« 句碑を巡る(高野素十と亀田郷の俳人のこと) | トップページ | 双六岳登頂と下山行(下見2日目) »

2014年8月 5日 (火)

双六岳に登る(下見山行・1日目)

Img_1161_2<拡大>
8月2日(土)くもり時々晴れ  鏡平山荘から槍ケ岳を望みます
今朝は4時起きをしてマイカーで新穂高口から鏡平山荘
(標高2300m)を目指しました。

Img_1035

4:50関越道・巻潟東ICで仲間と合流です。今朝も暑くなりそう
です。

Img_1036

北陸道・有磯海(ありそうみ)SAでソフトクリームをオーダーしまし
た。SA内の公園でゆっくり舐めよう思ったのに、かぶりつこうとし
た途端にボトリと落っことしちゃいました。暑いから融けが速いの
です。嗚呼モッタイナイ。

Img_1037

富山ICからR41で神岡の道の駅でトイレ休憩をしました。時間は
9:20を回ったところです。4:30に出発して既に5時間です。一
般道経由は結構長い道程です。

Img_1038

今日は本番のスケジュールを忠実にナゾッテみようと思います。
R471に乗ったら西穂の山稜が見える所まで来ました。時計は
9:50を回りました。現地は雲が多目の天気です。

Img_1039

蒲田トンネルに入りました。到着はもう直ぐでしょう。カーナビの目
的地を新穂高ロープウェーにセットしたので、一応奥まで行ってみ
ることにします。

Img_1040

案の定、鍋平の第2駐車場を指示されたので戻って来たところで
す。この分岐を左に入って行けば駐車場に行けるはずです。

Img_1041Img_1042

無料駐車場だと思っていたら、1日300円也。1泊2日だから2枚
払いました。歩き出しは既に10:25を回りました。標高1000m
の高原でも今日の蒸し暑さは変わりませんね。

Img_1044

登山口まで歩くと40分くらいは掛かるというので、ロープェーを1
駅乗って下ることにします。

Img_1047
Img_1058
Img_1059

鍋平駅に着いたら、下り専用駅というのが別に在って、乗るまでに
結構歩るかなければいけません。

Img_1061Img_1064_2

結局、下のロープウェー駅に降りるのに40分は掛かった計算
です。

Img_1065

改札口で駅員さんに登山口はどっち?って聞いたら「そこを右へ
廻って橋を渡って、渡って、渡ってーー。」と初めて来た者には実
に分かりにくいことー。

Img_1067Img_1069

11:10漸く登山口のゲートに辿り着きました。登山届を提出した
ら出発です。この判りにくさを下見に着た訳なので半分目的達成
かなー。

Img_1079

炎天の林道を1時間半も歩くのって結構シンドイです。「お助け風」
って書いてありますね。冷蔵庫のクーラーみたいで、これがとって
も爽快でした。

Img_1080

前に立つと吸い寄せられて、もうじっとして足が動きませんね。で
も夕方までに鏡平に着かないとですから、そうゆっくりはしていら
れません。

Img_1097Img_1100
Img_1103

名物「そうめん」はうまいぞー!って会の人に聞いてきたのです。
名物って聞けば、頂かない手はありませんよねー。

Img_1104

旨いそうめんを腹一杯流し込んだら、早々に出発しましょ。ワサビ
平山荘には30分休憩しました。

Img_1106

12:55の出発になりました。林道歩きはもう30分です。ブナ林の
木陰も出て来ました。ブナ林はいつも疲れた気持ちを癒してくれ
ます。

Img_1107

下抜戸沢から押し出す雪渓が涼気を運んで来てくれました。雪解
け後にウドとフキノトウが顔を出しています。

Img_1117

奥丸山に行く林道を右に分けて、ここから小池新道が始まります。
ワサビ平を出て約25分の林道歩きも終わりです。鏡平まであと
3.5時間だから5時には到着できる計算ですね。

Img_1123
Img_1124
(クリック拡大)
左俣谷を右に見下ろして、抜戸岳と大ノマ岳の東面を、沢を横切
りながら登っていくのです。樹林の中を縫って登る岩石累々の道
は風を通さないので暑いのですよ。

Img_1126Img_1127
(クリック拡大)
只々、黙々と我慢の上りが続きます。秩父沢で1本入れましょ。

Img_1140

もう午後4:00を回りました。出だしから5時間約1000mを上って
来ました。まあ、いいペースです。でも、暑いしヨレヨレです。5万
分の1地図にある大ノマ乗越への破線は今は廃道のようです。
標高差300mですから、もうひと頑張りするとしますかー。

Img_1143

小屋は近いぞ!って声を励ましても、もう、中々足が出なくなりま
した。嗚呼。シンド。

Img_1148

ホントかいな?って気分です。もう踏ん張りが効きません。

Img_1154

っと、そんなことを思っていたら、人の話し声が聞こえて、ひょっこ
りと池の縁に出ました。あー!着いたー。かな?

Img_1155
(クリック拡大)
16:55鏡平山荘到着です。なかなか雰囲気あっていい所じゃな
いですか。今日の登高時間6時間30分。飲んだ水は2.5ℓ着い
てみれば、皆まだ余裕シャクシャクですね。

Img_1163

着いたら先ずすることは?今日の宿泊申込と本番山行の宿泊予
約です。相部屋で布団3枚に4人が寝ることになりました。夏山シ
ーズン真っ盛りですから、混雑は想定内ですがね。

Img_1159

予約が済めば、次にやることは、コレでしょう。先ずは乾杯~!
プハー!旨い~。

Img_1164

今時の山小屋ってきれいだし、食事も良くて実に快適ですね。

Img_1165

食後の団欒。これがまた、いいのですね。山の仲間って有難いも
のです。消灯の9時までゆっくりと会話を愉しんだことは言うまで
もありません。

第一日目の夜はこうしてゆっくりと更けて行ったのでした。明日は
晴れるかなー?

(おわり)

|

« 句碑を巡る(高野素十と亀田郷の俳人のこと) | トップページ | 双六岳登頂と下山行(下見2日目) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

あ~ぁ、双六岳 登りたかったなぁ~♪
ゴメンナサイ。 お天気には勝てないのに、羨ましくて~ 愚痴ってしまいました。
二日目、双六岳からの槍や穂高、素晴らしいかったことでしょう。
次回二日目を、早く見てみたいで~す。 (*^_^*)

FUKU様 おはようございます。コメント感謝です。FUKU様は山行本番に応募頂いたのに中止ですみません。当日は台風襲来で悪天候予報なのです。沢沿いの雨中の登高は辛いものがありますからね。中止にしたのです。「泣く子とお天道様には勝てない」がよく判りました。2日目のレポをアップしたらご覧下さい。

投稿: FUKU | 2014年8月 5日 (火) 21時26分

やはり下の無料駐車場は満車でしたか、シーズン中の土日は混みますね。夜立ちで行っても一杯の時が有りますから!鏡平山荘前の池に逆さ槍ヶ岳が映りませんでしたか?天気が良ければ最高です!

静岡の岳人さん おはようございます。静岡の岳人さんから事前に聞いた情報が大いに役立ちました。鍋平は山一つが駐車場みたいにデカイですね。あれだけの登山者が来て全て収まっちゃうんだから。遅着の鏡平は小雨でした。モヤ~っと暖かくて夕方、外のベンチで虫を手で払いながらビール飲んでました。槍ヶ岳は晩飯の7時頃からかな、見え始めて槍見酒が旨かったです。(笑)逆さ槍は残念ながら。

投稿: 静岡の岳人 | 2014年8月 6日 (水) 07時14分

しゃくなげいろさま
費用も出ないのに下見ご苦労様です。
勿論?小生も鏡平で泊まったことが有りますが、
イマイチ変化が無くて面白くない道と言う
記憶が残っています。(失礼)
但し2日目からは気持ちの良い稜線漫歩で魅力が有ります。
夕日に移る逆さ劔の写真撮りませんでした?

輝ジィ~ジ様 おはようございます。コメント多謝です。今回は自分の足と車で確認できたことが良かったです。鏡平までの上りは確かに地味ですね。小雨が揚ったのが暮れてからなので、逆さ槍は拝めませんでした。弓折の稜線は花が多いですね。不人気の双六岳と対面が果たせて、それなりにいい山行でした。(笑)

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年8月 6日 (水) 10時31分

本番、中止でガッカリしている人が多いでしょうね。

双六岳は通過地点、って感じで歩きました。
黒部五郎岳とか鷲羽岳とか水晶岳とか行った遠い日を思い出します。
いつか又、皆を連れて行けますヨ!!

noritan様 おはようございます。コメント感謝です。そうですね。双六岳は通過点ですからね。でも「残り物には福がある」です。縦走路から外れているので、いつも静かで好きな山です。途中まで晴れて鷲羽、水晶がよく見えたのに、山頂に着いた途端に濃いガスで黒部五郎は掻き消えてしまいました。また来年出直したいと思います。

投稿: noritan | 2014年8月 7日 (木) 05時03分

しゃくなげいろ様
こんばんは

新穂高温泉から双六岳方面のお山
北アルプスの中で登ってみたい候補の筆頭です。そこから槍にも登って見たい。
でも、新潟からだと非常に遠いのですよね
松本経由とどっちが良いか迷っています。
富山経由だと一般道が長いようですし、松本経由だと山越えが大変そうですし。
時間、距離、高速料金‥‥?
続きのアップ楽しみです(^O^)

朝日ライナー様 おはようございます。お立ち寄りありがとうございます。新穂高口から笠、双六岳はたおやかな峰で好きな山です。岩稜の槍穂高とは違った良さがありますよね。山小屋で同宿で、西鎌を通って槍に登るという人も多かったみたいです。道はしっかりしているし小屋はきれいだし、どっちへ回るにしても安心ですね。新潟からのアプローチは松本経由の方がちょっと近いようです。交通量が多いので流れに乗れば問題なく着けるのでいいかもですね。是非お出かけ下さい。

投稿: 朝日ライナー | 2014年8月 7日 (木) 21時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 双六岳に登る(下見山行・1日目):

« 句碑を巡る(高野素十と亀田郷の俳人のこと) | トップページ | 双六岳登頂と下山行(下見2日目) »