« 続・菱ケ岳に登る(低体温症を考える) | トップページ | 高立山の小屋を訪ねる »

2013年2月25日 (月)

ラッセルは楽し(会山行松平山)

Img_0310<拡大>
2月23日(土)くもり
今日は会山行に参加しました。五頭山塊の北部
に位置し、第2の高峰の松平山を目指します。

Img_0271
Img_0272

今週は週末に寒波が襲来して山にはたっぷりの雪が降りました。
松平山行はこの時期毎年恒例の行事なのです。少年自然の家
まで車で入ります。積雪は1メートル以上はありそうですね。

Img_0329Img_0331_2

すぐにワカンを履きました。ペナント旗も持ちました。準備は
OKです。いざ出発です。
少年自然の家の裏手の尾根に取り付いて秋取山(302m)
の鞍部まで上がり、分岐を東進して尾根通しに冬道を登る
のです。このコースは数えきれない位、いくつものピークの
アップダウンを繰り返して徐々に高度を上げていきます。

Img_0274Img_0275

今日のリーダーは冬山のベテランです。それにラッセルの順番
を心待ちにしている屈強な猛者連が揃っているので頼もしい
限りです。

Img_0276_2
Img_0277

昨夜からまた降ったようです。木々が風雪で真っ白です。高度
を上げるにつれて積雪量が増えて来るのがわかります。

Img_0279
Img_0280

途中で降られることも覚悟してして来たのですが、なんと青空
もみえて日が差してきました。きっとパーティーの中に晴れ男
に晴れ女がいるのですね。「オレだよ。オレ!」って声が聞えて
来ました。

Img_0281Img_0282_2

雪景色は純白無垢できれいですね。五頭の主脈稜線はずっと
彼方です。雲に隠れて見えません。(上)振り返ると東港が薄
ぼんやりと俯瞰できました。(下)

Img_0285Img_0286

締まりのない柔かいパウダースノウは前の人のワカン跡に
上手く乗って歩かないと、沈みがあるので不安定なのです。
外すと「ズボっ」とはまってしまうのですよ。

Img_0287
Img_0288

皆さん快調ですね。急斜面もなんのソノ。ぐんぐん登ります。
もっともジッとしていると寒くて仕方がないのです。気温も下が
って来ました。

Img_0293
Img_0296

大分上りましたね。風圧も強くなってきました。小ヤブは圧伏され
て雪原になっています。

Img_0297
Img_0298
Img_0299

今日は前回の足の痙攣に懲りて、寒さ対策を決めてきたのが
奏功して今のところは快調です。足指末端の冷たさが改善
されれば尚いいのですがね。今後検討の余地ありです。

Img_0300
Img_0301
Img_0302

登り始めて3時間、11時に山葵山(わさびやま698m)に到着
です。深雪のラッセルがあるのでまずまずのペースです。
リーダーから「あと1時間を目処に行動して、時間になったら
引き返す。」と指示が出ました。
山葵山は行程の丁度半分の所に位置しています。松平山
(954m)はまだ先なのです。

Img_0303
Img_0304

木々の枝が霧氷で覆われてキレイです。(上)風が強いので
海老の尻尾が出来ていました。(下) 絵になりますねー。

Img_0305
Img_0306Img_0307

風の通り道なのでしょう。「マシュマロ」みたいな吹き溜まりが
彼方に此方に現出します。思わず見惚れてしまいました。

Img_0311Img_0313<クリック拡大>
松平山へ続く稜線です。トレースのない無垢の雪面
がとってもきれいです。雪庇が波打っています。

Img_0313_2<クリック拡大>
折居山と金鉢山の鋭峰も近づいてきました。

Img_0312Img_0318

時計は12時を廻りました。高度計は785メートルを表示して
います。
「ここで引き返すー!」とリーダーの指示が飛びました。今日は
785mピークが山頂です。ここまで雪にも降られず順調に来ら
れて満足です。

Img_0317
Img_0320

風を避けて鞍部で楽しいランチになりました。でも雪上に腰を
下ろして、じっとしているとジワーっと寒さが込み上げてきます。
長居は出来ません。早々に下山です。

Img_0325

登りで立てて来たペナント旗を回収しながら下りました。

Img_0326

立ち休憩の時にキウイフルーツの差し入れが回ってきました。
ありがたい。美味しいですー。

Img_0333Img_0334Img_0335

面白い雪の造形ですね。上りでは余裕がなくて見過ごしたのに
下りには一コマ一コマの景色が愛おしく感じられるのも不思議
なものです。

Photo<拡大>
歩いた軌跡 
松平山国土地理院背景地図等利用許諾番号
2011-005号

6時間(上り4時間 下り2時間昼休憩を含む)

今日は一日穏やかな天候に恵まれて、いい山行が出来ました。

(おわり)

|

« 続・菱ケ岳に登る(低体温症を考える) | トップページ | 高立山の小屋を訪ねる »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

さすが雪国新潟の山は低山でも凄い雪ですね!ラッセルお疲れ様でした。私も先日、乗鞍高原でのスノーシューで、やはりふかふかのパウダースノーを歩きました。

静岡の岳人さん おはようございます。<乗鞍高原でのスノーシューに行かれたのですね。スノーシューはやっぱりふっかふかのパウダーが向いていますねー(笑)越後の山は湿った重い雪なのでワカン向きのように思います。ラッセルで3キロくらい痩せるかなって期待したのですが中々ねー(笑)

投稿: 静岡の岳人 | 2013年2月25日 (月) 09時35分

お疲れ様でした。五頭山の雪中山行なんて考えもしませんでしたが、凄いものですね。この土日は赤倉で雪景色をみながら、温泉と雪中梅に浸かっていました。(笑)3時間ほどで40センチ位積る事には驚きました。赤倉に入る前に上越市の「はな禅」というラーメン店に行きまろやかな塩味スープに満足しました。32歳の女性が作っているのです。
ところで先日県立図書館で北アルプス大紀行という本を借りてきて今、読んでいます。写真付きでなかなかです。それから、差支えなければG&Bの在り場所を教えていただけますか?
私も行ってみたいなと思ったものですから。

kazu1954さん おはようございます。土日は赤倉温泉でしたか。ゆっくり湯につかり銘酒を酌み交わして愉しまれたのですね。うらやましい限りです。週末寒波は赤倉に大雪を降らせたのですね。<上越市の「はな禅」ですか。今度山登りの帰りにでも寄ってみたいですね。あっさり塩味系でしょうか?<北アルプス大紀行ですか。北アは学生時代に合宿で初めて入った所なので印象深いですね。今年雲ノ平辺りに行ってみたいと思っています。一緒にどうですか?<G&Bの在り場所はですねー。日和ケ丘のバス停から寺尾台に向って2本目だったかな。路地角の電柱に看板が捲いてあって矢印に沿っていったら、直ぐわかりましたよ。

投稿: kazu1954 | 2013年2月25日 (月) 18時14分

こんばんは。
松平山ではお世話になりました。

初心者の悲しさで景色を見てもどこが何山なのかさっぱりわからず・・・。五頭山でも「たぶん五頭山」と自信がなかった・・・(汗)

こちらで勉強させていただきます。

大勢での雪山も楽しいものですね。

わら様 おはようございます。訪問ありがとうございます。こちらこそお世話になりました。ワカン運びがスムースなので山慣れた方だなと感心していたのですよ。仲間とわいわいやっていると力も倍加しそうな感じがします。これから一緒に楽しみましょう。

投稿: わら | 2013年2月25日 (月) 23時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582519/56829189

この記事へのトラックバック一覧です: ラッセルは楽し(会山行松平山):

« 続・菱ケ岳に登る(低体温症を考える) | トップページ | 高立山の小屋を訪ねる »