« 八海山尊神社に参詣する(実りの秋) | トップページ | 湯の丸高原に遊ぶ(10月13日池ノ平湿原) »

2012年10月15日 (月)

紅葉の三国岳を登る(飯豊連峰)

Img_7705<拡大>
10月10日(水)晴れ 三国岳より種蒔山方面を望む。
会山行で西会津の弥平四郎口から三国岳へ登りました。

Img_7621

  祓川右岸の標高650mの林道終点の
大駐車場で車を下りました。

Img_7624
林道を少し戻り、看板の所から祓川に
下りて沢に掛かった木橋を左岸に渡りました。

「祓川」の言葉は昔は道者の禊場だった
所でしょうか?

Img_7629
標高700mに建つ祓川山荘は昭和48年に
西会津町が建設開放した小屋だそうです。

Img_7634
長坂尾根は急登急降がなくて一定の緩登
のまま登って行きます。
飯豊に登拝路の中では楽な道に違いありません。
「十森」の水場は、助かります。
Img_7641Img_7635Img_7643_2<拡大>
標高1300mの松平峠に着きました。
皆さん健脚揃いなので順調です。

上 両サイドが切れ落ちた痩せ尾根を
   登ります。
中 一直線に立上る大白布沢の源流が
  正面に目に入ります。

下 松平峠を振り返ります。
  昔、疣岩鉱山が開発されたころには
  鉱夫の人々で賑わったのでしょうか?
Img_7644Img_7645

Img_7651
<拡大>
松平峠からいきなり立上って稜線まで続く
疣岩(イボイワ)新道は分岐まで290mの
直登を強いられます。

上 疣岩新道の急尾根を登ります。
中 疣岩山を仰ぎ見ます。
下 急尾根を登って5本の岳樺のある小ピーク
  に出ました。

皆さん、健脚だからハイペースでぐんぐん
稼ぐのですよ。Img_7657Img_7663Img_7662<拡大>
急登はここまで。漸く疣岩山の西鞍部に着きました。
ここからは北側斜面を捲いて行きます。
イタヤカエデの黄葉がきれいですね。

Img_7664
途中「獅子沼」に寄ってみました。
木ノ間越に本山に続く稜線が見えました。

Img_7669_2
ゆったりと雄大です。飯豊の山懐に
入って来たという感慨は一入です。
Img_7692Img_7682Img_7686_2<拡大>
疣岩(イボイワ)は露出した巨岩という
訳ではなく
「ー第三紀層の凝灰岩の中に大豆そっくり
の緑色凝灰岩が疣状に散在しているからでー」

「ー疣岩鉱山は花崗岩中の亜鉛、鉛の結晶の
鉱脈で選鉱に有利な鉱石である。ー」
(「越後の山旅  上巻 藤島 玄著」)


上 疣岩山を振り返る
中 なだらかな浅草を登ります
下 浅草の草紅葉です

Img_7689Img_7688Img_7693_2<拡大>
浅草付近はドウダンの赤、イアタヤカエデの黄
常緑の木々とのコントラストが見事です。

Img_7697
剣ケ峰の稜線は迫力ありますねー。
Img_7698_2

Img_7700_3Img_7700_4Img_7704Img_7707<拡大>
上 山頂に立派な小屋が建っていました。以前の
  木造から鉄骨造りに建て替えられました。中は
  きれいで快適です。

中 山頂より七森岳、種蒔山方面を望む
下 地蔵山方面を望む

山頂は冷たい強風が吹いていました。一雨くれば
雪に変わるでしょう。Img_7716Img_7722_2Img_7717_2<拡大>
ランチの後は三国岳から南西に派生する長大
な尾根をアップダウンを繰り返しながら鏡山まで
歩くのです。

上 巻岩山を目指します。
中 ヌルデ(ウルシ科)が真っ赤ですね。
   スイッチョン(虫)がとまっていましたよ。
下 巻岩沢の深い谷が見を見下ろします。

Img_7723
ハウチワカエデ 手袋みたいできれいです。

Img_7724_3<拡大>
右のトンガリが鏡山です。このあと
急降急登が待っていました。

Img_7733_4<拡大>
真ん中奥のピークからここ鏡山まで歩いて
来ました。いやー長かったーー。

Img_7739_2
鏡山には今年3回目の登頂になります。
なかなかいい山なのですよ。

Img_7630Img_7727Img_7742<拡大>
上 ツチカブリ(ベニタケ科チチタケ属)不食
中 ツキヨタケ 夜光します。毒菌です。
下 ヤマブドウ 葉っぱだけで実は見当たりません。

キノコは毒菌ばかり。山ブドウには実が着いていま
せん。山はやっぱり不作のようですね。
Img_7725Img_7695
今日は熊にもハチにも遭わず紅葉盛りの飯豊
三国岳の稜線歩きが出来ました。

これから紅葉前線は徐々に里に下りて来て
20日頃にはマンダロク山も見頃を
迎えることでしょう。
Photo<クリック拡大>

国土地理院背景地図等データ利用許諾番号
2011-005号

歩いた軌跡 8時間30分(休憩を含む上り3時間30分
下り 5時間)

(おわり)

|

« 八海山尊神社に参詣する(実りの秋) | トップページ | 湯の丸高原に遊ぶ(10月13日池ノ平湿原) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紅葉の三国岳を登る(飯豊連峰):

« 八海山尊神社に参詣する(実りの秋) | トップページ | 湯の丸高原に遊ぶ(10月13日池ノ平湿原) »