« 縁は奇なもの(会山行・日本国 後編) | トップページ | 夕日コンサートと花火大会に行く(新潟まつり) »

2013年8月 8日 (木)

ナンバンギセルが咲く頃は(弥彦山)

Img_5493<拡大>8月4日(日)くもり
「ナンバンギセルが咲いてるよ。」と山の仲間に
教えられて弥彦山に見物にやって来ました。

Img_5485

今日は鈍より雲って、黒い雲が通過するたびにパラパラと降って
来ます。空を見上げては雨具を着ようか?着まいか。着れば
暑いし如何しようかー。なんてアレコレ悩んでいるうちにもう、着い
てしまいました。

Img_5495
(クリック拡大)
「ススキ(薄)の根方をよーく見ていけよー。」って言われて、目を皿
のように探しました。出ていました。南蛮煙管。ポルトガル人のマド
ロスパイプに見立てた花です。
ぷっくり膨らんだガクから淡紅紫色の花がうつむき加減についてい
ます。宿主のススキに寄生して育つ植物です。葉緑素を持たず、
光合成をしません。
ちょっと早過ぎたのかもしれません。見頃はお盆前頃でしょうか?
万葉集にも「思草(おもいぐさ)」の名前で登場するといいますから
昔から知られた花なのでしょうね。

Img_5486
Img_5492
(クリック拡大)
周囲はヤマユリの強い芳香が当たり一面に漂っていい香りです。
芳香に誘われて蝶や蜂が飛び回っています。

Img_5487
Img_5509Img_5489
(クリック拡大)
(上)オカトラノオ 夏の定番花ですね。
(中)エゾカワラナデシコ ナデシコを見ると気持ちが和らぎま
すね。昔から日本女性は大和撫子に決まっています。
(下)ヘクソカズラ こんなにカワイイ花なのに付いた名前が
ヘクソじゃあ。可哀想。

Img_5494
Img_5498
(クリック拡大)
ナワシロイチゴも赤い実をつけています。 佐渡の山にもいっぱい
ありました。ちょっと摘まんで口に含むと甘酸っぱい実が美味しい
のです。

Img_5501
Img_5502
(クリック拡大)
エゾアシサイが見頃になりました。ミツバチが花に取り付いて
にぶんぶん羽音を唸らせています。

Img_5507
(クリック拡大)
葉上にとまったフキバッタを見つけました。もう秋の予感です。
大型のオナガアゲハガがヒラ~リ。ヒラリと大きな羽をはためかせ
て優雅に舞っています。カメラを構えた途端、気付かれたのか。
サーっと何処かへ飛び去ってしまいました。

Img_5513
Img_5555
(クリック拡大)
貴婦人の異名を持つクサボタンが咲いています。佐渡の山にも
ありましたっけ。その時のレポはこちら⇒
貴婦人の名付け親は特徴を上手く捉えて見事な表現をするもの
ですね。

Img_5521
Img_5517_2
(クリック拡大)
ヤマホタルブクロは可愛い花です。花房の中を覗いたら先客の
蜜バチがいました。

Img_5525
Img_5524

リョウブが白花を賑やかに咲かせています。上も下も花花花の
百花繚乱です。
「ナンバンギセルは多宝山にも咲いてるよ。」って仲間から聞いて
来たので、これから向かってみます。

Img_5543

今頃の時期は刈払いがされていないのか、藪っぽいですね。草の
トンネルを身をスボメて通っていくと、雨の滴(しずく)で、しとどに濡
れてしまいました。坂道の木陰にはキノコも出ていす。

Img_5541
Img_5540
Img_5542
(クリック拡大)
(上)ドクベニタケ(赤)とウスウズチチタケ(シロ)のめでたい紅白
取合わせですが、どちらも毒菌です。
(中)ドクベニタケの幼菌です。ホウズキ玉みたいで可愛いです。
(下)ウスウズチチタケ 昔、試しに食べたことがありました。口中
の不快感が2、3日は消えなくて、往生しました。

Img_5557
Img_5544
(クリック拡大)
ヤブの滴(しずく)ですっかり濡れてしまって、ナンバンギセルを探
す意欲もどこかに消えてしまいました。多宝山はまた今度にして
この辺で折り返すことにします。
路脇にクルマユリが元気に咲いていました。色鮮やかです。

Img_5545
Img_5536
(クリック拡大)
戻り道は右も左もヤマユリが咲き競うユリロードです。強い芳香
が辺りに漂って蝶たちが乱れ飛んでいます。

Img_5549
Img_5550
(クリック拡大)
開花を待つ蕾が今にも喋り出しそうな、人の顔にみえませんか?
擬人的で表情が見えるようで面白いでしょ。

Img_5532
Img_5553
Img_5554
(クリック拡大)
(上)シジミチョウに(中・下)ジャノメチョウがひらひら舞っては葉上
止まり、また同じ動作を繰り返しています。産卵でしょうか?

Img_5522

園地に戻って来ました。広い芝生が広がっています。今日は雨
模様を敬遠したのか、登山者の姿が一人もみえませんね。

Img_5558
Img_5535

芝生にシートを広げて腰を下ろしました。人の姿を見ない弥彦山
も、たまにいいものです。
オニギリを頬張ってランチを頂いた後は、ゴロリと横になって、湧
き上がる雲の動きを眺めていました。
お腹も足りて気持ちよくなって、ついウトウトしてしまいました。

Img_5519

顔にかかる雨滴で目が覚めました。海上に黒雲が近付いている
ようです。ザーっと来ないうちに山を下りることにします。

(おわり)

|

« 縁は奇なもの(会山行・日本国 後編) | トップページ | 夕日コンサートと花火大会に行く(新潟まつり) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

エゾカワラナデシコと言うんですか!
綺麗ですよね!!角田にも結構咲いていました。ヤマユリの存在感とは違いますが、こちらのほうが、好きですね。好き嫌いを言っては、花に失礼かな(笑)
それにしても花の種類に詳しいですよね。図鑑などで調べていらっしゃるのですか?

おはようございます。角田山の此ノ入にも咲いていましたね。優しい感じのする花でねすよね。今、山百合が旬ですね。昔、根を掘って汗みずくで1㍍を1時間もかけたのに、途中で切れてあきらめたことがありました。(笑)知らない花は図書館で調べたり、先日コメンターから教えて貰いました。

投稿: | 2013年8月 8日 (木) 11時09分

ナンバンギセル変わった名前の花ですね!私は先日、霧ヶ峰高原の八嶋湿原を散策してきましたがヤナギラン、コオニユリ、ホタルブクロ、シモツケソウなどいろいろな花が咲いていました。9日~11日鹿島槍ヶ岳~五竜岳を縦走しますがまたいろいろな高山植物が楽しみです!!

静岡の岳人さん おはようございます。山には初めて見るような花も一杯ありますね。
<霧ヶ峰高原の八嶋湿原を散策ですか。今頃は花いっぱいでステキなんでしょうねー。オイラも行ってみたいでーす。<鹿島槍ヶ岳~五竜岳も高山植物が風に揺らいで待っていますよ。きっと。天気よさそうだから、ゆっくり楽しんできてください。

投稿: 静岡の岳人 | 2013年8月 8日 (木) 13時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ナンバンギセルが咲く頃は(弥彦山):

« 縁は奇なもの(会山行・日本国 後編) | トップページ | 夕日コンサートと花火大会に行く(新潟まつり) »