« 冬の榛名外輪山を歩く(関東ふれあいの道) | トップページ | ジャズに酔う(新潟ジャズストリート) »

2013年1月15日 (火)

冬晴れの小野子山に登る

Img_9525<拡大>1月13日(日)
会山行で上州・小野子山に行ってきました。
(関越道の)大清水トンネルを抜けたら青空
が広がっていました。

Img_9512

ホントは今日は阿賀町の「月山」にワカン山行だったのです。
でも新潟は朝から雨でした。山中でみぞれに降られて雪中行軍
するのはきっとつらいでしょうね。
バスの席に着いたらリーダーから上州の小野子山に行き先を
変更すると告げられました。

Img_9514

雨中のラッセルも覚悟していたのですが、上州の陽だまり
ハイクと聞いて、内心「ほっ」としたのです。
そうと分かれば気持ちも軽く、車中の会話も弾みます。
雪の湯沢からトンネルを抜けると群馬側は晴天でした。
バスは一路、高山村の子持牧場へ向かいました。

Img_9510

狭隘な舗装林道をバスは進みキャンプ場の駐車スペースまで
上がりました。
小野子山(おのこやま・1208m)は子持山の西にある山群です。
十二ケ岳、中ノ岳、小野子山を合わせて小野子三山と呼ばれて
います。子持山の祭神が「木花咲耶姫命」(コノハナサクヤヒメ)で
女性の山なのに対し、「男ノ子山」(オノコヤマ)と呼んだことから
転じて小野子山になったそうです。

Img_9513_2

今日は赤芝登山口から入山します。

Img_9518
Img_9519

林道から分かれて檜林の中を登ります。日陰の道はバリバリに
凍っていました。尾根に上がるまで急斜面の結構つらい登り
が続きました。正月太りで、なまった体には堪えますね。

Img_9520
Img_9522
Img_9524

漸く尾根に乗りました。吾妻耶山(中央)と奥に谷川連峰を望む
ビューポイントに出ました。パノラマを見ながらベンチに並んで
ティーブレイクです。日向はポカポカで、もうずーっとこのまま
腰を下ろして居たいくらいです。

Img_9526Img_9515

休んだ後には「姉ツツジ」のピーク(1100m)への急登が
待っていました。
1100m付近にある「姉ツツジ」は県の天然記念物に指定され
ているゴヨウツツジ(別名シロヤシオ)の大木だそうです。
今は裸木ばかりだから判りにくいですが、春になると雪が降り
積もったように白い花を咲かせるようです。
姉妹のうち妹ツツジが枯れてしまい、「姉ツツジ」だけが残った
のです。 「目通り1.3m 樹高5.8m 根元回り1.4m」 
(環境省・群馬県 案内板)

Img_9527_2

木ノ間越しに中ノ岳とその奥に十二ケ岳が見えました。

Img_9530
Img_9531
Img_9534

「姉ツツジ」のピークから緩やかな尾根歩きで間もなく山頂に
着きました。上越国境と志賀の山々が白く輝いていました。
立派な表示盤が設置されているのです。

Img_9532Img_9540
Img_9542

(上)西には白い衣をまとった浅間山が大きいです。
(中)隣に秋の集中登山で行った湯ノ丸高原の烏帽子岳の
トンガリも見えました。(下)は山頂の風景です。
右端に見えているのが4等三角点です。

Img_9544
Img_9539_2

子持山の獅子岩を見ながらランチタイムになりました。
奥に赤城連山が陽光に霞んで見えました。
吹雪の中でも食べられるようにと携行食を持ってきたので、
皆さん割と簡単にランチタイムはお終いになりました。

Img_9546
Img_9548

尤も寒くてじっとしていられないのですよ。下山の頃にはまた
一段と冷え込んで来たようです。「姉ツツジ」の急坂も一気に
下ってしまいました。

Img_9550
Img_9551

このピンクの紐、何だか判りますか?何かのおまじない?
いえいえ、「熊除け」だそうです。熊が木の皮を剥こうとする
と、紐の丸みが邪魔をして熊の掌の肉球が摩擦で痛くなるので
熊が嫌がるのだそうです。
会には学者さんが多いので勉強になりますね。

Img_9553
Img_9554
Img_9556_2

早めに下山したので、次は子持山の中腹にある県立ぐんま
天文台に向かいました。冥王星から海王星、天王星と軌道
(階段)を上がって行くと太陽(山頂展望台)にたどり着く仕掛けです。
旨い具合に出来ていますね。遊びごころ一杯です。
この天文台は「向井千秋さん」(群馬県館林出身)が日本初の
女性宇宙飛行士になったのを記念して建てられたそうです。

Img_9555
Img_9557
Img_9558

「ジャンタル・マンタルはインドの藩王ジャイ・シン2世が18世紀
に作った天体観測機器群です。ぐんま天文台の位置にあわせて
再現しています。」
(案内板説明)

Img_9560
Img_9561
Img_9565

ここはリーダー氏お勧めの展望台のようです。(上)真正面に
谷川連峰が、(下)白砂山をズームです。うーむ!素晴らしい!

Img_9572Img_9573_2
Img_9574

ストーンサークルの円の中心に立って中天を見上げると、何か
壮大な宇宙の原理に引き込まれるような、妙な感覚になれるの
です。何か古代人の気持ちになれるような…
こういう感覚って好きです。

Img_9575

ストーンの隙間から今日登った小野子山が見えました。

Img_9589
Img_9590

タイムスリップして雪深い新潟に戻って来ました。
今日はリーダー氏の思わぬ計らいで新春の初夢を見させて
もいました。
Photo歩いた軌跡<クリック拡大>
国土地理院背景地図等利用許諾番号2011-005号

歩程 3時間20分 (上り2時間20分 下り1時間)

(おわり)

|

« 冬の榛名外輪山を歩く(関東ふれあいの道) | トップページ | ジャズに酔う(新潟ジャズストリート) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ターゲット変更で良かったですね。(^_^)
まさか、変更に反対の参加者はいなかったことでしょう。
 聞いた事のある山名ですが、未踏です。面白そうな天文台に惹かれます。今度、花の時期にでも行ってみようかな?

山いろいろ様 おはようございます。訪問ありがとうございます。行き先変更を告げられて皆さんニッコリです。この時期の陽だまりハイクも魅力的ですね。冬場の上州にはまりそうな予感です。天文台も童心に返れるいい所でした。

投稿: 山いろいろ | 2013年1月16日 (水) 09時35分

新潟はお天気悪くとも関東の山は、お天気良くって最高でした。
小野子山もバッチリ! みんな大喜びしました~♪
小野子山の頂上や天文台からの山々、良く撮れていますね。
あんなに素晴らしかったのに、私ののはピンボケで駄目! 残念で~す。

FUKU様 おはようございます。訪問ありがとうございます。山行お疲れ様でした。ピーカン晴れで展望バッチリでしたね。所変わればこんなに違うものかとビックリです。あんなにクリアな雪山景色が見れると、また登行意欲が湧いてきました。

投稿: FUKU | 2013年1月16日 (水) 11時16分

おはようございます。上州は冬晴れですか!
良い山行でしたね。(拍手)
この2~3日の新潟の寒さ!?道路凍結で徐行運転でイライラつのります(笑)
きょうは19日 貴兄はジャズストリート三昧ですか?私は仕事が終わり次第、プライベート新年会です。この水曜から始まった新年会週間 ~来月第2週くらいまで週1ペースです。ありがたいことですが、体にはキツイ1か月です。

kazu1954さん おはようございます。この時期
青空の上州はいい所でした。昨日のジャズストリ-ト中々良かったですよ。お昼から夜9時までどっぷりジャズ漬けで、縦走を終えた後の気分です。kazu1954さんも<新年会週間 ~来月第2週くらいまで週1ペースです。はうらやましいです。旨い酒をたっぷり飲んで下さい。

投稿: kazu1954 | 2013年1月19日 (土) 09時49分

私も20日に山仲間6人で静岡の安倍奥、雪の有る山「山伏」2,014mに行きました。登山道はトレースがあり、歩きやすかったですが、久々のアイゼン歩行で疲れました。天気は快晴、雲ひとつ無く、富士山、南アルプスの聖岳、赤石岳、荒川三山などが良く見えました。越後の山とは、違いこちらの山は雪が珍しいです。

静岡の岳人さん こんばんわ。「山伏」からの富士山はよく撮れてて素敵な絵でした。<久々のアイゼン歩行で疲れました。天気は快晴、雲ひとつ無くーですか。いいですねー。イメージ広がりました。今度今頃の時期に北八ツの黒百合平から天狗岳に登りたいですね。

投稿: 静岡の岳人 | 2013年1月21日 (月) 12時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬晴れの小野子山に登る:

« 冬の榛名外輪山を歩く(関東ふれあいの道) | トップページ | ジャズに酔う(新潟ジャズストリート) »