« オクトバーフェストに乾杯~! | トップページ | 八海山尊神社に参詣する(実りの秋) »

2012年10月 7日 (日)

マンダロク山へ下見に登る。(10月6日)

Img_7499<拡大>
マンダロク山はR49の三川道の駅からも
よく見えます。五十島集落の奥に聳える
形のよい山です。今日は会山行の下見に登りました。

Img_7466_2
林道に先着車?前が塞がれては通れません。
移動をお願いしようと降車して近づいたのです。

Img_7468_2

弾帯を腰に巻いた地元猟友会の人が栗拾いの
最中でした。
ここは閉鎖した栗園なのです。最近クマが出るので
駆除を兼ねて見張り番をしていたというのです。

Img_7470_2
「1頭は仕留めたがもう1頭いるはずだからー」
と注意を促されて通してもらったのです。

Img_7472

道標には通称マンダロク山と書いてあります。
「亦六山」の漢字を当てるのですね。

国土地理院地図にはマンダロク山と記載
してあります。

Img_7473
登山口は栗のイガが散乱していました。

Img_7471Img_7475_2Img_7476

<拡大> 上 カバイロキツネタケ
      中 カバイロツルタケ
      (色が飛んじゃって白くみえます)

      下 シロイボカサタケ

全部毒菌です。食指が動きませんね。

Img_7477

Img_7543
登り始めて20分で三角点のある独標に
着きました。木立に囲まれて展望はありません。

Img_7478

Img_7480
ここに登る人は少ないようです。今日は
往きも帰りも私たちの外は誰にも会いませんでした。

Img_7485

Img_7523_2

驚いたのはやたら「クモ」が多いことです。
巨大なクモがアミを張って獲物を待ち
構えているのですよ。
Img_7524_2<拡大>
Wストックで前を払いながら登らなければ
なりません。
これを怠るとたちまちクモの巣に顔を突っ込んで
往生します。うるさい事この上なしです。

ポールの先にクモの糸がくっ付いて綿アメ状態
になってしまいました。

Img_7486Img_7516

Img_7497_2

Img_7497_3

上 キツネノカラカサ
中 イロガワリフウセンタケ
下 ムラサキアブラシメジモドキ

菌根菌は不食菌が多いのです。
知らない菌には手を出さないことですね。

Img_7488<拡大>
独標を過ぎて最低鞍部まで下ると550mの
小岩峰と左にマンダロク山が姿を現しました。

Img_7494
岩場は右に捲いて登ります。

Img_7538
左側は切れて沢に落ち込んでいます。
慎重に通過しました。

Img_7501_2<拡大>
660m峰を越して主尾根に出ると視界が一気に
開けました。
形のよい790m峰が正面に聳えています。

Img_7502Img_7503_2Img_7507<拡大>
この辺から細尾根とガレ場が連続します。
要所にフィックスロープが張ってあります。

Img_7489<拡大>
前に見える三角ピークは尾根の張り出しです。
マンダロク山はその奥にあってここからは
見えません。Img_7517Img_7518_2Img_7519_5<拡大>
上 菅名山塊を裏から見た景色です。
中 その左に目を移すと白山と粟ケ岳(左)が見えます。
下 真ん中の円頂が目指すマンダロク山です。

Img_7504_2

Img_7525_3
マンダロク山の山頂標識です。こっちが正式の名前?

Img_7532Img_7534Img_7534_2<拡大> 
山頂付近だけちょっと紅葉し掛けて来たかな~?
熱暑の影響でしょうか。今年は遅いかも。

登山者は少ないようですが、道は整備されて刈払い
も行き届いていました。細尾根、岩場もゆっくり
歩けば問題ありません。

Photo<拡大>
国土地理院背景地図等データ利用許諾番号
2011-005号

歩いた軌跡 4時間30分(休憩含む 登り2:05 下り1:20)

上昇量 565m

当日は晴天になることを祈ってま~す。

(おわり)

 

Img_7519

Img_7518

 

Img_7519_3

Img_7519_2

|

« オクトバーフェストに乾杯~! | トップページ | 八海山尊神社に参詣する(実りの秋) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

マンダロク山の下見、お疲れさまでした~
レポートを見せて頂き 山の位置関係とか山の様子が おぼろげながら想像でき、ちょっとほっとしております。
マンダロク山、通称 亦六山、または前日倉山??、以前 名前を聞いた時から何故かずーと気になる山でした。
静かなとてもいい山のようですね♪
当日は、お世話になります。 宜しくお願い致します。

FUKU様 おはようございます。当日はこちらこそお願いします。下見の入山前に森林組合長さんのお宅へ挨拶に行って来たのです。森林組合がこの山を管理しているのですね。
刈払いもされて歩きやすい道でした。ちょっと蒜場山に感じが似てると思いませんか?

投稿: FUKU | 2012年10月 7日 (日) 19時38分

マンダロク山とは変わった名前の山ですね!毒キノコに蜘蛛いろいろ居ますね!さすがに越後の山は奥深いですね!

静岡の岳人さん こんばんわ。マンダロク山は新潟県の秘境、川内山塊(カワチ)の一角の山なのです。夏はヒルがいるので残雪期か秋過ぎて入ることが多いですね。地味だけど魅力的な山が多いのですよ。

投稿: 静岡の岳人 | 2012年10月 8日 (月) 11時13分

 この山の名前は幾つあるの? 「七つの顔を持つ男」片岡知恵蔵には敵わないか。(笑い)
 変化があって面白そうな山だけど、今回はパス!いずれ登りたいもんです。
 紅葉が丁度いい時期だろうなぁ。

山いろいろ様 こんばんわ。訪問ありがとうございます。マンダロクって名前に惹かれて登ってみたのですが、山容がどこかミニ蒜場山みたいで面白い山だと思うのですよ。

投稿: 山いろいろ | 2012年10月12日 (金) 10時27分

Hi, I’ve been a lurker around your blog for a few months. I love this article and your entire site! Looking forward to reading more!

投稿: hermes sale shops | 2012年10月20日 (土) 02時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マンダロク山へ下見に登る。(10月6日):

« オクトバーフェストに乾杯~! | トップページ | 八海山尊神社に参詣する(実りの秋) »