« 双六岳登頂と下山行(下見2日目) | トップページ | キツネノカミソリパトロール(角田山・浦浜) »

2014年8月11日 (月)

双六岳花紀行

109<拡大>
ミヤマトリカブトと槍ヶ岳の取り合わせです。
弓折稜線・2622m峰附近から撮りました。

Img_1055

オオバギボウシ(大葉擬宝珠)  鍋平ロープウェー駅附近
 昼酒や空透かし見る花擬宝珠    石南

Img_1071Img_1073
(クリック拡大)
オカトラノオ(岡虎の尾) 上り始めの標高は1100mくらいです。

Img_1074
(クリック拡大)
ガクアジサイの蕾です。開花する前はまん丸で可愛いですね。

Img_1078
(クリック拡大)
葉っぱに留まっているのはシャク蛾の仲間かな?

Img_1081

  風穴の前去りがたき炎暑かな    石南

林道を歩き始めて30分真夏の谷間は暑いですね。今日は風がな
くて蒸します。風穴の前に差し掛かりました。ここだけ別天地です。

Img_1083
(クリック拡大) ミヤマセンキュウ(深山川芎) セリ科

Img_1084
(クリック拡大)ミヤマシシウド (深山猪独活) セリ科

Img_1087
(クリック拡大) トリアシショウマ(鳥足升麻) ユキノシタ科

Img_1092
(クリック拡大)
見上げると穴毛谷の奥壁でしょうか?
 崖に立つ吾に真向かふ雲の峰    石南

Img_1096
(クリック拡大)
ヒヨドリバナとモンシロチョウ
片陰の風あるところ探すなり   石南

Img_1110
(クリック拡大) ソバナ(岨菜)   キキョウ科
岨(そば)だった崖に生え若菜は山菜になるのが名前の由来のよう
です。

Img_1111

下抜戸沢の大堰堤の下を通過しました。この辺りは雪崩の多発地
帯です。2001.12.30には記録に残る大雪崩が発生しました。

Img_1119
(クリック拡大) クガイソウ(九蓋草)  ゴマノハグサ科 長い総状
花序が特徴的ですね。  小池新道入口附近

Img_1122
(クリック拡大) ウツボグサ(靫草)  シソ科

Img_1129Img_1131
(クリック拡大) ゴゼンタチバナ(御前橘)  ミズキ科

Img_1136
(クリック拡大)モミジカラマツ(紅葉唐松)葉っぱが紅葉みたい。

Img_1139
(クリック拡大)オオバミゾホウズキ(大葉溝酸漿)
標高は2000mを超えました。

Img_1142Img_1144
(クリック拡大) オオレイジンソウ(大伶人草)  キンポウゲ科
トリカブト属 草丈は50cm~100cm。伶人とは雅楽を演奏する
人のこと。花の形が伶人の被りものに似ていることに由来する
そうです。草丈が大きいので目を引きますね。

Img_1146
(クリック拡大)  キヌガサソウ(衣笠草) ユリ科
開花時の白から淡紅色になり更に淡緑色に変わります。

Img_1150
(クリック拡大) コイワカガミ(小岩鏡)  イワウメ科 鏡平の入口
附近の岩場に群生していました。

Img_1153
Img_1152_2
(クリック拡大) ミツバオウレン(三葉黄蓮)  キンポウゲ科
池が出てきたから、、間もなく鏡平に到着です。

014_2
(クリック拡大) ツマトリソウ(褄取草)  サクラソウ科
 (上)・ゴゼンタチバナ(下)・ツマトリソウ

016
(クリック拡大) シナノオトギリ(信濃弟切)

019
(クリック拡大) エゾシオガマ(蝦夷塩竃)  ゴマノハグサ科
森林限界を超えました。特徴的な白花が目を引きます。

037031
(クリック拡大) チングルマ(稚児車)  バラ科
弓折岳下まで登って来ました。東斜面に大群落がありました。
 山ひとつ緑となりて五月雨るる    石南

051
(クリック拡大) タチフウロ(立風露)  フウロソウ科
茎が直立しています。

057064
(クリック拡大)シナノキンバイ(信濃金梅)

065
(クリック拡大)ハクサンフウロ(白山風露)  フウロソウ科

066
(クリック拡大) ハクサンチドリ(白山千鳥)  ラン科

070
(クリック拡大)ミヤマダイモンジソウ(深山大文字草)ユキノシタ科

059
(クリック拡大)
 夏霧やつばさのごとく槍隠し      石南

080_2 
(クリック拡大)ウサギギク(兎菊) キク科

086
(クリック拡大)ハクサンイチゲ(白山一花)  キンポウゲ科

092
(クリック拡大)ミヤマリンドウ(深山竜胆)  リンドウ科102
(クリック拡大)
 沙参にも槍にも夏の霧ながれ     石南

117 
(クリック拡大)ハクサンシャクナゲ(白山石楠花)  ツツジ科

133139_2
(クリック拡大)  ミヤマダイコンソウ(深山大根草) バラ科 岩
場に咲いていました。

140

それで本番はどうだったかですって?実は下山してから1週間後
台風11号の襲来で山は大荒れ予報が出たので敢なく中止となり
ました。

また来年の楽しみに取っておこうと思います。

(おわり)

|

« 双六岳登頂と下山行(下見2日目) | トップページ | キツネノカミソリパトロール(角田山・浦浜) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

しゃくなげいろさま
相変わらずの花に関しても博識有るレポで
敬服の至りです。
槍の風情が見事です。
小生 このコース、経験1度だけ。
歩ける内にもう一度行ければ・・・

ところで石南は俳号? 

輝ジィ~ジ様 おはようございます。コメントありがとうございます。弓折稜線は聞きしに勝る花の多さですね。「コースタイムじゃ着かないよ。」っていった仲間の言葉の意味が判りました。オイラも来年再訪したいですね。俳号です。シャクナゲは石楠花ですが、半人前なので「楠」より木が一本足りない「南」にしてみました。(笑)

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年8月11日 (月) 17時06分

「夏霧やつばさのごとく槍隠し」。 お見事!で~す。
素晴らしい景観に出会われましたね。 そして沢山の花々・・・ ますます来年への期待が膨らみます。 来年 行けるかなぁ~ 
来年のことを言うと鬼が笑いますね。 (*^_^*) 

FUKU様 おはようございます。コメント感謝です。槍ヶ岳は何処っから見ても絵になる山ですね。双六岳は途中登りが長く、きついけれど、稜線に出ると花いっぱいなところは飯豊山に似てるなぁって思いました。折角登ったのだからもう1泊足してゆっくりと来年再訪したいですね。一緒に行きませんか。     

投稿: FUKU | 2014年8月12日 (火) 10時37分

エーまた本番の山行は中止ですか残念!下見の時は天気でホントに下見男ですね、ご苦労さん!来年の八ケ岳と双六岳山行を楽しみにして下さい。俳句と写真のコラボ実に良いですね、お見事!

静岡の岳人さん おはようございます。2回とも本番中止で今年は雨男になってしまいました。きれいな花や景色を見て吟行すると素直な気持ちで句が出ますね。(笑)静岡の岳人さんが全快したら、来年雲ノ平辺りに連れてってくれませんか。

投稿: 静岡の岳人 | 2014年8月13日 (水) 07時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 双六岳花紀行:

« 双六岳登頂と下山行(下見2日目) | トップページ | キツネノカミソリパトロール(角田山・浦浜) »