« つかの間の晴れた日には | トップページ | 越後三山を真近に望む(川口峠) »

2012年11月18日 (日)

初冬の金倉山に登る(金倉山遊歩道)

Img_8498_2<拡大>11月16日(金)
雨のち晴れ 久し振りの晴れ日になったので
小千谷市側から金倉山(かなぐらやま)に
登ってきました。

Img_8502
金倉山は小千谷市と旧山古志村(現長岡市)
との境にあります。山麓一帯は棚田や錦鯉の
養殖池が点在しています。

Img_8516<拡大>
山頂には展望台があって越後三山や毛猛連山
が真近に望めます。水を張った鏡のような棚田の
風景がまた素晴らしいのですよ。

Img_8512

いつもGWの頃に山古志の虫亀集落から入る
のですが、今回は小栗山の木食観音堂の前から
遊歩道を歩くことにしました。

Img_8430_2
自宅を発つ時は晴れていたのに長岡に差し掛かる
頃には本降りになってしまいました。

Img_8432
妙見堰を直進します。モーテルを左折してR291
に乗ります。ちょっと分かりづらいところですね。
Img_8434
車は山古志方面へ向って行きます。錦鯉と闘牛の
看板が現れました。

Img_8438
ここは確か小栗山の闘牛場の真下辺りでしょうか?
闘牛場の観覧席が見えます。
Img_8440
小栗山の観音堂前に着くと同時に雨が上がって
くれました。

Img_8439Img_8441_3Img_8542
この道路を直進すると林道「金倉線」になります。
頂上直下まで舗装されています。
遊歩道は林道「金倉線」の東側に派生する尾根
を絡んで金倉山の山頂まで続いているのです。
Img_8449Img_8448
遊歩道の出だしは畑地を通ります。山地のハクサイ
(白菜)の出来のよさに感心しきりです。
白菜は寒暖の差のある所でよく育つようですね。

Img_8454
クルミの木の下を通りました。くるみの実が落ちてる
かるかなー?

Img_8450
捜してみたら、ありました。あっちにも、こっちにも。
こんなにあるんなら拾わなくちゃね。
誰も拾わないのかな?

Img_8456_3

Img_8461_4

Img_8457_3Img_8458_2Img_8459<拡大>
茂みをかき分けると根元から巨大ミョウガが
現れました。
こんなデカイの見たことありません。

Img_8462

だんだん日が差して来ました。

Img_8463Img_8479_2Img_8482<拡大>
上  落ち葉でふっかふかの道を登ります。
中  昨日の降雪が残っていました。
下  点407メートル峰から小千谷市街が見渡せました。

Img_8488

アシナガタケ(キシメジ科)がにょっきり生えて
います。

Img_8489
タヌキの足跡ですね。

Img_8491<拡大>
ヤマモミジの黄葉がきれいです。

Img_8500_2
幡持山(560m)の山頂に石碑が建っています。
「延喜式内 三宅神社奥の院」とあります。
奥の院 ということは里宮はどこにあるのでしょうか?

Img_8494
延喜式というのは平安時代に朝廷が作成した
官社の一覧表のことです。
延喜式神名帳(えんぎしきじんみょうちょう)に
記載された神社を「延喜式内社」といい、一種
の社格となっているのですね。

Img_8510

三宅神社は妙見町(長岡市)にあります。
祭神は大彦命(おおひこのみこと)です。
Img_8507<拡大>
社伝によれば「大彦命の子波多武日子命
(はたたけひこのみこと)が新羅国の王子
天日桙命(あめのひほこのみこと)の姫
天美明命(あめのみあかりのみこと)と
結婚し、この国の三明山(みあかりやま)
の峰に三殿を造った。」
とあります。

Img_8514
「三明山とは金倉山(神奈倉山)のことで
上の嶺(幡持山)に大彦命を
中の嶺(幕山)に天日桙命を
下の嶺(美明山)に波多武日子命
と天美明命をまつった。

Img_8520
後世、大彦命を妙見に天日桙命を
中片(長岡市中潟)に波多武日子命
と天美明命を大久保が岡(長岡市
六日市町)に遷座したという。」
(「越佐の神社」 花ケ前 盛明 著より)

Img_8508
山頂のコンクリート展望台に到着しました。
青空が広がって日も差して暖かくなって
来ました。
展望台に上って周囲の山々を眺めながら
ランチにしました。

Img_8528Img_8529_2Img_8535<拡大>
上  下りは車の来ない林道を歩きます。
中  美味しい湧き水がありました。
下  養鯉池が周囲の景色を映してきれいです。

Img_8534Img_8537Img_8541<拡大>
上  金倉山を見上げる位に大分下って来ました。
中  立派なネギですね。土が良くて作り手が
    上手なのでしょうねー。
下  長閑な里の風景です。

Img_8546
午後すっかり晴れ上がって上天気になりました。
今日は初冬の晴れ間に静かな里山歩きができました。
今度は雪が積もったらスノーハイクにまた訪れたい
と思います。
(おわり)Photo<クリック拡大>
歩いた 軌跡 国土地理院背景地図等データ利用
 
 
         許諾番号2011-005号

4時間35分 ( 上り1時間50分 昼休憩1時間30分
          下り1時間15分)

〔コースタイム〕
新潟7:00=関越道(見附中ノ島IC、R8、R17、
R291経由)=8:15小栗山木喰観音堂~8:35
金倉山遊歩道…9:25点407m峰…9:45
林道分岐…10:05幡持山…10:25金倉山~
(昼食休憩)11:55…林道経由13:10
小栗山木喰観音堂(下山)

Img_8456

Img_8457_2

Img_8473_2

|

« つかの間の晴れた日には | トップページ | 越後三山を真近に望む(川口峠) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

16日は小千谷市側から金倉山(かなぐらやま)でしたか。
しみじみとしたいい山ですね~~

私は福島の山で、まずまずのお天気で 晩秋の里山歩きを楽しんできました。ムキ茸・ナメコの豊富な宝の山でした。
キノコ狩りの初体験で、それなりの収穫に喜んで帰ってきました。
ゴメンナサイ 場所は、ヒ・ミ・ツ です♪

FUKU様 おはようございます。コメントありがとうございます。午後天気が回復して越後三山がきれいでした。そちらはキノコ狩り山行でしたか。手に余る収穫に満足された感じが伝わってきました。「ヒ・ミ・ツ」はきのこ採りの特許ですよね。(笑)

投稿: FUKU | 2012年11月18日 (日) 21時17分

越後は、もう里山にも雪ですか!棚田が綺麗ですね、クルミは食べましたか?
ところで、先日のシングルモルト「クラガンモア」ですが、サッパリ、スッキリした味ですね、美味しく飲んでいます。

静岡の岳人さん こんばんわ。新潟は寒~い
冬になりました。クルミは手間隙かけないと簡単には口に入らないのですよ。「クラガンモア」は女性にも優しい飲み口だから、ぐいぐいいけちゃいますね。飲みすぎにはご注意を。

投稿: 静岡の岳人 | 2012年11月19日 (月) 10時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初冬の金倉山に登る(金倉山遊歩道):

« つかの間の晴れた日には | トップページ | 越後三山を真近に望む(川口峠) »