« 金倉山に登る(会トレッキングの下見山行) | トップページ | 夏近し(『スピリチュアル』は神楽囃子に似ている) »

2013年6月11日 (火)

新玉ねぎを食す(新津丘陵と凧合戦と玉ねぎ収穫)

Img_4276<拡大>
6月8日(土)雨のち晴れ 思わぬ朝雨に磐越道を
新津ICで下車。白根の凧合戦を見て、夕方畑で
新玉ねぎを収穫と、めまぐるしい1日になりました。

Img_4224

今朝は実川の万治峠に登ろうと兄と一緒に出かけたのです。
磐越道を新津に差し掛かる頃から、雨脚がフロントガラスを叩き
始めました。
「こりゃ、だめだ。温泉に入って帰ろうよ。」と兄。
「そうだねー。止めちゃおうか。」とオイラも同調して新津ICで下車
しました。高速代600円也~。
「それで、何処へ行くの?」。
「たしか。花水(カスイ)って温泉があったよねー。でもこんな朝か
らやってるかしら?」

Img_4219
Img_4223

「新津美術館なら知ってるよ。」と兄。
「じゃあ。そこで時間つぶして、小須戸の温泉に行こうか。」と
新津美術館へやって来ました。雨は本降りになりました。
「仮面ライダー展」をやっています。仮面ライダーがいっぱい。
子供連れで一杯です。

Img_4225

「子供がいる風景はいいよな。これで日本も安泰だってホッと
するよ。子供は国の宝だからな。」

「はい。ごもっとも。最近の少子化と老人増加は逆転傾向だから
ね。若い人にもっと頑張ってもらいたいよね。」

Img_4232
Img_4227

次は植物園に廻りました。池の睡蓮がきれいです。雨に映えます
ね。

Img_4230
Img_4235

新津丘陵には八幡山遺跡とか縄文時代の遺跡群もあります。
埋蔵文化財センターに寄ってみました。太古の昔に越後の歴史
の起源がこの丘陵にあったのですね。

Img_4234

ちょっと早いけど矢代田の「ゆったり館」に行きました。流石に
土曜日の午前中だと温泉は空いていますねー。広い湯船にゆっ
たりと浸かっていればもう極楽。極楽ーー。
晴れてれば今頃は万治峠のホトトギスの声を聞いていたのに
ねー。でも朝から温泉もまた、いいものです。

Img_4237

温泉の後は白根経由で帰ることをハタと思いついたのです。今週
は「白根凧合戦」が開催中だと思い出したからです。
いつもは人通りも少ない商店街の通りには屋台が繰り出して、
みなさん祭りの準備に大忙しです。

Img_4238
Img_4239

「おお!懐かしいー。中長書店に天昌堂だー。」昔は町の文化の
殿堂だった所です。子供の頃は人で溢れていましたっけ。

Img_4240

六角凧を「イカ」といいます。商店街の各お店が宣伝を兼ねて
自家用のイカ凧を揚げるのです。昔は堤防の上空にイカ凧が乱
舞する風景を見て興奮したものですよ。勇壮な凧合戦を観戦しよ
うと臨時バスが出て、近郷近在から人が大勢集まりました。この
凧合戦の間は白根の町中に人が溢れたものです。

Img_4241_2

空き地に巻いてシートを被ってるのは大凧かなー?子供用みた
いですね。ホントの大凧は畳(たたみ)24畳敷分ですからジャン
ボ級です。

Img_4242
Img_4243

白根神社の境内の喧騒は昔のままですね。何か懐かしいなー。
金魚掬いは縁日の花形ですね。

Img_4244

昔は祭りといえば境内にお化け屋敷に蛇女とかの出し物小屋が
架かって、おどろおどろしい絵看板とだみ声の呼び込みのマイク
音が鳴り響く風景がありました。でも、今はおとなしいものです。
環境問題にはうるさい昨今ですから仕様がないかー。

Img_4247
Img_4250

土手に上がってみました。今日は凧合戦の中日の土曜日だと
いうのに全然凧の姿が見えませんねー。
「あのー。今日はお休みですかー?」
今、昼休中ー。午後1時開始だからー。あと30分だよー。」
だって。駆けつけるのが早過ぎたみたいです。

Img_4248
Img_4255
(クリック拡大)
見ているうちに、1枚だけ大凧が上がりました。地下足袋に法被
姿のイナセなお兄さん方とスライドしました。決まってますね。

Img_4262
Img_4265
(クリック拡大)
丁度イカ凧と大凧がスライドする場面が目に入りました。子供用
大凧でも大きいのは様(さま)になってますね。

Img_4257
Img_4258
(クリック拡大)
「凧合戦由来」(白根凧合戦協会)と書いてあります。

「開始まで後30分だって。待つー?」
「帰ろーゼ!」
「あっ。そー。」(名残惜しいけど…)

Img_4267

夕方、畑に水遣りと雑草除りに行きました。玉ねぎがみんな倒れ
ていました。こうなればもう、何時でも収穫出来ますね。
ついでだから、今日収穫しちゃおうか。

Img_4269
Img_4271

ジャガイモも花を付けました。

Img_4273
Img_4274
Img_4275

ここん所の好天続きで一挙に取りごろに仕上がったようです。
今年は玉ねぎの市場価格が安いそうですね。ってことは、玉ねぎ
の生育が全体に良かったということでしょうかねー。別にオイラの
だけ出来が良かったわけじゃないんだー。

Img_4277
Img_4278
Img_4279

収穫して、雑草取りも終わったら随分広くなりました。今度は
何を植えようかなー?モモさんに聞いてみよう。

Img_4282

「もしもし。モモさん?玉ねぎ収穫の後って、何植えればいいー
?」友人モモさんは野菜作りの名人なのです。

「今の時期からだと、長ネギだろうね。もう苗も出始めてるよ。」

Img_4285Img_4286

早速ホームセンターで苦土石灰と堆肥と買ってきました。散布し
て深耕して土作りをしました。10日ばかり寝かせたら長ネギを
植えようと思います。

Img_4287

兄を呼んで、初物を頂くことにしました。
「旨いねー。辛くもなく、甘くてやさしい味だよー。」と兄の感想で
す。
「お酒もちょうだい。温燗(ぬるかん)でね。ちびちびやると合うね
ー。」
好評で結構。けっこう。

Img_4218Img_4288_2

オイラはこれをニートで「グビ」っと行きます。きっと新玉ねぎ
と合うだろうね。

(おわり)

|

« 金倉山に登る(会トレッキングの下見山行) | トップページ | 夏近し(『スピリチュアル』は神楽囃子に似ている) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

新玉ねぎのさらしもの 美味そうですね!
いや絶対美味いですよねえ 羨ましい
シングルモルト合いますね!
白根のタコ合戦は、連日良い風向きで合戦は盛り上がったそうですよ。今年は行く暇がなかったけれど、白根の街人は一年かけての大勝負ですからね。見ごたえありますよね。

kazu1954さん おはようございます。先日酒屋の棚からよく見もしないでボトルを買ってきて飲んだら、これが中々いけるのですよ。度数を見たら46%でした。旨いけど廻りも速いのです。(笑)新玉ねぎ美味しかったです。何でも「新」って付くのは旨いですね。今回は見れなかったけど、中之口川の土手に腰を下ろしてケトルのモルトをチビチビやりながら凧合戦見たいです。

投稿: kazu1954 | 2013年6月11日 (火) 13時42分

春の万治峠は残念でしたが、万治峠 秋もそれはそれは素晴らしいと聞いています。きっと秋の万治峠にご縁があるのかもしれませんね。
しかし、お兄様と二人 凄い行動力ですね。毎日を楽しまれている様子、見習いたいと思いま~す♪

FUKU様 おはようございます。コメントありがとうございます。春の万治峠は空振りでした。肩に力が入った時って大抵結果が見えていますね。(笑)次回紅葉の万治峠に期待したいと思います。兄は旨い酒が飲める山なら何処へでも来ますね。オイラもそれを見習ったほうがいいかもしれません。

投稿: FUKU | 2013年6月11日 (火) 22時01分

「白根の凧合戦」の話をむかし聞いたことを覚えています。シングルモルト好いですね。私は今貴兄がお勧めの「アードベック」を飲んでいます!水割り、ロックでなくストレートで飲まないと!!

静岡の岳人さん こんばんわ。<話をむかし聞いたことを覚えていますーそんな話を聞くと嬉しくなるこの頃ごろです。老けた証拠ですかね。(笑)アードベック10Yをニートでですかー。通ですね。オイラ退職したらアードベックの蒸留所を訪ねてハイランド地方を旅行するのが夢です。

投稿: 静岡の岳人 | 2013年6月12日 (水) 09時19分

実は、会の山仲間から自家製畑で取れた紫たまねぎの「新」をたくさん頂いて、毎日、スープにしたり、サラダにしたり、ごくごく薄くスライスしてポン酢、或いは和風シソドレッシングで食べています。
薄いサーモンと一緒に挟んでサンドイッチも美味しいですね。
お兄さんと良い休日でしたね。

noritan様 おはようございます。コメントありがとうございます。今年の新玉ねぎは辛くなくて、おとなしい味にできたようですね。noritan様はお料理好きだから色々調理して楽しんでられるのですね。<薄いサーモンと一緒に挟んでサンドイッチー今度まねしてやってみます。noritan様のブログにはいつも料理が登場するので一緒に頂いた気分で楽しんでいます。近頃は兄と軽登山に出掛けるのでトレッキング専門になりそうです。(笑)

投稿: noritan | 2013年6月19日 (水) 03時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新玉ねぎを食す(新津丘陵と凧合戦と玉ねぎ収穫):

« 金倉山に登る(会トレッキングの下見山行) | トップページ | 夏近し(『スピリチュアル』は神楽囃子に似ている) »