« 眺望を楽しむ(笠掘の大山・会山行) | トップページ | 雪山景観を愉しむ(日白山・後編) »

2014年3月21日 (金)

雪景色に見惚れる(日白山・会山行)

Img_8432<拡大>
3月19日(水)くもり後晴れ
予報どおり晴れて青空が広がりました。これから
三角峰を経由して日白山に向かいます。

Img_8366

出発前のストレッチは大事です。鈍った体の筋を伸ばしてと…。

Img_8371

今日はスキー班とワカン組の2班に分かれて行動します。

Img_8372

3月になると雪質は締ってガチガチです。スキー隊もシール登高は
大変そうです。

Img_8373

スキー班とワカン組は今日のコースの起点となる二居峠を目指し
ているのです。

Img_8374

三国街道沿いの二居宿から北の二居峠に上り、東へ伸びる尾根
に取り付いて先ずは鉄塔を目指します。頭上に送電の大鉄塔が
姿を現しました。

Img_8375

二居峠の東屋までは遊歩道が整備されています。歩き始めから
青空が覗いて予報どおり晴れてくれそうです。ただ3月半ばにも
なると雪質がガチガチで歩き憎いったらありません。

Img_8377

送電線が見えます。コースは送電鉄塔が建つ東に伸びる尾根に
取り付きます。

Img_8380

鉄塔が近付いて来ました。広い尾根のように見えるのですが、右
に大きく張り出した雪庇を踏み抜かないように縁を歩かなければ
なりません。

Img_8381

ワカンの沈みは殆どありません。アイゼンの爪を効かせて歩きた
いくらいガチガチです。

Img_8383

大鉄塔に到着です。スキー班を待っている間にアイゼンに履き替
えました。何故って。実はこの先に細尾根通過の難所があるので
すよ。

Img_8384_2

スキー班も追いついたので、これから難所に向かいます。

Img_8386
(クリック拡大)
ここが難所です。標高1195点で右に大きく張り出した雪庇が現れ
ました。雪庇を避けて横腹の細い縁を伝って通過しなければなり
ません。右は雪庇、左は急斜面になって落ちている箇所を、おっか
なびっくり渡りました。

Img_8387

どうやら無事に通過できました。やれやれです。後続を待つ内に
ワカンに履き替えました。

Img_8391

でも履き替えない方がよかったかな?右高、左低で固雪の登高は
ワカンのツメが滑って歩きづらいのですよ。

Img_8395 Img_8396
(上・下クリック拡大)
そんなことをひとりごちている内に、何時に間にかダケカンバの
林に突入しました。霧氷が素晴らしくきれいです。気分がスカっと
晴れてしまいました。

Img_8397
(クリック拡大)
モノトーンの別世界に迷い込んだような。ステキ地帯なのです。

Img_8398

根明けというにはまだ早いかしら。でももう3月半ばですからね。

Img_8400

そろそろ東谷山(ひがしやさん)の山頂に着く頃です。

Img_8402 Img_8403
(クリック拡大)
「山頂に到着ー!ここで軽く昼食を摂ってスキー班を待つー。」
とリーダーさんの指示が出ました。出発してから丁度3時間経ちま
した。皆さんいいぺーすです。

Img_8410

先ずはザックを下ろしてシートを敷いてと。それからおもむろに
熱いコーヒーを一杯いただきましょうか。

Img_8416
(クリック拡大)
前方南に見えるのは平標山と仙ノ倉山ですね。徐々に雲が晴れ
て稜線が顔を出して来ました。

Img_8405
(クリック拡大)
じゃぁ。ちょっとズームしてみましょうか。うーむ。見えて来ました。
流石に山容がデカいから見応えがあります。

Img_8413
(クリック拡大)
西方向は信越国境の山々です。雲が晴れれば苗場山も見える
かも。尾根上の黒い点はスキー班が追いついたかな?

Img_8417

間もなく、スキー隊が続々到着です。お疲れさーん。ではワカン組
は入れ替わりに出発です。

Img_8420

東谷山の東面は雪質が柔らかくてワカンの踵のバックステップ
がよく効きました。下りは爽快です。

Img_8421
(クリック拡大)
枝先についた霧氷がきれいでしょ。

Img_8426 Img_8424
(クリック拡大)
1519mピーク附近はなだらかでルンルン気分の稜線歩きが続
きます。

Img_8422_2

振り返ると東谷山も遠く離れてしまいました。

Img_8425
(クリック拡大)
さっきまで雲に隠れていた信越国境の山々も予報どおり晴れて
姿を現しました。右の特徴的な山容は苗場山ですね。

Img_8433

日白山の前衛の1590m峰に取り付きました。急斜面です。

Img_8434

途中に霧氷にデコレーションされた木が1本立っていました。
きれいです。

Img_8435
(クリック拡大)
1590mの三角峰に立ちました。雲にかすれた日白山がおぼろに
霞んでいます。なかなか絵になる眺めです。では一旦下ったら最
後の上りをぼちぼち行ってみましょうか。

Img_8436
(クリック拡大)
途中で後ろを振り返って見ました。三角峰が下に見えます。真ん
中奥に見えるのが東谷山です。随分登ってきたなー。ってフーっ
て息をついた途端、右足太ももの裏側がピリっと来たのです。
ケイレンです。

Img_8441
(クリック拡大) タカマタギ山に続く稜線
こりゃあ。右に出たなら左も来るな。なんて思っていたら案の定
来ましたね。オーバーワークかな?冷えたかな?
ま。どっちもってとこかな。

Img_8442

と、ひとりごちていたら、「ユー!ダイエット!」って上から声が懸か
りました。顔を上げたらリーダーがニコニコ笑って立っていました。
山頂に到着です。イェーイ!着いたぞー。

後半の続きは、このあとで。

(前編 おわり)


|

« 眺望を楽しむ(笠掘の大山・会山行) | トップページ | 雪山景観を愉しむ(日白山・後編) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

しゃくなげいろさま
こんばんわ
日白山、昨年Tちゃんに声を掛けられ、行ってきました。
苗場、平標がとても素晴らしかった。
昨年は今年より積雪が多かったので歩き易かった。
近年 関東からの登山者が多いようですね。
尤も、もう暫くすると鉄塔付近は藪が出るので
今年はもう終わりですね。

輝ジィ~ジ様 おはようございます。訪問感謝です。輝ジィ~ジ様の昨年のレポ検索して拝見しました。残雪と展望の素晴らしい山ですね。久しぶりに高い山に登ったので3日後に筋肉痛が出て、今、悲鳴をあげています。(笑)

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年3月21日 (金) 22時09分

おはようございます。貴兄のようなタフな方でも、けいれんは襲ってくるのですね?あれは実に嫌ですよねー。なので、筋トレではハムストリングスを重点的に鍛えているんですが(笑)素晴らしい青空が垣間見えますね!
その日は、国境のトンネルを向けて、東京出張でした。それにしても東京のラーメンは不味いですな~。適当に八重洲口から続く地下街の札幌ラーメンの店が適度な込み具合だったんで、入って塩ラーメン680円をいただいたのですが、しょっぱくて水のお替りが必要でした。周りの方々は、有難そうに食しておられましたが(笑)

kazu1954さん おはようございます。この日は登る前から何となく予感があったのです。体は正直ですね。68番飲んでなんとか持ちました。(汗)東京八重洲口の札幌ラーメンですか。いいなー。東京辺りは美味しいものが溢れてるんでしょうね。亀田駅前の札幌ラーメン特にみそバターがイケますネ。しょっぱくて水のお替りが必要な程ですが。(笑)

投稿: kazu1954 | 2014年3月22日 (土) 09時53分

「日白山」、参加したかったのですが 「角田山三角点巡り」 があり断念しました。
毎年この三角点巡りからその年度の山歩きが始まる感じで私のつまらない拘りの一つなのです。(笑)
「日白山」晴れて素晴らしい景色が見られて良かったですね♪ しゃくなげいろさんのレポで私まで、登った気にさせてもらっています。 (*^_^*) 
FUKU様 おはようございます。お立ち寄り感謝です。「角田山三角点巡り」 が同じ日でしたね。恒例のスタート山行ですからね。オイラも行きたかったですが、ちょっとだけ「日白山」の興味が勝った感じです。(笑)天気が良くて春山景色がバッチリ見られてラッキーでした。

投稿: FUKU | 2014年3月22日 (土) 10時35分

こんにちは。
今年はワカン歩行が多かったようですね。私は何度もワカンを持って山に登りましたが、使ったのは会山行松平山の一回きりでした。そのときは山頂まで行きましたのでよかったのですが、今年のワカン歩行ももう終わりでしょうね。今年は雪が少なかったものね。来年に期待しましょう。

越後の寅次郎様 おはようございます。訪問ありがとうございます。ラッセル体験は笠掘の大山くらいで、アイゼン歩行の方が合うと思える程、今年は小雪でしたね。もうこれからは雪が締ってワカンも終わりでしょうか。中級山岳の春山シーズン到来ですね。ラーメン食べて体力つけて、また出かけたいですね。(笑)

投稿: 越後の寅次郎 | 2014年3月22日 (土) 16時48分

また晴天で雪山日和ですね、スキーとワカンを比べると登りはやはりワカンの方が速いですね!太腿が攣りましたか、オーバーワークと冷えたせいでしょうね。私も先週、箱根の山に登りましたが珍しく雪がありました。

静岡の岳人さん おはようございます。今年の関東圏は雪が多いですね。一度積もると寒いから解けないのでしょうかね。雪を被った山の景色は素晴らしいですね。昔スキー登山全盛の時代もあったようですが、雪山は体力要りますね。難儀な登攀と引き換えの景観と思えば納得です。鍛えてまた出かけたいと思います。(笑)

投稿: 静岡の岳人 | 2014年3月22日 (土) 18時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雪景色に見惚れる(日白山・会山行):

« 眺望を楽しむ(笠掘の大山・会山行) | トップページ | 雪山景観を愉しむ(日白山・後編) »