« 山上の風は涼し(金倉山トレッキング・後編) | トップページ | ロータス・ブロッサム(半年詣り白山様) »

2013年6月27日 (木)

アジサイが咲き始めました(護摩堂山菅沢口)

Img_4595<拡大>6月23日(水)
庭のアジサイが見頃になったので山はどうかなー?
と護摩堂山に出かけてみました。

Img_4626
Img_4564

田上側の登山口駐車場が工事中と聞いていたので、五泉側の
橋田から県道55号線を菅沢集落に向かいました。

Img_4569

菅沢集落から右へ「殿様街道」の標識にしたがって進みます。進
入口が一部すれ違いもままならない狭い林道です。
見覚えのある登山口の表示板を見つけました。直ぐ前の駐車ス
ペースに早くも1台駐車していました。

Img_4571

ここは丁度田上側の裏側になります。田上側の混雑を避けるに
は静かでいいコースです。

Img_4578
Img_4580

上り始めは急坂ですが10分も上れば緩い登りになります。今日
は雨もパラついて風も適度に吹いてくれるので快適です。

Img_4573
Img_4582

ドクダミの花が咲いています。わが家の庭にも咲いてます。見る
分には可愛いい花ですが、匂いがねー。どうも…。
ホタルブクロも咲いています。もうそんな季節なのですね。来月に
入ったら蛍見物に行きたいです。でも最近は蛍の里がどこも観光
名所になって、人混みを見にいくみたいですね。
どこか誰にも遭わない山里はないものですかねー?

Img_4585
Img_4586

ユキノシタ(大文字草)が花盛りです。猫の耳ともいいますね。
わが家の庭にも咲いています。
ギボシが重そうに花房を膨らませていました。

Img_4588
Img_4590Img_4589
(クリック拡大)
あじさい山に着きました。

Img_4591
Img_4592
(クリック拡大)
今年も見事に咲いてくれました。斜面一面咲き揃う様は壮観です。

Img_4596
Img_4597
Img_4598
(クリック拡大)

「紫陽花」“名は体を表す”ー分かり易いです。学名は「ヒドラン
ジア」水の容器の意味だそうです。納得です。

Img_4599
Img_4600
Img_4601
(クリック拡大)

Img_4605
Img_4614
(クリック拡大)

ちょっとは堪能頂けたでしょうか?まだ咲き初めの感は否め
ませんが。見頃は来週あたりでしょうかー?

Img_4606
Img_4607Img_4609

護摩堂山山頂は懐かしい場所です。小学校の遠足では定番で
した。
「ゴマドーヤマ」の響きにはどこか旧友のような親しみを覚え
ます。

Img_4612
Img_4619Img_4618_2

山に来てこれを頂けば今日のミッションは終了です。最近はこれ
ばっかしで、ちょっとマンネリかなーって思っています。パターン
に一考の余地ありです。
この後に温泉へ直行するのには変わりありませんがね。

Img_4627

今日の温泉は良かったです。お湯が柔らかいっていうかー。
また来たい。いい所でした。

(おわり)

|

« 山上の風は涼し(金倉山トレッキング・後編) | トップページ | ロータス・ブロッサム(半年詣り白山様) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

護摩堂山は五泉側からも登れるんですねー
アジサイ祭りも今年は中止って聞いてましたから、意外でした。山は360度ですもんねえ!

kazu1954さん こんばんは。橋田と湯田上を結ぶ県道沿いに菅沢集落の殿様街道が通っています。登り20分がいいですね。高立山、菩提寺山の標識もありますから、結構利用者はいるのでしょうね。

投稿: kazu1954 | 2013年6月28日 (金) 13時15分

アジサイ綺麗ですね!20日~27日カナディアンロッキー観光に行って来ました。スケールのでかい雄大な峰々が数百キロ続き見事なものでした、ちょうど穂高連峰と槍ヶ岳など北アルプスの山々を数百キロつなげたスケールでしたよ!やはり日本の山とは違いますね!登って見たいものですね。

静岡の岳人さん こんばんわ。お帰りなさい。長旅お疲れ様でした。毎日ステーキ&ワインの豪華旅のようでしたね。<ちょうど穂高連峰と槍ヶ岳など北アルプスの山々を数百キロつなげたスケールーですかー。うらやましい。オイラも一度見てみたいものです。静岡の岳人さんだったら、登りたくて血が騒ぐんじゃないですか?(笑)

投稿: 静岡の岳人 | 2013年6月28日 (金) 13時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アジサイが咲き始めました(護摩堂山菅沢口):

« 山上の風は涼し(金倉山トレッキング・後編) | トップページ | ロータス・ブロッサム(半年詣り白山様) »