« 紅葉の荒川山に登る(会山行・剣龍峡) | トップページ | 弥彦山のマイナーコースを歩く(崖松・行道山周回) »

2013年11月14日 (木)

紅葉の里山を歩く(荒川山・花ノ木平)

Img_6820_2<拡大>
紅葉のトンネルは黄色に染まりそうです。

Img_6799

正午を過ぎたら陽が傾いて、向かいの焼山に影が出来始めまし
た。さあ。後半も頑張っていきますか。

Img_6800

無数の管のように見えるのはブナの根っこです。厳しい自然界を
生き抜く逞しさですね。

Img_6801
(拡大)
細尾根の急坂を転げるように下って小広い台地に出ました。指差
す先は赤谷集落と加治川源流の山々です。
昨年、山友のモモさんと此処で寒さに震えながら熱燗で一杯やっ
ていましたっけ。⇒その時のレポはこちら

Img_6802
(拡大)
内ノ倉ダムと焼峰山と大日岳(飯豊連峰)をズームです。

Img_6803
(拡大)
これから辿るハリゾウ(ハリ沢)の崩壊地が見えます。

Img_6807

ぐんぐん下って崩壊地までやって来ました。鎖場に沿って急斜面
を慎重に登ります。

Img_6804

早く上がって来いよ~。

Img_6805_2

今、行きマース。

Img_6806_2

崖地の縁を登ります。

Img_6808

下を覗くと恐~い。

Img_6809
(拡大)
振り返ると下ってきた左奥のコマタ(荒川山)が高いです。

Img_6810
(拡大)
山の端(は)の先には遠く弥彦山と角田山も望めます。

Img_6811

この崩壊地は「ハリゾウ(沢)」っていうのですね。

Img_6817Img_6819_3
Img_6818

またまた崖地に生えたブナの根っこです。カニの足みたいに尾根
に絡みついています。ハリーポッターに登場する木の精みたい
ですね。

Img_6812
(拡大)
枯れ葉の中から顔を出しているアマニタです。この時期にまだ姿
が見られるってのは今年は暖かい証拠です。

Img_6815
(拡大)
二王子岳も中間部が紅葉しているみたいですね。500~600
m附近が今、紅葉の盛りでしょうか?
(穴マクリの展望地より)

Img_6816

後半は荒川の源流の谷を取り巻く山々を半円を描いて北に回り
込むように縦走します。稜線の東側が開けて、いたる所に展望
台があります。会津に繋がる殿様街道が見えますね。

Img_6813_3

“穴マクリ”って山名はマタギ語の匂いがしませんか?焼山のブナ
帯には熊のツメ跡がいっぱいありました。昔この山は赤谷マタギ
が活躍した熊狩場だったかもしれません。赤谷集落を眺めてい
たらふっと、そんな思いにかられました。

Img_6823_2

木ノ間越しにトンガリの金鉢山が見えますね。あの肩がコマタ
です。朝はあの肩まで上って、午後はあそこからグルッとここ
まで歩いて来ました。

Img_6824

この縦走路はアップダウンが連続して結構歩き手がありました。
展望よし、崖歩きもあって退屈させない、いい道でした。

Img_6821

お疲れさーん。1日ご苦労サンでした。下山口はもう直ぐです。

Img_6826
(拡大)
花ノ木平登山口附近にはクサギ(臭木・シソ科落葉小高木)の
実が満開です。赤い部分は顎(ガク)で実は黒です。黒い頭に
赤い服を着た小人たちが両手を広げているように見えて、とっ
ても印象的です。

Photo<拡大>

歩いた軌跡 歩程 6:00(休憩含む)

国土地理院背景地図等データ利用許諾番号2011-005号

今日は穏やかな小春日和に恵まれて、思い出に残る紅葉の
里山歩きが出来ました。

(後編 おわり)

|

« 紅葉の荒川山に登る(会山行・剣龍峡) | トップページ | 弥彦山のマイナーコースを歩く(崖松・行道山周回) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

紅葉も凄いですがブナの根っこも凄いですね!初めて見ました、さすが越後の山は凄い!

静岡の岳人さん おはようございます。早速のコメントありがとうございます。ブナは逞しいですね。今までも見ていた筈なのに今回初めて見た感じです。気付かなかったのかなー?(笑)豪雪地帯だから麓と稜線上とでは生存環境の差がエラく違って厳しいのでしょうかねー?

投稿: 静岡の岳人 | 2013年11月14日 (木) 07時55分

おはようございます。印象に残る紅葉ですね。赤もいいけど、黄色はなおいいですね。

kazu1954さん おはようございます。黄色は幸せの色ですね。(幸せの黄色いハンカチーああ懐かしい。(笑))クロモジの黄葉はきれいですね。如何したらあんなにきれいに黄葉するのか不思議です。正に自然の妙ですね。

投稿: kazu1954 | 2013年11月14日 (木) 09時29分

剣龍峡の紅葉って、凄いんですねぇ。迂闊にも今まで気がつきませんでした。
この山、登山道が開設された当初に何度か登っていますが、それ以後はトンとご無沙汰でした。
来年の紅葉には、是非とも登ってみたいです。

山いろいろ様 おはようございます。荒川山の紅葉。よかったです。今年は紅葉にドンピシャに嵌ったみたいです。五頭三ノ峰のメジャーコースに比べると静かだし、手頃でいいコースですね。ナメコも出ているし。(笑)来年は天気のいい日に是非お出かけください。

投稿: 山いろいろ | 2013年11月15日 (金) 22時12分

凄くまめなブログですね!見直しました!

茨城の後輩様 こんばんは。訪問ありがとうございます。先日は部の創立記念会は大盛会だったと聞きました。小生は小用があって行けませんでした。(実は山に行っていたのです。(笑))老後の山登りは面白くて面白くてすっかり嵌っています。今度また遊びに来てください。

投稿: 茨城の後輩 | 2013年11月19日 (火) 15時09分

しゃくなげいろさま
日ごろの行いの悪い所為か?今年はこれほど素晴らしい紅葉についぞ出逢わなかった小生です。
会山行参加したいけど、非力で付いて行かないし・・・

輝ジィ~ジ様 こんばんは。輝ジィ~ジ様のブログの紅葉を眺めてはうっとりしていたのですよ。輝ジィ~ジ様の積み上げて来られた実績は素晴らしいと思います。真似してあとをナゾリタイと思うのですが、山は高くて中々…。これからも優しく(笑)手ほどき願います。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2013年11月19日 (火) 19時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紅葉の里山を歩く(荒川山・花ノ木平):

« 紅葉の荒川山に登る(会山行・剣龍峡) | トップページ | 弥彦山のマイナーコースを歩く(崖松・行道山周回) »