ろす気分で爽快です。
091
次々と上がってくる登山者で山頂は満杯です。
ランチを頂いた後はサッサと下山しました。

ウメバチソウが群生していました。

094<拡大>
磐梯山の左に位置する櫛ケ峰は堂々として
見事ですね。

101_2
大分下りました。やっぱり人混みの中より
静かな方が落ち着きますねー。

111
足湯に立ち寄りました。

112
白濁した泥湯がぶつぶつと煮えたぎっています。

113
そ~と足を入れてみますー。

114_2
熱っつー!これはたまらん。

123
口直しに塩川町にある日帰り湯に行きました。

121
老人施設に隣接する真新しい入浴施設です。
入浴料400円はお手ごろです。

127_2
サッパリした後は腹ごしらえです。ここまで
来たのだからと、喜多方まで足を延ばしました。

126_2

街中アッチもコッチもみんなラーメン店ばかり。
どこに入ったらいいものやら。「だったら駅でマップを
もらって考えよう。」

128_3<拡大>
結局、サッパリ系の醤油ラーメンにしました。

129<拡大>
太麺がしょうゆベースのスープに合って旨い。
さすがは喜多方らーめん。期待通りです。

腹も足りたので帰ることにしましょう。
今日はいい思い出ができました。
(おわり)

歩程 5時間30分(上り3時間 下り2時間30分休憩を含む)

歩いた軌跡

Photo<拡大>
国土地理院背景地図等データ利用許諾番号
2011-005号

 

 

077

|

« 少しだけ秋の気配 | トップページ | 磐梯山花紀行(初秋篇) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

磐梯山懐かしいですね!私は以前に猪苗代湖の方から登りました。今週末の連休に私の岳友が登る予定です。

静岡の岳人さん こんばんわ。いつもローカルのマイナーな山にしかいかないので、百名山は登山者が多いのにビックリです。

投稿: 静岡の岳人 | 2012年9月13日 (木) 18時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏の名残の磐梯山:

« 少しだけ秋の気配 | トップページ | 磐梯山花紀行(初秋篇) »