« 愛宕山に登る(阿賀町) | トップページ | ワラビ採りは楽し(小国・玉川中里わらび園) »

2013年5月24日 (金)

マンダロク山行本番の日(会山行)

Img_2744<拡大>
5月22日(水)晴れ
今日は小生がリーダーを務めて26名を
引率する今年最初の会山行日なのです。

Img_3629
Img_3635

今日は快晴になりました。山行は何はなくても晴れ日に限ります。
予め森林組合さんに入山を断っておいたので、林道入口の鎖を
外して通行しました。下見の時から随分経ったのでその後の落
石が心配だったのですが、きれいに片付けてありました。

Img_3636

コシアブラの若芽も大分伸びましたね。山の木々は芽吹きの時期
から新緑に変わる季節を迎えています。

Img_3639

天気は上々、時間はたっぷりあります。普通に歩いても2時間
ちょっとで山頂に着いてしまうのです。だから今日は花を愛でな
がら、ゆっくりと登りましょう。チゴユリが可憐な花を咲かせてい
ますね。よーく下を見ていないと、見過ごしそうな小さな花です。

Img_3649
Img_3650
Img_3651

(上)クマンバチが羽音を唸らせてホバーリングしている瞬間を
捕らえました。クマンバチは蜂(はち)って言うけど、ズングリム
ックリした姿は愛嬌があって親しみが湧きますね。
(中・下)タムシバが開き切って散りそうですね。コイワカガミが
盛りです。

Img_3653_2
Img_3655
Img_3654
(クリック拡大)
(上)振り返ると独標が見えました。新緑が鮮やかです。
(中・下)皆さん足が揃って順調です。リーダーとしては大助すか
りです。ストックの指さす先に端正な姿の三角峰が姿を現し
ました。

Img_3656
Img_3657
Img_3658

(上)今日は無風でモヤーっと暑いのですよ。季節はもう初夏です
。上るにつれて汗が噴き出します。休憩時に冷えたパイナップル
が廻って来ました。ありがたいです。オイシイですヨー。
(中)岩場に差し掛かかりました。渓から吹き上げる涼風が気持
ちいいです。岩稜帯は慎重に通過しましょうね。

Img_3660
(クリック拡大)

岩稜帯を抜けると主尾根に出ました。目指す三角峰が真正面に
実に形のいい姿で聳えています。稜線を吹き抜ける風が頬に
気持よく感じられます。

Img_3664
Img_3667
Img_3671

尾根は痩せて急坂が連続します。ここが踏ん張りどころです。
ぐんぐん高度を稼ぎます。

Img_3672
Img_3674
Img_3678

(上)頑張って三角峰を登り上げました。ご苦労さん。これで8割
方を終えたようなものです。三角峰の平頂に残った雪田を見た
ら生き返るようです。
(中)雪田脇に咲くタムシバの白色がとってもきれいでした。
(下)三角峰の平たい尾根を一旦下って登り返したピークの奥が
ゴールです。さあ、もう一息です。

Img_3676
Img_3677
Img_3680
(クリック拡大)
(上)右のトンガリが鳴沢峰です。左へ菅名岳、大蔵岳、兎平と続く
菅名山塊を裏側から眺めています。
(中)青く霞んでいる先に粟ケ岳が見えているのですが…。
(下)マンダロク山の頂上に到着しました。マンダロクは別名「前日
倉山」というのですよ。

Img_3684

山頂は26名が腰を下ろすには狭すぎるので縦走路に横に広がっ
て、銘銘が眺めのいい所に陣取ってランチにしました。

Img_3688_2
Img_3699
Img_3701

上り一方の山は下りも一方ということです。下りは一気にぐんぐん
下ります。でも、気をつけて。事故は下りに集中するのです。
慎重に慎重にですよ。

Img_3702
Img_3708
Img_3700

下りは速いですね。もう半分も下ってしまいました。この景色とも
お別れです。最後にゆっくり眺めて下さい。渓を渡るカッコウの
声が聞こえてきました。初夏ですね。

Img_3714
Img_3633

順調に下って全員無事、クリ園に下山しました。朝気付かなかっ
たけど、ワラビがニョキニョキ生えていましたね。
見ると採りたくなるから見ないでお風呂へ急ぎましょう。

Img_3718

と言う訳で村松のさくらんど温泉に直行しました。ゆっくりお湯に
浸かった後で飲むビールは「旨ーい!」のです。

Img_3717

のどを鳴らして一気に呑んでしまいました。もう一杯「グビー!
プハー!」

Img_3720

酒肴にはこんなのもいいかもね。

Img_3721

宴たけなわになれば、恒例の新人さんの紹介です。いくつになっ
ても、新人さんは初ウイしいですねー。質問攻めです。

Img_3723
Img_3725

「山の唄」は山の文化の象徴です。乗車すれば帰りの車中は「山
の唄」を歌うのが当会の常識になりつつあります。最近の山行に
は「山の唄」集が必携になりました。会は芸達者揃いなのです。
今日も大いに盛り上がりました。

Photo
(クリック拡大)
歩いた軌跡(GPS) 歩程5時間(上り3:30 下り1:30休憩含む)
国土地理院背景地図等利用許諾番号2011-005号

かくして今年最初のリーダー山行は無事終了しました。
皆さんのご協力に感謝です。又どこかの山でお会いしましょう。

(おわり)

|

« 愛宕山に登る(阿賀町) | トップページ | ワラビ採りは楽し(小国・玉川中里わらび園) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

リーダーお疲れ様でした!26人も引き連れて大変でしたね!マンダロク山名前が変わっていますね。山の唄良いですね、皆で歌うと楽しいですね。我が山の会も26日に会員が大勢集まって日本平山頂で富士山を見ながら「山の歌の集い」をやります。

静岡の岳人さん こんばんわ。新米リーダーの駆け出しだから緊張するのですよ。皆さんの協力が有ってこそですね。マンダロクとは「亦六さん」という人の名が訛ってまん・だ・ろくになったようです。<富士山を見ながら「山の歌の集い」ーですかー。壮大ですねー。静岡の岳人さんが美声を張り上げるのですね。大いに盛り上がってくださいね。

投稿: 静岡の岳人 | 2013年5月24日 (金) 18時52分

マンダロク山、リーダーお疲れさまでした。
大変お世話になりました~
去年の秋に参加して、いい山だなぁと思い また参加させて頂きました。
裏から見る菅名山塊や、川内山塊の展望、春も期待に違わずいい山でした♪
皆さんの足並みも揃い素晴らしい山行、楽しい一日を有難うございました。

FUKU様 こんばんわ。コメントありがとうございます。マンダロクお疲れ様でした。今回も晴れて大正解でした。景色はいいし、頬を撫でる春風がとても心地よかったですね。皆さん足が揃ってリーダーも楽でした。これから陽気がよくなってシャクナゲも咲くので、また皆さんで誘い合って蒜場山にでも出かけたいですね。

投稿: FUKU | 2013年5月24日 (金) 19時02分

おはようございます。今年初のリーダー、お疲れ様でした。ベテラン揃いの山行をリードするって逆に緊張するんでしょうね!
マンダロク 良い名前ですよね。愛嬌もあって(拍手)明日はどこかへ登るつもりです。熱くなりそうですけどね。

kazu1954さん おはようございます。マンダロク山は晴れて良かったですよ。残雪と新緑と今が1年中で一番いい時期かもしれませんね。明日は山ですか?マンダロク山もリストに入れておいて下さい。おススメの山です。

投稿: kazu1954 | 2013年5月25日 (土) 10時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マンダロク山行本番の日(会山行):

« 愛宕山に登る(阿賀町) | トップページ | ワラビ採りは楽し(小国・玉川中里わらび園) »