« ジャズに酔う(新潟ジャズストリート) | トップページ | 続・菱ケ岳に登る(低体温症を考える) »

2013年2月 4日 (月)

快晴の菱ケ岳に登る(会山行)

Img_9966<拡大>2月1日(金)
冬の中休みで昨日と今日は晴天に恵まれて
絶好の登山日和になりました。

Img_9890

今日登る菱ケ岳が見えます。今朝は放射冷却でバリバリに凍り
つきました。朝靄が雪原の田んぼに漂ってちょっと幻想的な
風景ですね。内ノ沢の駐車場に7:30集合というので、家を早く
出てきたのです。

Img_9895

ホントは明日2日が山行日なのですが明日は雨マーク。しかも
大荒れ予想というので1日早く実施になったのです。
出発前のストレッチを入念に行います。

Img_9898
Img_9899

シャベルOK。マーカー準備OKです。

Img_9900
Img_9901

さあ出発です。雪崩の危険を避けて冬道を行きます。忠実に
尾根筋を登るのです。取り付きは杉林の急登です。

Img_9902
Img_9907

ぐんぐん高度を稼ぎます。木ノ間越に菱ケ岳が頭だけちょこっと
見えました。遥か先です。

Img_9909
Img_9916
Img_9917

前日の晴天で雪が適度に締まってくれたので深雪のラッセル
はありません。ワカンを履いても、クルブシまでの沈みです
から楽チンです。
兎の足跡でしょうか?菱見平(487m)で立ち休憩です。

Img_9918Img_9919_2
Img_9924

あれー。何かのオマジナイ?そうではありません。昨日リーダー
が下見に来てペナント旗を目印に差しておいたのです。
さあ回収しましょ。
右隣の山斜面は自衛隊の演習地なのです。『パパーンッ』と
乾いた小銃の発射音が聞えて来ます。

Img_9927Img_9930_2
Img_9931

風の通り道になった北山(632m)には雪庇が出来ていました。
ピークを2つ越して鞍部に下ると、いよいよ今日一の難所
『杉端ナ』が待ち受けています。『杉端ナ』は菱ケ岳の西主稜が
断崖となって落ち込んでいる所なのです。

Img_9932
Img_9933
Img_9935

夏道は岩場を左に捲くのですが冬道は岩峰を直登して右から
上部に出るのです。前の人のステップを崩さぬように慎重に
続きます。

Img_9936
Img_9934
Img_9942

全員無事登り上がりました。振り返ると越えてきた峰々の景色
が眼下に広がりました。上って来たトレースがきれいです。
菱ケ岳もちょっと近づいたようです。

Img_9944
Img_9947
Img_9948

杉端ナから上はパウダースノーに変わりました。主稜に乗った
ら尾根が広くなって来ました。二股の分岐点や屈曲点には迷
わぬようにリーダーからマーキングの指示が出ます。
「べた貼りしていいよー。」(もちろん下山時には全部回収する
のですよ。)

Img_9956
Img_9951
Img_9957

今日最後の難関、胸突き八丁の登りになりました。兎に角、急
です。それに、最中雪(もなかゆき)なので、表面がクラストして
いるのに中は粉雪でキックステップがうまく利かないのですよ。
でも、慎重に一歩一歩の登り上げて上手く行きました。

Img_9959
Img_9961
Img_9965

風が強いので風紋がきれいです。周囲の山々も競り上がって
来ました。もうあと30m?で山頂です。

Img_9970
Img_9973
Img_9979_2

もう360度の大展望です。夢中でシャッターを押しました。
でも、「寒いーーー!」天気晴朗なれど……です。

Img_9983
Img_9984
Img_9985

天上界は別世界です。ゆっくり展望を愉しみたい処ですが
兎に角、寒いのです。じっとしていられません。5分後に「下山
するー!」とリーダーの指示が出ました。
ぐんぐん下ります。下りはいつも爽快ですねー。

Img_9999
Img_0002Img_0005_4

菱見平まで下って来ました。西風を避けて東斜面に陣取りました。
シャベル組の出番です。溝を掘って腰掛とテーブルを作ります。
手馴れたものです。あっという間に出来上がりー。あとは楽しい
ランチになりました。
今日は思わぬ好天に恵まれて一日いい山行が出来ました。

(おわり)

Photo<クリック拡大>
歩いた軌跡 国土地理院地図等データ利用
許諾番号2011-005号

歩程 7時間40分(上り 4:40 下り 3:00)

|

« ジャズに酔う(新潟ジャズストリート) | トップページ | 続・菱ケ岳に登る(低体温症を考える) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。昨日から1泊で某ディーラーと某メーカー共催の新年会で月岡の華鳳に行ってきました。豪華なものですね。驚きました。
冬の菱ケ岳素晴らしいですね。(拍手)
冬の写真は、初めて見ました。春~秋の菱とは違う魅力がよく感じられます。杉端ナというんですか。確かに夏道、冬道の表示がありますよね。

kazu1954さん こんばんわ。金持ち会社の新年会に大名旅行をされたようですね。うらやましい限りです。ドンピシャ晴天とマッチしたんですね。いや素晴らしい眺望でした。でも寒かったー。杉端ナの威容は下からも見えますよ。

投稿: kazu1954 | 2013年2月 4日 (月) 11時12分

わぁ~ 雪の菱ヶ岳!
360度の大展望! 綺麗ですね~~♪
前倒しして晴天の1日に行われ、良かったですね。
苦労して登ったあとの 皆さんの歓声が聞こえてくるようです。
写真もどれもこれも綺麗~ うっとり~
寒さを吹き飛ばす皆さんの熱気が伝わってきます。

FUKU様 こんばんわ。おっしゃる通り素晴らしい眺望でした。皆さん一様に感激の声を上げてましたよー。でも、寒かったー。美しさと自然の厳しさは背中合わせだと知りました。

投稿: FUKU | 2013年2月 4日 (月) 12時33分

なかなの雪山ですね!さすが越後の山です。天気も良く、周りの山々の眺望もさぞ良かったでしょう。ワカンでラッセルも大変ですね。

静岡の岳人さん こんばんわ。丁度晴れ日と山行が旨く重なったのですね。こんなに晴れたのは近年珍しいです。前日の晴天で雪が締まってくれてラッセルがなかったのですよー。毎年深雪のラッセルで杉ハナ止まりなのですが今年はラッキーでした。

投稿: 静岡の岳人 | 2013年2月 4日 (月) 17時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 快晴の菱ケ岳に登る(会山行):

« ジャズに酔う(新潟ジャズストリート) | トップページ | 続・菱ケ岳に登る(低体温症を考える) »