« ご開帳を拝観する(西山日光寺・会山行) | トップページ | ヒメサユリを見に行く(下田・高城) »

2014年5月22日 (木)

ワラビ摘みに興じる

Img_9768<拡大>
5月11日(日)腫れ
今年はワラビの出がいいようです。太くて柔らかそー
なわらびがニョキニョキです。

Img_9757

タカでしょうか。上空で旋回を繰り返してしています。獲物を探し
ているようです。

Img_9758

山の朝は清々しいです。イタドリの丈もぐんぐん伸び出して来ま
した。

Img_9759Img_9760

この時期の山は時間の速度が一段加速するような錯覚を覚えま
すね。若芽の成長が速いのです。1週間前に頭だけちょっと覗か
せていたゼンマイの穂がもう30cmも伸びているのですから。

Img_9762 Img_9761

今年は全体に出が早いように感じます。

Img_9763_2
Img_9764
(クリック拡大)
ウドを見つけました。まだ白い産毛がついている若芽です。根元
が赤い柔らかい部分を味噌をつけて食すのは結構イケますね。

Img_9765

フキの若い葉が斜面を覆っています。萌黄色がきれいなです。

Img_9767
(クリック拡大)
ホントは今日はゼンマイ採りに来たのですが、ワラビがいっぱい出
ているのを見つけたので、ワラビ摘みに切り替えました。

Img_9776_2
(クリック拡大)
周囲の山も雪が消えて緑一色になりました。正に「山滴る」です。

Img_9778

高台から見下ろすとエメラルドグリーンに照り映える阿賀野川の流
れは一幅の絵ですね。

Img_9780

結構採れました。これから後始末が待っています。

Img_9784 Img_9785

穂の部分は取り除きます。寸を揃えて一塊に区分けしたら、容器
に入れます。

Img_9786 Img_9787

灰汁出しの重曹を丹念にまぶします。

Img_9789

ワラビ全体が没するほどに、ひたひたに、ぐらぐらの熱湯を上から
注いで出来上がりです。

Img_9790

フタをして一晩置けば、明日の朝の食膳に新鮮なワラビのおひ
たしが頂けるって寸法です。

Img_9770

今日から小国(山形県)の観光ワラビ園が解禁と聞きました。例
年だと山菜採りの〆は玉川のワラビ園と決めていたののです。
去年のレポは⇒こちら
今年は沢山採れたので、この辺で打ち止めにします。

Img_9742

後始末を済ませて、らっくりした所で、午後久しぶりにシガータイ
ムを楽しんだのでした。っていうのは、本棚を整理していたら、本
の下積みになって片隅からヒュミドールが出てきたのです。開け
てみたら空っぽの筈だった箱の隅にロメオ・イ・フリエタが1本隠
れていたのです。 

Img_9744

もう5年も忘れていたのです。友人に勧められて始めたシガーにも
夢中になったことがありましたっけ。

Img_9745

“芳醇馥郁たる”って言葉のとおり、芳しいいい香りがするのです。
口中に広がる紫煙を肺に入れてはイケません。口中で煙を廻して
味わうのです。

Img_9747
鼻から出してもいけません。口で吸って静かに口から吐き出す
のです。これはコロナ(サイズ)。“チャーチル”って言う18cm
もある長ものもあります。長い燃焼の時間をかけてゆっくり味わう
レアものです。

Img_9748

燃焼のバランスが大事なのです。バランスよく燃焼して灰が引力
で自然に落下する瞬間まで見届けるのです。燃焼ムラができるよ
うじゃ上手な吸い方とは言えません。

Img_9749

シガーをやっている最中は“至福の時”って人はよく言いますね。
脳がリラックスしていろんな思いが湧きあがるようです。

Img_9750_2

シガーに合わせるとしたら、お酒は何がいいと思いますか?いろ
いろ試したけど、ラムが一番かな。シガーもラムも暑い国の産物
だから、きっと相性がいいのでしょうね。

Img_9751

灰を一折りしました。第2段階突入です。燃焼が進んで手元が少
々熱くなってきました。熱くなると辛くなるのです。最初のマッタリ感
から現実に引き戻されるのですね。体も徐々に反応して来ました。

Img_9752

若い頃は何ともなかったのに、この頃は体の負担を感じます。
1日1本吸うのがヤッとなのです。シガーは体力が要るのです。

Img_9753

至福の1時間も気がつけば、もう終盤です。

Img_9754

思いがけず、家捜しして出てきた1本で夢を見させてもらいました。
でも、もう会うことはないでしょう。

今日は予想外の収穫だったワラビに気をよくし、思いがけず見つ
けたたシガーを吸えて予想外の楽しい日になりました。

(おわり)

|

« ご開帳を拝観する(西山日光寺・会山行) | トップページ | ヒメサユリを見に行く(下田・高城) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

山菜あれこれ・・・
良いですね~~
私は食べる専門で、採るのは得てではないし、時間もないし、食卓に上がった姿しか知らないので、ダメなのです。
今度、調理済みを下さい(~_~;)

noritan様 おはようございます。山菜は食べる愉しみですが、やっぱり採る愉しみかなぁ。でも後始末が億劫で…って人、多いけど、やってみると、結構面白いんです。noritan様は何にでも手際がいいから、チャカチャカーってやって終わりますよ。きっと。(笑)

投稿: noritan | 2014年5月23日 (金) 07時10分

美味しそうなワラビの収穫が大で、私まで嬉しくニコニコです。 (*^_^*)
収穫の後始末終了のシガー、それはそれは至福のひとときだったことでしょう。
きっと神様からの? ご褒美ですね♪ 

FUKU様 おはようございます。訪問感謝です。山の中でわらびを見つけた時の感動っていいものですよね。今年は思いがけない所に太くて柔らかそーなのがニョキニョキ出ていました。自然の摂理ってよくわかりませんね。断シャリっていわれて本棚掃除をしていたら、一本出てきたのです。取って置きだったのですよ。残り物には福があるのですね。(笑)旨かったですー。

投稿: FUKU | 2014年5月23日 (金) 12時12分

確かに阿賀野川の流れは絵になってますねえ。!!
この2~3日の寒さからは想像できないくらいの好天ですね。隣のコメリさんからは、灯油販売のお客様がお待ちですという店内コールが聞こえますよ。
どうなってるんでしょうかねー?この天候は?

kazu1954さん おはようございます。「山笑う」から「山滴る」季節に変わっていい陽気になりました。おにぎり頬ばって山の上で寝転がって日がなボーっとしてたいくらいですね。でもここのところ寒いですよね。確かに朝晩はストーブがほしいと思いますね。どうなっちゃったんでしょうか。kazuさんみたく鍛えておかないとすぐダウンしそーです。(笑)

投稿: kazu1954 | 2014年5月23日 (金) 16時20分

しゃくなげいろさま
大収穫ですね。
たまにはお誘いいただきたいものです。(笑)
後始末も自分でやるとは御見それいたします。
シガーまで・・幅広くて感服の至り。

輝ジィ~ジ様 お立ち寄り感謝です。山菜も出てれば採る、採れば後始末に追われ、どうもいつもの行き当たりバッタリの性格が出て困り物です。(笑)シガーも以前はやったのですが、今は体力がなくなって、もうとても吸えません。あれが最後の一本でした。ロメオ・イ・フリエタ(ロミオとジュリエット)っていう銘柄なのですが、なかなかいい味出してましたね。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年5月24日 (土) 05時39分

「山滴る」新緑の良い季節になりましたね!今年もワラビが大収穫ですね。ウィスキーを飲みながら葉巻を吸えばもっとカッコ良いですね!私はタバコを吸わないので全く解りませんが!!

静岡の岳人さん おはようございます。今日は少し蒸しますね。さっき畑仕事をしてたら汗が噴出してかないません。「山滴る」ですが汗も滴る季節ですね。(笑)スコッチと合いますね。アイラよりかスペイサイドのほうがいけるみたいです。ウーロン茶もいいですね。シガーの香りを引き立てるのがいいかもです。静岡の岳人さんもモルト大好きでしたね。

投稿: 静岡の岳人 | 2014年5月25日 (日) 10時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ワラビ摘みに興じる:

« ご開帳を拝観する(西山日光寺・会山行) | トップページ | ヒメサユリを見に行く(下田・高城) »