« 6月佐渡の山花図鑑(主脈縦走路の花・蝶) | トップページ | 威守松山に登る(山名の由来を知る 前編) »

2013年7月 8日 (月)

沈埋トンネルを歩く(新潟みなとトンネル)

Photo7月7日(日)雨<拡大>
万代橋から新潟島の突端まで歩き、沈埋トンネルを渡って
山ノ下から万代橋に戻る周回コースを歩いてみました。

Img_4864

土日だというのに、終日雨に降り込められて、家の中でゴロゴロ
していては体がナマってしまいます。梅雨の終盤の大雨は毎年
のことと分かってはいても、こう降られると蒸し暑くて敵いません。
梅雨明けするとしたはしたで、カーッと暑くなるのでしょうねー。

Img_4865

午後はくもりの予報と聞いてちょっと歩いてみようと出かけてきた
のです。歩き始めはそうでもなかったのに、歩くうちポツポツ当たり
始めました。雲の流れかと、空をみあげたら本降りになりました。

Img_4866
Img_4867

柳の下で雨宿りしていても、仕方がありません。みなとピア(市立
歴史博物館)の前まで来たのを幸いに雨宿りしようと中へ入りま
した。

Img_4868
Img_4872

現代工芸展が開催されていて、見物客で溢れています。今日は
展覧会を見に来た訳じゃないので、すぐ外に出ました。

Img_4873

隣接して新潟税関が史跡保存されているのです。ちょっとそっち
へ回って見ることにします。

Img_4878
Img_4880

こっちの税関は空いていて、いい塩梅です。小止みになるまで
雨宿りさせてもらいましょう。

Img_4886
Img_4887

中を通り抜けて表通りに出ました。税関は以前にも来たことが
あります。でもここから先の入船地区を海まで歩いたことはまだ
ありません。初めて通る所ってのは何かワクワクしますね。

Img_4888

山田町一丁目まで来ました。案内板の絵は海まで直ぐです。ジョ
ギングスタイルの人や自転車に乗った釣り人とスライドしました。
突堤で釣りをやっていたのでしょうね。釣果はどうだったかなー?

Img_4889

雨が本降りになってきました。初夏の雨は気持ちいい。なんて
強がってはみたものの、濡れるのがイヤなので近くのコンビニ
を探して、使い捨て傘を買いました。399円也ー。

Img_4890
(クリック拡大)

海に出る通りの脇の公園にノウゼンカズラが赤い花を咲かせて
いました。漏斗状の花を空に向けて元気よく咲く様は正に夏の
花にふさわしいですね。アメリカではトランペットフラワーって
呼ぶそうです。

Img_4892

前方にツインタワーが見えて来ました。あのビルの下に沈埋トン
ネルの入口があるのです。

Img_4894
Img_4896
Img_4895

タワービルの7Fに上ってみました。結構いい展望室です。河口が
間近に見えます。こっち側が西港で川向こうが山ノ下埠頭です。
漁船が一隻、波を蹴立てて遡上してきました。

Img_4897
(クリック拡大)
沖合いにカーフェリーの薄い影が見えました。新潟へ向かって航
行しているようです。

Img_4668

この絵は先週佐渡へ向かうカーフェリーから新潟島を撮った一枚
です。先週見た印象をもう一度確かめようと、雨の中を歩いてここ
までやって来たという訳です。

Img_4893
Img_4904
Img_4906

上から景色を眺めたから今度は下のトンネルを歩いてみましょう
か。ジョギングスタイルのオジサンが追い越して行きました。

Img_4908
Img_4909

走ってる人が多いですね。外の蒸し暑さに比べてトンネル内は涼
しいのです。いつの間にか、汗がスーッと引きました。隔壁を通し
て車の騒音がちょっと気になりますが、夏の避暑には持って来い
の場所かもしれません。

Img_4910
(クリック拡大)

この真ん中がトンネルの最深部です。気圧の具合でしょうか?
ちょっと頭痛がしてきましたね。

Img_4911Img_4912

真ん中を過ぎると上り勾配の坂になります。ここまで来るともう出
口は直ぐです。あんなに涼しかったのにまた蒸し暑さがブリ返して
来ました。

Img_4913

山ノ下側に出ました。シトシトと雨が降っています。

Img_4914
Img_4916
Img_4917_2

小高い丘の上に山ノ下神明様の鎮座する青葉神社があります。
参拝に寄りました。古い歴史を感じさせる境内です。

Img_4902
(クリック拡大)
みなとタワーのロビーに掲げてあった絵です。先人は小高い丘
の上の境内から出船、入船を眺めていたかもしれません。風を
はらんだ帆。舳先に立って威勢よく動き回る船主の姿がかいま
見えるようです。昔の活気が伝わって来るようじゃありませんか。

Img_4918
Img_4920

しょぼ降る雨の中をただ歩くよりも、船を眺めようと川沿いに出て
みました。ジェットフォイルが波を噴射して出航していきました。
入れ替わりにフェリーが入港して来ました。さっきタワー展望台
から見た沖合いのフェリーでしょうか?

Img_4921

日本海フェリーの前にあった案内板に赤い線で今日歩いたあとを
なぞってみました。海の潮の香ってどこか懐かしいような、海の向
こうの、どこか異国情緒への憧れにも似た気分を味わわせてもら
いました。

Img_4924
Img_4923

漁船の船溜まりを歩いてきたら、ぴあ万代の広い駐車場に辿り着
きました。人波で賑やかなのって活気があっていいですね。
岩牡蠣が旬のようです。甘い岩がきを「つるり」と頬ばって冷酒を
グビりッってやったら最高に旨いでしょうねー。

Img_4925
Img_4926

誘惑の糸を断ち切って、今日はおとなしく家に帰ることにします。

Img_4927

携帯の万歩計が1万3千歩を数えましたね。結構歩きました。
丁度2時間。一山登った感じです。汗をかいて今日はいい歩き
ができました。

(おわり)

冒頭のGPS軌跡

 
国土地理院背景地図等データ利用許諾番号2011-005号

|

« 6月佐渡の山花図鑑(主脈縦走路の花・蝶) | トップページ | 威守松山に登る(山名の由来を知る 前編) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

埋没トンネルとは珍しいですね、初めて聞きました。雨の日のジョギングに良いですね!「静岡産の金目鯛」ちょっと小ぶりですがやはり煮付けが旨いですね!岩がきも美味しそうですね!

静岡の岳人さん こんばんは。新工法による沈埋トンネルの開通で海岸道路が繋がって交通事情が飛躍的に改善されたって当時話題になったのです。もう10年も前の話しですがね。いつも車では通っているのに歩いたのは今度が初めてなのです。歩くと発見があって面白いですね。魚市場に並んでいた金目鯛は確かに静岡産って出ていました。新潟と静岡は海でも繋がっていたのだと思いを新たにしました。(笑)

投稿: 静岡の岳人 | 2013年7月 9日 (火) 07時44分

沈埋トンネルはランナーの夏の強化コースなんですよ!私は走ったことはないですが、熱心な人は雨も熱気も遮ってくれると結構な人気なんだそうです。

kazu1954さん こんばんは。<沈埋トンネルはランナーの夏の強化コースなんですよーそうなんですか。そういえば大勢の人達が走っていましたね。山田町の辺りから雨の中を傘もささずに駆け抜けていった人は沈埋トンネルに消えて行ったのですねー。沈埋トンネルは避暑とトレーニングが両方できる別天地に思えて来ました。(笑)

投稿: kazu1954 | 2013年7月 9日 (火) 09時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 沈埋トンネルを歩く(新潟みなとトンネル):

« 6月佐渡の山花図鑑(主脈縦走路の花・蝶) | トップページ | 威守松山に登る(山名の由来を知る 前編) »