« 6月の大佐渡山脈を歩く(石楠花道・後編) | トップページ | 沈埋トンネルを歩く(新潟みなとトンネル) »

2013年7月 6日 (土)

6月佐渡の山花図鑑(主脈縦走路の花・蝶)

Img_4793<拡大> 
今日は石楠花の大海を泳ぐが如くにとイメージを
膨らませて佐渡へ渡ったのです。ハクサンシャク
ナゲが期待通りに華麗な姿を見せてくれました。

Img_4684

今の時期は何処に行ってもハナニガナが咲いています。存在感
ありますね。ハナニガナ(花苦菜)キク科ニガナ属の多年草。シロ
バナニガナの一品種とあります。(防衛道路白雲台ゲート附近)

Img_4701
(クリック拡大)
こちらはシロバナニガナとハナニガナが隣り合わせで咲いていま
した。(防衛道路マツムシ平附近)

Img_4697_2
(クリック拡大)
ウルイは採って食べることしか頭になかったのです。でも間近で
みると鑑賞に堪える花だったのですね。法事菓子の折り詰めの
表紙絵をみたことがあります。
コバギボウシ(ウルイ)(防衛道路白雲台ゲート附近)

Img_4685

フキ。佐渡の山道を歩くとフキの多さに驚きます。地元の人達は
採らないのでしょうか?フキを見つけるとつい、採ってみたくなる
のです。こんなにあったら毎日蕗の煮付けが食べられます。
(防衛道路白雲台ゲート附近)

Img_4715

イタドリ(虎杖)タデ科イタドリ属多年草(防衛道路小天狗附近)
なんで虎杖っていうの?
「根を漢方で「虎杖根」といい、利尿薬とする。」と出ていました。
(goo辞書)

Img_4718

タニウツギが山頂近くの林道沿いに咲いていました。咲き始めた
ばかりのようです。この花を見ると初夏を感じます。
(防衛道路小天狗附近)

Img_4720
(クリック拡大)
ミヤマクルマバナ(深山車花)馬乗り禿に出る斜面に群生して
いました。口唇形の花が可愛いです。(金北山神社参道)

Img_4686

早春に出る赤いトリアシはよく見かけます。山菜を覚えたての頃
は珍しくて山菜として採ったものです。でも白花を咲かせて成長
したトリアシショウマも意外と品があってステキです。
(防衛道路白雲台ゲート附近)

Img_4687

護摩堂山のあじさいとは一味違った野性味がありますね。
エゾアジサイ(防衛道路白雲台ゲート附近)

Img_4822

ブルーがステキです。 エゾアジサイ(シャレ杉の峰附近)

Img_4721

ホウチャクソウとナルコユリは似て非なるものですね。区別する
見方は根を掘ってみると一目瞭然です。ホウチャクソウは根が
放射状に拡がっています。ホウチャクソウは全草毒ですから
食は不適です。アマドコロはリング状の根がL字形をしています。
この根を天ぷらにして頂くと甘くまったりととろける味なのです。
ナルコユリ(金北山神社参道)

Img_4688
Img_4694

今年はやけにヤマオダマキが目に付きました。大発生している
ようです。これだけ一斉に咲くとちょっと異様です。(山苧環)
は全草毒です。誤って食してはいけませんよ。
(防衛道路白雲台ゲート附近)

Img_4770

ウツボグサ(靫草)シソ科ウツボグサ属の多年草(防衛道路白雲
台ゲート附近)ウツボグサの「ウツボ」とは矢を納める細長い筒
の靫(うつぼ)のこと。花穂の形が靫に似ているところから「ウツボ
グサ」とよばれるようになりました。(語源由来辞典)
ウツボグサ(真砂の峰)

Img_4723

大葉を広げるヤグルマソウの暗い草むらにオニシモツケ(鬼下野)
が咲いていました。ブラシ状の白花がかたまって咲く様は目立って
存在感がありますね。背丈が伸びるので鬼(オニ)の名がついた
そうです。
オニシモツケ(鬼下野)(金北山神社参道)

Img_4734

崖下の樹下にひっそりと咲いていました。名残の一輪です。いつ
見ても清楚で気品があります。
シラネアオイ(白根葵)(金北山神社坂下)

Img_4736_2

丁度1年前に来たこの場所のことを覚えています。秋、実が熟し
たらブドウ狩をしたいものです。きっと、タワワに着いたブドウの
実で美味しい山ぶどうジュースが出来そうです。
ヤマブドウ(金北山神社坂下)

Img_4739_2

まだ花芽が膨らんでいませんね。もっとも訪れた昨年は7月中旬
でしたからね。その時のレポはこちら⇒
ヒオウギアヤメ(檜扇菖蒲)(あやめ池)

Img_4754

暗い樹林の中で線香花火みたいに慎ましやかに咲いていました。
キンポウゲ科のカラマツソウの仲間です。
ミヤマカラマツ(深山唐松)(役ノ行者)

Img_4759_2
Img_4761
Img_4763
Img_4765
(クリック拡大)
石楠花は春の季語です。俳句には石楠花を題材にした名句が
多いですね。

石楠花に手を触れしめず霧通ふ 臼田亞浪

Img_4766_3
Img_4767_2
(クリック拡大)

石楠花の山気澄まして暮れゆくか  臼田亞浪

Img_4779
Img_4786
(クリック拡大)

石楠花のまざまざと夢滅びぬる  臼田亞浪

Img_4787_2
Img_4792_2
(クリック拡大)

かっこうや何処までゆかば人に逢はむ  臼田亞浪

Img_4793
Img_4794
(クリック拡大)

 
もっと、ゆっくりじっくり鑑賞したい気分です。(イモリの頭)

Img_4802
(クリック拡大)
ヨツバヒヨドリ(四葉鵯)キク目キク科フジバカマ属の多年草。
ヒヨドリが鳴く頃咲くのでこの名がついたそうです。
(真砂の芝生附近)

Img_4804
(クリック拡大)
ナワシロイチゴ(苗代苺)バラ科キイチゴ属 苗代を作る頃に
出るのでこの名がつきました。  (真砂の芝生)

Img_4775_2
(クリック拡大)
コハマナス(小浜茄子) 白花バージョン 浜茄子と野いばらの
自然交配種です。辺り一帯は芳しい香りが溢れています。
(真砂の芝生)

Img_4814_2
Img_4816_2
(クリック拡大)
コハマナス こちらは赤花バージョンです。 (石花分岐附近)

Img_4823
(クリック拡大)
バイケイソウ? 相当毒性が強いようです。もしかしたらエビネ
かなー?花がエビネっぽい。(シャレ杉の峰附近)

Img_4733
(クリック拡大)
ギンリョウソウ(銀竜草)別名幽霊茸(ユウレイタケ)「茸」という
からキノコの仲間ですかね。シロを形成して菌根から養分を
吸収しているのですね。(金北山神社坂下)

Img_4731
(クリック拡大)
キジムシロ(雉筵)(金北山神社坂下)

Img_4689
(クリック拡大)
キアゲハ 「天狗の休場」で気がついたらシャツの袖にキアゲハ
の幼虫が着いていました。振り払っても、しっかりしがみついて
いて、なかなか落ちないのですよ。昔ザ・ピーナッツが♪~
「モスラーッヤ!モスラーッ!」って歌ったアレです。 
(防衛道路ゲート附近)

Img_4707
(クリック拡大)
羽根の色が鮮やかなベニシジミが地べたに静止していました。
カメラを構えても逃げません。  (防衛道路ブナ林附近)

6月の山の様子を写真に収めてみました。

(おわり)

 

|

« 6月の大佐渡山脈を歩く(石楠花道・後編) | トップページ | 沈埋トンネルを歩く(新潟みなとトンネル) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

佐渡の山は「花の宝庫」「花の大百科事典」ですね!さすが、凄いですね!また写真が綺麗に撮れていますね、「花の図鑑」を見ているようですね!!

静岡の岳人さん おはようございます。佐渡は南の花の北限と北の花の南限の境界線が交わる所と確か聞いた事があったような。種々の花があふれていましたね。1つ1つ覚えていられないので、写真に残そうと思った訳です。最近は記憶があいまいで。どうも…。(笑)

投稿: 静岡の岳人 | 2013年7月 7日 (日) 13時46分

おはようございます。今現在で31度どうなってるんですかねー
草花に対する博識ぶりには本当に尊敬の境地です。特別に勉強したんですか?
まあ草花以外の分野でも博識ぶりには驚いているんですが!

kazu1954さん こんばんは。朝も暑かったけど夜も暑いですね。何か温室に入った様で不快指数高いですね。でもこのくらいが筋肉細胞には適温なのでしょうね。よく心・技・体が一体となった状態が理想的っていうけど一度経験してみたいものです。(笑)最近もの忘れがひどいのですよ。老化ですね。だから見た花を図鑑みたくしてまとめてみたのです。佐渡の花を見ると癒されます。kazuさん達と行った昨年もいい思い出です。

投稿: kazu1954 | 2013年7月 9日 (火) 09時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6月佐渡の山花図鑑(主脈縦走路の花・蝶):

« 6月の大佐渡山脈を歩く(石楠花道・後編) | トップページ | 沈埋トンネルを歩く(新潟みなとトンネル) »