« ナンバンギセルが咲く頃は(弥彦山) | トップページ | 晩夏に集う(角田山キツネノカミソリ) »

2013年8月15日 (木)

夕日コンサートと花火大会に行く(新潟まつり)

Img_5639<拡大>8月10(土)くもり
今日は夕方を待って夕日コンサーに出かけました。
新潟まつりの目玉行事は今年で28回目だそうです。

Img_5662

暑中お見舞い申し上げます。毎日の猛暑日には、もうへとへと
ですね。夕方までには間があるので、先ずは朝の涼しいうちにと
寺尾の畑に出かけました。

Img_5663

連日の晴天で野菜も干上がって、葉っぱも枯れ気味ですが、カボ
チャと雑草だけは元気です。カボチャは実も膨らんで今が獲り頃
です。実とツルをつなぐ果梗部(かこうぶ)がコルク状になったら
獲ってもよい、目安っていいますね。

Img_5661
Img_5660
(クリック拡大)
カボチャは一旦定植してしまえば、後は放任で栽培できるので
好きな夏野菜です。
今年は3種類の苗を植えました。大っきいの小さいの色々ですが
味はそれぞれ、それなりに中々いいようです。
ちょっと見映えのいいのを見繕って、お隣さんに配りました。

Img_5637

夕方を待って夕日コンサートに出かけました。ぎんぎんに冷えた
缶ビールとつまみを詰め込んだザックを背負って、産卵のために
海を目指すカニのように、家の裏から山を越え、坂を下り20分程
歩いて海に出ました。

Img_5641

砂浜に居場所を決めて、腰をおろしたら、シートの上にお弁当を
拡げて、早速缶ビールの栓を開けました。プシューッ!プハーッ。
先ずは一口ゴクリと一杯。花よりダンゴです。
何てったって、この一杯が魅力で毎年通っているようなものです
から。

Img_5638

入口で500円の協力金を募金箱に入れて入場するのですが、
今年は団扇のオマケもなしですね。こんな所にもエコでしょうか
ー?
出掛けに通り雨がパラツキました。日中は晴れていても夕方に
なると、天気が不安定になってしまうのです。今日も今一で今年
の「夕日コンサート」は「夕陽なし」です。

Img_5651

「♪しおさいの浜の岩陰に立ってー 潮騒の砂に涙を捨ててー
思いっきり呼んでみたいー果てしない海にー」
(潮騒の詩 小椋佳)
いつ聴いてもいい歌ですねー。
今年は大物歌手のO・Kが出演するのです。御歳70歳だそーで
すが、声だけ聴いているとデヴュー当時と変わらなく素敵ですね
ー。

Img_5653

「♪夢の夕陽は コバルト色の空と海 まじわってただ 遠い果て
かがやいていたという 記憶だけでー 」(俺達の旅 小椋佳)
ステージの隣はすぐ海です。選曲の歌詞と合ってシチュエーション
はバッチリです。雰囲気が出て盛り上がりますねー。

Img_5657

撮影禁止なので残念ながらステージの絵がありません。
ステージの真上に打ち上がった花火もいい景色じゃありませんか。
オイラの青春も小椋佳の歌の時期に重なっているのです。だから
思いも一入です。
ほろ酔い気分で、耳に残るいいコーンサートでした。

Img_5664

8月11日(日)晴れ
今日もウダルような蒸し暑い一日でした。夕方信濃川畔のやすら
ぎ堤(てい)に花火見物に出かけてきました。ユリの木にとまった
セミを見つけました。音なしですね。メスかなー?アブラゼミもこの
頃は珍しくなりました。

Img_5667

新潟まつり2日目の出し物は恒例の花火大会です。JRに乗って
今年も出かけて来ました。背負ってくものは昨日と同じ冷えたビー
ルとおつまみ、だけですけどね。

Img_5668

今年は「やすらぎ堤」の景色が変わりました。地震対策で流動化
現象防止のために、堤防の地盤を作り変えたのです。おかげで、
ご覧のとおり殺風景になりました。下の地面も固くてゴツゴツして
座るとお尻が痛くなります。

Img_5671

でも、拡げたシートに寝そべって、川風に吹かれながら飲むビ-
ルは冷えて、美味しいですー。あー甘露甘露ー!

Img_5672

ひっくり返って、仰向けになって真上の空を眺めていると、何だか
とっても幸せな気分です。

Img_5677

宵も更けて、辺りが暗くなりました。そろそろ打ち上げ開始です。
最初の花火が上がったようです。バッツーンー!と腹に堪える
音響が伝わって来ました。

Img_5678
Img_5679

次々スターマインが打ち上がります。大輪の菊花は花火の定番
ですね。

Img_5697
Img_5699

こういう光ものの撮影には三脚で固定してレリーズがなんかでし
っかり撮らないといけないのですが、手振れと酔いブレで像がゆ
がんでしまいました。風が出て来たかなー?

Img_5685
Img_5704

日本の花火の技術は大したものだと思います。
趣向を凝らした技モノが次々繰り出されて、見ていて飽きることが
ありません。

Img_5721

楽しい時間の経つのって速いのです。もう終了時刻が近付きまし
た。駅のホームからもよく見えるのです。電車に乗り込む間際まで
うっとり眺めていました。

今日も楽しく一日が過ぎました。今日は暑くても、いい夢を見て
眠れそうです。

(おわり)

|

« ナンバンギセルが咲く頃は(弥彦山) | トップページ | 晩夏に集う(角田山キツネノカミソリ) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。わが社も今日からまた通常の仕事に戻ります。昔は川祭りが終わると秋だなんて言いましたが、連日の暑さは全く秋を感じさせませんね。今年初めて植えたゴーヤは実がなるのと全くならないのとがあって、不思議なものですね。まあ素人の遊びだからって深く追及はしていないんですが。

kazu1954さん おはようございます。盆休みも終わってハリキッテおられますね。新潟祭りは昔は「川まつり」って言ってましたよね。川祭りが終わって盆を過ぎても、毎日こう暑くては季節感もなくなりますね。ゴーヤも元気が出ないでしょうね。ウチも去年は涼しくなってから成りがよくなったようでした。(笑)

投稿: kazu1954 | 2013年8月17日 (土) 09時33分

恒例の夕日コンサートと花火大会、ビールを飲みながら、最高ですね!花火が綺麗に撮れていますね。

静岡の岳人さん おはようございます。浜風に吹かれながら屋外で飲むビールはやっぱり旨いですね。花火は遠くで見るより真下で見上げる方が、いい写真が撮れますよね。(笑)

投稿: 静岡の岳人 | 2013年8月18日 (日) 08時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夕日コンサートと花火大会に行く(新潟まつり):

« ナンバンギセルが咲く頃は(弥彦山) | トップページ | 晩夏に集う(角田山キツネノカミソリ) »