« 年賀状(新年の挨拶) | トップページ | 登り初めは弥彦山(会山行・初詣登山) »

2014年1月 4日 (土)

年の始めの例(ためし)とて

Img_74351月1日(水・祝)
新年元旦のご来光です。2階の窓を開けて拍手
(かしわで)を打って拝みました。

Img_7437Img_7439

明けましておめでとうございます。先ずは一献。今年はいい年に
したいものです。雑煮とあんこで餅3ケを頂きました。

Img_7443
Img_7441

お餅を頂いた後は、手次寺にお年始に出かけました。

Img_7442

お御堂の凜とした空気に触れると、新年に改まった感じがして来
ます。

Img_7444Img_7447_2

お参りの後、初詣に白山様へ回りました。周辺は押すな押すな
の混雑ブリです。新年の活気に溢れているようです。

Img_7450

先ずはお札を買ってと。

Img_7451

今年1年の健康と家内安全を祈願しました。

Img_7466

1月2日(木)くもり
実家に年始に出かけました。車で走ると田んぼに白鳥さんが餌漁
りをしている光景に出遭いました。冬の風物詩です。

Img_7463

お盆に載っている煮物は「漬け菜煮」です。これも冬限定の旬の食
べ物に違いありません。オイラはこの「漬け菜煮」が子供の頃から
大好物なのです。
タイ菜の塩漬けの美味しさとは醗酵食品の旨味でしょうか?お茶
受けに良し。酒の肴にも結構な一品だと思います。

Img_7464

残り飯に熱湯を注いで湯漬けにも良し。お茶漬けなら尚良し。姉
もオイラが好きなことを知っているので、鍋一杯に作って待ってい
てくれるってワケです。

Img_7461

(作り方)
タイ菜を漬け汁ごと鍋に入れ、水を足し塩出しして煮上がったら
火を止め1時間位冷まします。タイ菜を切って新しい水に一晩晒
します。
タイ菜の水気を切り、一口大に切り揃えて煮込みます。そこに、
打ち豆と味噌、酒粕、みりんと酒で味を調えて出来上がりです。

Img_7460

タイ菜はこの寒い時期、市(露天市)にもショピングセンターにも店
頭に並ぶようです。でも若い人向きじゃないから、売れ残ることが
多いみたいです。こんなに美味しいのに、食べず嫌いじゃないの
かな?

Img_7470

1月3日(金)晴れ
今日は久しぶりの晴れ日になったので弥彦神社に初詣に出かけ
ました。「参拝客県下随一」というとおり近郷近在から参拝客が押
し寄せるので、村内に数箇所ある大駐車場は満車状態です。

Img_7472

今年は雪がなくて結構な正月になりました。このまま春になって
くれれば恩の字ですが、そうは上手くいかんでしょうなー。

Img_7473

神社の境内に入ってすぐ右側に通称「重い軽いの石」の前に長い
行列が出来ていました。珍しいものに直ぐに乗る性質(たち)なの
で聞くと、今や弥彦で一番のパワースポットだそうです。

Img_7474

「ご利益ポイント 弥彦浪漫パワースポット(弥彦観光協会公式HP
より)
 火の玉石  まず願いごとをしっかりと心に思い描きます。
石を持ち上げて軽く感じれば「成就」、重ければ「むずかしい」。」

Img_7476

火の玉石っていうのですね。オイラは割とスイッと上がりました。
願いが叶ったのか、力任せに上げたから上がったのかよく判り
ません。確か、前の順番の人は何度試しても上がらなかった人
もいたみたいです。

Img_7482Img_7483

今年は馬年なので、ご利益に預かろうと「神馬舎」の前にも長い
行列が出来ていました。オイラも並びました。

Img_7485

Img_7488

神札を買って本殿に今年1年の健康と家内安全を祈願して来ま
した。

Img_7496

今年は山雪型といわれています。里には雪がなくて山にはどっさ
り積雪があるようです。高台に立つと、雪山が呼んでいる様に思
えてなりません。あぁ。早くワカン履いて山に行きたいなー。

(おわり)

 

|

« 年賀状(新年の挨拶) | トップページ | 登り初めは弥彦山(会山行・初詣登山) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

世界遺産の三保の松原越しに見る富士山ですね!おせち料理美味しそうですね、「漬け菜煮」初めて見ましたがお茶漬けが美味しそうですね。私はお寺の檀家護寺会の役員をやっているので元旦早朝からお寺で付届けの受付を行い、午後からは浅間神社へ和服を着て初詣としゃれ込みました。

静岡の岳人さん 新年早々のコメントありがとうございます。夏は霞んで見えなかったけど冬はくっきりで絵になりますね。流石名所です。今年は正月休みが長いので喰っちゃ寝でまた肥えそうです。(汗)「漬け菜煮」これは旨い郷土料理です。角さんも好物と聞きました。静岡の岳人さんは檀家世話役で年始の受付ですか。年初行事の大事な役どころですね。和服で初詣とは雰囲気出して決めましたね。(笑)

投稿: 静岡の岳人 | 2014年1月 4日 (土) 10時24分

しゃくなげいろさま
正月3が日有意義に過ごされ感服いたしました。
三男坊の小生、生粋の新潟人ではないので
お寺様へ行くでも無し、近くの神社の初詣でも
あまりの人混みでひきかえし・・
今年もどうやらいい加減な年を送りそう。

輝ジィ~ジ様 新年早々のコメントありがとうございます。お寺の年始はちらほらというのに神社の初詣客の多さは凄いですね。毎年のこことは云え、この落差には驚きます。実はオイラも正月は朝からお屠蘇気分で寝正月を決め込むのが一番と思うのですよ。(笑)

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年1月 4日 (土) 19時22分

今日から仕事始め!
ちと遅きに失していますが、明けましてオメデトウございます。
タイ菜のお茶漬け...ウーンナルホド
新津地域では一般的なんでしょうね。我が家の女房殿も良く作ります。我が家と言うより彼女の実家では「くき菜汁」と言うのですが。名前の由来はわかりません。でも「発酵食品」ですから同じですね。私も最初の頃はチト苦手でしたが、今は好きな味になりましたよ。今年も宜しくお願いします。

kazu1954さん 明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。今年は暦通りで長目の正月休みだったので、昨日の仕事始めは正直疲れました。(笑)タイ菜の煮菜は新津では「くき菜汁」って言うのですね。所変わればですね。また、その家々で家伝の味があるのでしょうね。

投稿: kazu1954 | 2014年1月 6日 (月) 14時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 年の始めの例(ためし)とて:

« 年賀状(新年の挨拶) | トップページ | 登り初めは弥彦山(会山行・初詣登山) »