« 春の山菜採り納め(淡竹採り) | トップページ | 新玉ねぎを食す(新津丘陵と凧合戦と玉ねぎ収穫) »

2013年6月10日 (月)

金倉山に登る(会トレッキングの下見山行)

Img_4178<拡大>
6月6日(木)晴れ
今日は17日に会で実施予定のトレッキングの下見に
会友を誘って行って来ました。棚田がきれいです。

Img_4121
Img_4122

中越地震が起きた平成16年から早や、9年の歳月が過ぎました。
小栗山集落にある牛の角突き闘牛場にやってきました。
隣接する広い駐車場の隅に牛の形の大岩がありました。首に綱
を巻いた形をした山古志闘牛のモニュメントです。「見守り岩」と
いうそうです。

Img_4120

洒落た建物はトイレです。男女別と多目的トイレの3室ありました。
当日はここで下車して仕度を済ませたら出発することにします。

Img_4128
Img_4129

小栗山集落へは関越道を見附中島ICで下りて長岡バイパスを
R17に進み、妙見堰を左折直進します。浦柄集落のモーテルを
左折してJR信越線のガード下をくぐり、新幹線の高架橋の下を
通ってT字路に出たら左折、東山小学校前の3差路を直進して
直ぐ右に闘牛場への標識を見て右折、急坂を登ります。道路が
入り組んで頭がごっちゃになりそうです。
来た道を忘れぬうちに復唱しておきますね。

Img_4191

闘牛場から徒歩3分の山上に小栗山観音堂があります。

Img_4130
Img_4131
(クリック拡大)
木喰上人作三十三観音像昭和43年3月23日県文化財指定
と由来が書いてあります。

Img_4133

木喰(もくじき)観音堂の前から金倉山(かねぐらやま)遊歩道が
始まっています。

Img_4137
Img_4141

歩き始めは畑の中を通ります。山道は結構急坂が連続します。
当日はゆっくり歩きますよ。この山道は金倉山の参道なのです。
金倉山は別名三明山(みあかりやま)というそうです。山頂には
天美明命(あめのみあかりのみこと)の像が祀ってあります。
去年の11月初雪の後、金倉山に登ったことがありました。
その時のレポはこちら⇒

Img_4142
Img_4146

参道の周囲は緑が濃くなってきました。時折頬を撫でる涼風が
気持ちいいです。今は晴れると夏日のように暑くなりますね。
「トッキョキョカキョク」って啼く鳥はホトトギスですね。ホトトギス
が啼けばもう山は初夏です。

Img_4148
Img_4151
(クリック拡大)
滴る汗を拭う頃、407メートルのピークに着きました。振り返ると
梢越しに小千谷の街と黒姫山が見えました。この地点で遊歩道
と林道が交差します。尾根を1つ挟んで遊歩道と林道はほぼ
平行に上っているのです。林道を通れば観音堂から山頂駐車場
まで5分で着きます。足に自身のない方は車でどうぞ。

Img_4153
Img_4154

オニアザミが鋭いとげを伸ばして咲いています。「綺麗な花には
トゲがある。」
幡持山(ハタモチヤマ560m)の急坂も草ヤブが濃くなりました。
広い頂上にはベンチもあって好展望台になっています。ゆっくり
ゆっくり登りましょう。

Img_4156
Img_4157

振り返ると眺めが一気に広がりました。涼風が気持ちいいです。

Img_4159

夏場の塩分補給はオイラは梅干にしています。すきっ腹に
食べると胃を痛めるから行動食と一緒に少しずつ齧ります。

Img_4160
Img_4161

タニウツギとヤマツツジが今、花盛りです。花の蜜をねらってクマ
ンバチがブンブン飛び交っています。
ここまで来れば山頂は目と鼻の先です。もうちょっとですね。

Img_4164
Img_4165

お疲れでーす。山頂に到着でーす。観音堂を出発してから約1時
間30分で着きました。先ずは展望台に上ってみましょうかー。

Img_4170
Img_4171

「えーっとコッチがハ・ナ・コさんでー…」今日は晴れてるけど
今一ぼんやりしか見えませんねー。

Img_4176
Img_4179

まだ時間は11時。お昼まで時間あるから、もうちょっと足を延ば
してウド採りに行きましょうか?山頂から峠道を山古志・虫亀集
落に下る途中にいいポイントがあるのです。

Img_4177
(クリック拡大)
おお。素晴らしいー!ビュウポイントですね。どこかの単独行氏も
カメラ構えて撮影に余念がありません。(単独氏は写ってません)

Img_4183Img_3169
(クリック拡大)
下は1ト月前に同じ場所で撮った1枚です。その時のレポはこちら

雪消えの速さには驚きますね。倒木もきれいに片付いていました。

Img_4185
Img_4187

雪解けの速さにもビックリですが、草丈の伸びる速さも凄いです
ね。ウドも先っ穂を摘むしかない位に、ウドの大木に変っていまし
た。「先っぽの柔らかい所を天ぷらにして頂くわ。」

Img_4189

山頂駐車場から往復1時間の道を戻ってランチにしました。

Img_4192
Img_4194
Img_4195

ランチの後、誰も来ない林道をぶらぶら歩き、407メートル峰の
途中から山道を下って観音堂に戻って来ました。観音堂の下に
湧き出る名水は冷たくって美味しい水でした。

今日は晴れて山友といい山行ができました。本番も晴れてくれる
ことを祈っています。

Photo_2
(クリック拡大)

歩いた軌跡(GPS) 歩程3:20 (上り2:30 下り0:50休憩含)
国土地理院背景地図等利用許諾番号2011-005号

Img_4186_3
Img_4198
Img_4199
(おまけ)
採ったフキは2つ折りにして鍋に入れます。さっと茹でたら、落し
フタをして一晩冷まして置きます。強いアクが出るのです。アクが
出たら、翌日皮むきをします。折った面の皮を2、3片摘まんで
一気に剥き取ります。爪が黒ずむ程にアクが強いのですね。

(おわり)

|

« 春の山菜採り納め(淡竹採り) | トップページ | 新玉ねぎを食す(新津丘陵と凧合戦と玉ねぎ収穫) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

下見の山行ご苦労様でした。
本番の好天祈っています。

kazu1954さん おはようございます。下見が晴れた時って、本番は雨ってことも多いのですよ。今の時期の低山ハイクって暑くて結構大変ですね。次回からは早春か晩秋にしようと思います。

投稿: kazu1954 | 2013年6月11日 (火) 13時33分

棚田が綺麗ですね!「金倉山」お金が有りそうで良い名前ですね。会山行で始めて行く山は、やはり下見が大事です、特に駐車場はチェックが必要ですね。

静岡の岳人さん おはようございます。今の時期は棚田が水を張ってきれいなのですよ。
オイラが行くのはマイナーな山が多いので狭い林道にマイクロが入れるかとか、道が崩れてないかとか、下見ポイントはありますね。
縦走だと上り口と下り口の2回下見が必要だし、だから周回にしようかとか結構悩む所です。でもそれだけ山に入る機会が増える訳だし楽しいですけどね。

投稿: 静岡の岳人 | 2013年6月12日 (水) 07時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金倉山に登る(会トレッキングの下見山行):

« 春の山菜採り納め(淡竹採り) | トップページ | 新玉ねぎを食す(新津丘陵と凧合戦と玉ねぎ収穫) »