« 暑さぶり返す(畑の土遊び) | トップページ | 八海山に登る(大崎口から薬師岳・前編) »

2013年9月19日 (木)

台風一過を歩く(からりと晴れた秋の一日)

027_2<拡大>
9月17(火)快晴 
今日は台風一過で朝から快晴となりました。
運よく日本海に沈む夕日に間に合いました。

003

台風一過の今朝は結構な冷え込みになりました。肌がけよりも
厚手の毛布がほしいくらいに一気に涼しくなりましたね。
今、木漏れ日差す松林の道を歩いています。時折吹き抜ける
秋風が涼しいと感じられます。

004

松林を歩くと、あっちこっちに、なぎ倒された倒木が無残な姿
を晒していました。台風の仕業です。

005

昨日は相当な強風が吹き荒れたに違いありません。秋の台風は
毎年のことですが、最近の異常気象には驚かされることばかりで
す。かつて、こんな経験は身の回りには起きなかったと思うような
ことが、次々に起こっているではありませんか。
何か自然が意思を持って暴れているような気がしてなりません。

006

秋の定番。ミズヒキソウが花盛りです。水引(みずひき)が正式名
でミズヒキソウは俳句的表現だと、本に出ていました。ちょっと
意外です。

008

ブルー・イン・グリーン。ツユクサの青が鮮やかですね。ツユクサを
見るとマイルス・ディビスを思い出すのです。今月28日は彼の命
日です。秋の夜長はカインド・オブ・ブルーをじっくり聴いてジャズの
巨匠を偲んで過ごしませんか?

009

今朝はバスを途中下車して昭和町から松波町へ出て松林を護国
神社へ歩いて来ました。固いアスファルト道より松林のアップダウ
ンの方が断然歩き安いと思ったのです。それに海辺の景色は飽
きませんから。

010

参道に出たら、青臭い草息れでむせ返りました。昨日の大風に煽
られて、千切れたニセアカシアの葉っぱが、辺り一面に散乱し
て青臭さを発散させていたのです。

012

参道を抜けると丁字路の先に青い海が見えました。もう静かな秋
の色です。うっすらと海の彼方に佐渡島も浮かんで見えました。
海が見えると、何でか「ほっ」と安らぎますね。

013
014

台風の余波がまだ残っているようです。テトラポットに打ち寄せる
波の音がしぶきがと一緒に聞こえて来ました。

017

木漏れ日の差す松林を歩いて異人池のドッペリ坂上に出ました。
石段に色づいた銀杏を見つけました。今はもう秋です。

019

柾谷小路まで歩いて来ました。ここまで丁度1時間。7千歩位
歩いたでしょうか?
ここ1ト月ばかり山行から遠ざかっていたので歩かないと体力維
持ができないのですよ。1日1万歩が目標です。

002
001

ランチは会社の近くにあるラーメン店に入りました。ここのあっさり
塩味のラーメンは旨いのですよ。煮干だしが利いた好きな一品
です。便利なので最近よく通っています。

023

5時に会社を退けたら、朝、通った護国神社の松林道を歩いて
帰る事にしました。

021

すなやま(砂山)の碑です。大正11年に北原白秋が新潟へ童謡
音楽会に招待されて来県した時に、この砂山に登り、佐渡を見て
詠んだ詩を記念して建てられた。と書いてあります。

うみは あらうみ むこうはさどよ すずめ なけなけ もうひは 
くれた みんな よべよべ おほしさま でたぞ

当時、ここら一帯は青松と大砂丘が広がっていたそうです。

024

神社の境内を横切ると、宮司さんが国旗を降ろしている最中で
した。もうみんな、お帰りの仕度です。
この道を通る訳がもうひとつ。それは…

025
026

この歩きコースの魅力スポットがここなのです。今日はショコラを
オーダーしました。夏の混雑も過ぎ、並ばずにスンナリありつけま
した。
このジェラードを舐め舐め海岸道を歩くのも愉しみのうちですネ。

028
029
030

間に合ったようです。日没前です。今日は空気が澄んで夕焼けが
一段と映えますね。夕日が沈む瞬間を見ようと大勢人が集まって
いますね。

032

目の前のオジサンもカメラを構えてアングルを決めるのに余念が
ありません。

033
(クリック拡大)

034
035

日没です。佐渡島の山の端に沈んで行きました。今日も一日
ご苦労さんでした。

036

今日の成果は1万4213歩になりました。1万歩を超えたー。あ
ー。よかった。よかったー。

037

朝、途中下車したバス停から乗車して帰ります。今日も一日お疲れ
様でした。では、では。おやすみなさーい。

(おわり)

|

« 暑さぶり返す(畑の土遊び) | トップページ | 八海山に登る(大崎口から薬師岳・前編) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。快晴の日が続きますね~。なかなか雰囲気の伝わる良い夕景を捉えましたね。北原白秋の砂山の碑のあたりは、小学校の頃、スキーが出来たんですよ。竹スキーとかね(笑)一万歩目標は口で言うほど楽じゃないですよね。続けるってことは大変です。

kazu1954さん おはようございます。イヤ全くこの晴天が恨めしいですね。 8月に泊り掛け山行を雨のために2度もフイにしたのですよ。ジェラートを舐め々関屋浜に出たら丁度夕日が沈む処だったのです。ラッキーでした。護国浜は昔、kazuさんの庭だった所ですね。(笑)昔大雪が降った翌朝は護国浜はスキー場に早や代わりしたのですね。おー懐かしい。大体1時間30分歩くと1万歩ですね。オイラの場合は1漫歩ですけどね。(笑)

投稿: kazu1954 | 2013年9月19日 (木) 09時21分

日本海の夕日、綺麗ですね~~ 特にトップの写真、カップルのシルエットが何ともいえません♪
ずーと、新潟の浜から見る夕日を 「日本海に沈む」 と思っていましたが友人が言うには、正確には 「佐渡ヶ島に沈む夕日」 なんだとか。(*^_^*)
私的には、日本海に沈む夕日で~す(笑)

FUKU様 おはようございます。関屋浜は夕日鑑賞のスポットらしいですね。この日も駐車場は満杯。海岸はカップルで溢れていましたっけ。夕日が沈む瞬間はきれいですね。一種荘厳な雰囲気がとてもステキでした。「日本海に沈む夕日」のキャッチコピーも関屋浜からだと佐渡島の山の端に沈んじゃうのですね。
オイラも日本海に沈む夕日がいいです。(笑)

投稿: FUKU | 2013年9月19日 (木) 11時23分

こんばんは。東堀のカドの店来味、ここのあっさりラーメンは美味しいですね。おまけに大盛りも同じ料金でお徳です。ここの店、以前は東堀天龍のあったところですね。昔、新潟市で飲んだあとは古町の天龍によくおじゃましていましたが、夜だけの営業、ここ東堀にできて何度かおじゃましたのですが、それが来味に変わって、でも同じあっさり味、店が変わっても何度か訪れています。ついつい大盛りを頼むのがいけませんが。

越後の寅次郎様 おはようございます。いつも最新のグルメ情報ありがとうございます。天龍があった頃よく通いました。
懐かしいですね。先日バンナイ小路へ行ったら天龍が2軒並んでありました。今度お邪魔したいと思っています。来味の普通盛と大盛りは同じ料金だったのですね。次回オーダーしてみようっと。(笑)

投稿: 越後の寅次郎 | 2013年9月20日 (金) 17時26分

日本海(佐渡島)に沈む夕日、良いですね!静岡では海(伊豆半島)から朝日が昇りますが、夕日は山に沈みますね!また冬の日本海を見に行きたいですね、その時はラーメン屋のハシゴをして食べ歩きたいですね!

静岡の岳人さん こんにちは。焼津温泉の朝の露天風呂で見た、湯気の彼方(伊豆半島)から上る旭も良かったです。怒涛逆巻く日本海ですかー。演歌の世界ですね。凍れる冬海を見て熱いラーメンを啜るなんていいかもですね。(笑)静岡の岳人さんはコッテリ系ですか?あっさり系ですか?

投稿: 静岡の岳人 | 2013年9月21日 (土) 09時37分

しゃくなげ色さま
相変わらずの知的レポで恐縮しています。
更に併せ、素晴らしい撮影技術に驚愕です。
カメラも腕もセンスも劣りますが、近々 ご教授賜りたく・・・・

輝ジィ~ジ様 おはようございます。コメントありがとうございます。お褒めの言葉をかけて頂きありがとうございます。全く汗顔の至りです。小生こそ輝ジィ~ジ様のブログをいつも拝見して勉強させてもらっているのですよ。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2013年9月21日 (土) 21時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 台風一過を歩く(からりと晴れた秋の一日):

« 暑さぶり返す(畑の土遊び) | トップページ | 八海山に登る(大崎口から薬師岳・前編) »