« 月山に登る(阿賀町旧上川村) | トップページ | 権現堂山に登る(前編・下権現堂山) »

2013年5月11日 (土)

まったりと時を過ごす(山古志・ウド採り)

Img_3172<拡大>
5月9日(木)快晴
今日は山友と山古志へウド採りに出掛けました。
雪山を見ながら一日のんびりと過ごしました。

Img_3078
(クリック拡大)
高台に上ると残雪の八海山とその奥に巻機山が輝いて見えま
した。今日は一岳先輩の快気祝いを兼ねて山友モモさんと山古
志にウド採りに出かけて来たのです。

Img_3085

虫亀から山道を伝って金倉山に登り、小千谷側の小栗山集落へ
下りようと思います。

Img_3107Img_3089_2
Img_3088

虫亀集落から山道を登ってくると、杉木立の下に薬師堂が建って
います。お堂の中に4体の薬師如来の石像が安置してありました。

「薬師堂は、病気を治し安楽を与える医薬の仏・薬師如来を祀って
います。ーーそばには、旅人に道案内をする「右ハやまみち」、「左
ハこぐりやま」と刻まれた追分地蔵があります。」と案内板に書いて
あります。

Img_3090

峠道の三方追分に石の地蔵様がおられました。石仏の光背には
「右ハやまみち」、「左ハこぐりやま」の文字が読み取れますね。

「こぐりやま」とは木喰観音堂(もくじき)がある小栗山集落のこと
です。虫亀から金倉山の峠を下って小千谷へ出る往来を辿る旅人
が、道中の安全を薬師堂と地蔵様に祈ったのですね。きっと。

Img_3085_2Img_3167Img_3168

俺らも金倉山まで登って一岳先輩の快気祝いを頂上でやろうと
考えていたのです。でも峠に至る道路には倒木と積雪が道を塞
いで車は通れません。

Img_3111

まぁ、自然の威力には勝てませんからね。あっさり諦めてウド採
りに専念することにしたのです。

Img_3146_3
(クリック拡大)

この辺りは雪解け間もないようで、フキノトウしか見当たりま
せんね。

Img_3162

近くで農作業中のオジサンが声を掛けて来ました。
「今年は雪が多くてノーー。みんな遅いガーテー。フキノトウ
ぐらいしか出テネーガー。」

Img_3103_2
Img_3148
Img_3113

カタクリやキクザキイチゲが咲いてるぐらいだから、早過ぎたの
かもしれません。

まー。ダメモトだと思って、いつもの所へ行ってみようよ。」
一岳先輩の言葉が掛かかり、いざ出発です。

Img_3127

「オーイ!何かみつけたかーい!」

Img_3124Img_3137_4
(クリック拡大)

「おー!出ていたねー。あるある。ちゃんと出ていてくれてたねー。
根っこモノだから時期になれば出るのだねー。」

Img_3194

早速初ツ物を採らせてもらいましたー。

Img_3155
Img_3126

コゴミも出てますよー。丁度出始めで採りごろです。

Img_3132

太っといワラビですねー。1本みつけたら周囲をじっくり探せば
きっと、見つかるはずダケドー?

Img_3133
Img_3135

ありました。ホラ、あっちにもこっちにも。太くて柔らかソーじゃ
ありませんか。

Img_3131
(クリック拡大)
ウドはまだ地上に顔を出したばかりの子供だけど、こういうのが
柔かくて旨いのだよね。
でも、やっぱ大きくなったのを採りたいね。来週くらいが採りごろ
かもですね。

Img_3116_2Img_3150
Img_3141

一岳先輩も夢中ですねー。いっぱい採れましたかー?

Img_3154_2
(クリック拡大)
天気も上々です。そろそろ池のほとりでお昼にしませんかー?
魚沼三山が真正面できれいですよー。

Img_3177_2
(クリック拡大)
その左手に毛猛山塊も見えてますねー。今日はいい日になり
ました。

Img_3156
(クリック拡大)
一番左手が守門岳ですねー。左の円頂が大岳かなー?
まだ残雪がたっぷりですね。

Img_3165_2

「ま。お一つドウゾー。お疲れ様でした。カンパーイ!」
「プッハーー。ウマイーー!」
山で食べるのはなんでも旨いのです。陽は暖かだし。景色は
いいし。
気の置けない友と喋っていると、時間の過ぎるのを忘れてし
まいますー。

Img_3171
Img_3170

まったりと時間は過ぎて行きました。ーーー。

Img_3180

空でトンビが上昇気流に乗ってくるりと輪を描きました。
長閑ですねー。もう随分時間が過ぎたみたいです。

Img_3183

陽が西に傾きかけて山の色合いも変わり始めました。杜の影
が動き始めてきましたねー。そろそろ腰を上げることにします。

Img_3186_2
(クリック拡大)

一岳先輩も元気になってくれて安心です。この分だと前みたく
また一緒に、山に出かけられそうです。

今度は飯豊の山小屋で酒を酌み交わそうと思います。

(おわり)

|

« 月山に登る(阿賀町旧上川村) | トップページ | 権現堂山に登る(前編・下権現堂山) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

山菜は、わからない人には目の前にあってもわからないものですよね。(体験済み)

うど・わらびの生きている姿を写真で見れて感動しました。この写真を頭に刻んでいつか山菜をわかるようになりたいな。

・・・一岳先輩。ネーミングが素晴らしい。

わら様 おはようございます。コメントありがとうございます。「うど・わらびワールド」に一度嵌るとすっかり取り込まれてしまいます。
童心に返って自分だけの宝物を見つけた時のような感動がありますね。(笑)一岳先輩はオイラに山を教えてくれた人なのです。一岳先輩の熱い物言いを聞いて居るとその時だけは青春時代に戻れるのです。ありがたい人なのです。

投稿: わら | 2013年5月11日 (土) 22時30分

私は絶対に山菜は採れない&分からない&時間がもったいない(笑)
でも食べるのは好きで、時期にはスーパーから買って食べてます。
ウドに味噌付けて、お酒・・・
美味しそうですね。

noritan様 おはようございます。コメントありがとうございます。オイラはどっちかって言うと採る愉しみかなー?昔は天ぷらっていうと、ご馳走だったけど、今はそれより美味しい食べ物が豊富にありますからね。でも「ウド味噌。」いいですねー。酒が進みます。今年は雪融けが遅くて、盛りはこれからなのでまた出かけてきまーす。(笑)

投稿: noritan | 2013年5月12日 (日) 06時30分

山菜たくさん採れましたか?静岡の山では余り山菜採りをしませんね、やはり雪国の山ならではの惠ではないですか?残雪の山々を見ながらのんびりまったりお昼を食べるのも良いですね!

静岡の岳人さん おはようございます。今年は例年より雪が多かったと地元の人の話です。ウドの出も遅いかと思いきや、ちゃんと出ていました。伸び方は今一ですが、山菜は時期が来れば出る時期を覚えているようですね。雪の下でみずみずしいウドが育っていると思うと期待が膨らみますね。金倉山という眺望の利く高台で弁当を広げたら、遠足気分になって夕方まで長尻をしてしまいました。(笑)

投稿: 静岡の岳人 | 2013年5月12日 (日) 12時52分

おはようございます。山古志の闘牛は結構見に行くので、虫亀なんて聞くと闘牛の血が騒ぎます(笑)地元の農家さんがやっている民宿で作っているお弁当は、本当に美味いですよ。先回の阿賀の山菜取りみたいに温泉付きの山行、ご一緒させていただければ!

kazu1954さん こんにちわ。今日は蒸し暑くて早や夏がきたようですね。山古志は残雪が多いので本格的な春はこれからのようですね。<地元の農家さんがやっている民宿で作っているお弁当ー一度賞味してみたいものです。近いうち小栗山に行ってみたいと思っています。温泉付き山行の機会があったらご一緒したいですね。

投稿: kazu1954 | 2013年5月14日 (火) 10時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まったりと時を過ごす(山古志・ウド採り):

« 月山に登る(阿賀町旧上川村) | トップページ | 権現堂山に登る(前編・下権現堂山) »