« 連休の山歩き(下見行・疣岩山) | トップページ | 紅葉に見惚れる(会山行・三国岳) »

2014年9月27日 (土)

米山に登る(会・清掃登山)

Img_1771<拡大>
9月24(水)くもり
今日は清掃登山と自然保護について語り合おうと
米山(柏崎市)に登りました。台風接近で蒸しますね。

Img_1720_2

会山行というと遠足気分でルンルンなのですが、今日はボランテ
ィアに参加している自覚でちょっとヤル気十分です。山では清掃登
山、車中は会議にとメニューは盛りだくさんです。

Img_1721

会には自然保護部があります。会山行とは別に日程を組んで県
内の人気登山道のごみ拾いとパトロールを実施しているのです。
熟年者の登山が定着した今、登る山は登山者の手で保護管理を
をしようというと例年実施しているのですよ。

Img_1724_2

今回も当初、実施が県外に予定されてたって聞いて、アレ?って。
でも、米山に変更になってよかったと思っているのです。地元密着
、地元還元が原則でしょうからね。

Img_1725Img_1728

今の時期はツリフネソウ(吊舟草)とキツリフネのが林の裾に群生
して目を楽しませてくれますね。オイラはこの花が好きです。

Img_1741

今日は大平口から登ります。東に谷根口(たんね)と西に水野口
がありますが、今回は北陸道から一番近い真ん中の大平登山口
から取り付きます。

Img_1753

大平口は急坂に階段が整備されているのです。でも実は階段上り
って体力を消耗するのですよね。朝から結構なアルバイトを強いら
れました。

Img_1727
イヌタデ(犬蓼) 「赤のまんま」は秋の季語です

Img_1732
キバナアキギリ
秋の花花がいっぱい咲いてて気が紛れます。

Img_1740
(クリック拡大) トウキ(当帰)
米山名産のトウキは婦人病に優れた薬効がある生薬として人気
があって、地元の婦人達の行商はよく売れたそうです。

Img_1757

急坂を登り上がって着いた広場(650m峰)に懸かっていた標識
です。「平」は「ひら」と読むのかな?先日登った疣岩新道の松平
峠は「まつだいら」ではなく、「マツヒラ」じゃないかって気になって
いたのです。

Img_1761Img_1762

今はどの辺り?地図では丁度半分来た辺りかな?

Img_1767Img_1770

兎に角最後までずーっと、急な階段上りが続きます。結構体力使
うのですよね。出だしの標高が237mで山頂が992mですから
標高差755mをほぼ一気に上る感じですかね。

Img_1768
(クリック拡大)
でも一息ついて周りを眺めるとブナの美林が広がって、癒されま
すね。いいところです。

Img_1737
(クリック拡大) ツチカブリ

Img_1760
(クリック拡大) ドクベニタケ

Img_1811
(クリック拡大) ナラタケモドキ
ナラタケに似ていますが鍔がありません。ブナ林にはキノコが結
構出ています。

Img_1776
ヤマブドウ
山葡萄も実を着けて来ましたね。熟すまで、もう直ぐです。

Img_1774

「しらば」跡です。米山は信仰の山ですから明治時代になって解禁
されるまでは、女人禁制だったのです。大平のほかに谷根コース
と水野口にも「しらば」があって結界が張られていたのですね。

Img_1779Img_1785

間もなく山頂小屋に到着しました。登り上がると右が山頂小屋で、
左に薬師堂が建っています。

Img_1781

先ずは薬師堂にお参りしましょう。

Img_1783
(クリック拡大)
次に三角点にタッチしてと…。

Img_1784_2

それじゃ、小屋に入ってお待ちかねのランチにしましょ。

Img_1791

小屋の中は10畳ほどもある板張りで、2階もあって快適です。お
弁当を広げたら、持ち寄りの自慢のおかずが次々の回って来ま
す。ランチはこれがあるから、楽しみなのですよ。

Img_1793Img_1795

少しずつお貰いをしていたら、もうこんなに食べ切れません。

Img_1796

ランチを愉しんだら、ゆっくり時間をかけて来年度の自然保護活動
の会議を山頂小屋で話し合う筈だったのです。でも台風接近情報
で間もなく雨足がここにも届きそうなのです。

Img_1797
(クリック拡大)
下山仕度をして山頂に立ちました。蒸してボヤーっとして日本海が
霞んでいました。早々に下山します。

Img_1807
Img_1812

階段上りで相当難儀したのに、下山は楽チンで快適です。

Img_1816Img_1820
(クリック拡大)
650m峰の広場まで下ってきたら、そこでクツワムシを見つけま
した。「♪ガチャガチャ・ガチャガチャくつわ虫。秋の夜長を鳴き通
す~」のあれですね。馬の轡がガチャガチャなる音に鳴声を譬え
て名前がついたようです。秋の季語にもなっています。

Img_1827_2

おつかれ様でした。運よくっていうか雨にも遭わず下りてこられま
した。ところでゴミ収集は如何なったかですって?

Img_1759

全体的にきれいで登山道にゴミは落ちていませんね。

Img_1777Img_1786

でもよーく探せば、ホレこんなんも。残雪期に登山者がポイ捨てし
たビールの空き缶が雪解け後地中に埋もれていたのかもですね。
お互い気をつけたいものです。

Img_1826

下山したら終わりではありません。今日のミッションはまだ続きま
す。早く下りた分、バス内に席を移して来年度の活動方針を喧々
諤々と討議をするのです。

Img_1828
(クリック拡大)
でも今日参加者は皆、紳士淑女たち、互いを知り合った山仲間で
す。そんな討議を戦わせなくても、蝶が花の蜜を吸うようにリーダ
ーを信じて来年もついていくからと、満場一致の拍手で会議は静
かに進行したのでした。

Img_1764

会議の後は、恒例の打ち上げ会となりました。皆と和気藹々と飲
む昼酒は旨いねー。

(おわり)

|

« 連休の山歩き(下見行・疣岩山) | トップページ | 紅葉に見惚れる(会山行・三国岳) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

自然保護活動、清掃登山とても良い事ですね!我が山の会も12月に地元の山で清掃登山を毎年やります、やはり登山道にはゴミ一つ無く綺麗なものです!米山は花もあり登山道は整備され避難小屋も立派なものですね!

静岡の岳人さん こんにちは。今日は汗ばむ陽気となりましたね。各地の山は紅葉見物の登山客で溢れたことでしょうね。登山道はきれいでゴミがないのです。公共道徳の美徳が生かされているってのは気持ちがいいですね。米山は日本三大薬師の一つで、原三角測点(日本に3つしか残っていないうちの一つ)が米山薬師堂の前にあるのです。今度一度おいで下さい。

投稿: 静岡の岳人 | 2014年9月27日 (土) 13時30分

しゃくなげいろさま
お疲れ様でした。
不良会員の小生は敢えて遠慮しています。
やる気満々で会の発展間違い無しでね。

輝ジィ~ジ様 こんにちは。コメント多謝です。
会の自然保護部会は活躍していますね。地味な作業をコツコツ継続するって大事なことだと思うのです。小生もその辺のところをもう少し倣ってやってみたいと思いますね。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年9月27日 (土) 21時24分

しゃくなげいろさま
原三角点、現存する全国三カ所の三角点ですね。

輝ジィ~ジ様 こんにちは。コメントありがとうございます。原三角測點がありました。形が角錐なので存在感ありますね。刻字が内務省地理局 明治15年を見ると映画「点の記」のシーンを思い出して迫るものがありました。米山はやはり、名山ですね。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年9月27日 (土) 21時26分

自然保護活動の清掃登山、お疲れさまでした。
私も参加したかったのですが来客予定があって断念しました。善男善女の集まりで雨も逸れてくれて良かったですね♪
米山は何回か登っているのですが、原三角点のこと知りませんでした。 一つ賢くなりました~ (*^_^*)

FUKU様 おはようございます。コメント感謝です。下りたと同時にパラっと来たのです。今年は雨についていますね。(笑)この日は蒸しました。二ノ字の広場に大型のクツワムシを見つけました。こんな日だから草むらから出てきたのでしょうか。いつも声だけで本物を見るのは初めてです。雨の山もいろんな発見があって面白いかもですね。原三角測点は立派で存在感ありました。現在の三角点と補点がまた別に近くにあるのです。コレにタッチする為に県外から来る人もいると聞きました。

投稿: FUKU | 2014年9月29日 (月) 09時41分

清掃登山、お疲れ様でした。
色んな活動をやるのですね。
頭が下がります。
私は27~28日、快晴の中、娘夫婦と
唐松岳に登ってきました。1日目、丸山ケルンの辺りから霧が迫ってきて、山荘到着後予定していた頂上は明日にしてなんてワインに興じていたら御嶽山のニュースが!!驚きました。前回の爆発の時は松本に居ましたので灰が降ってきたことを思い出しました。
翌日は本当の日本晴れ!!唐松岳から観える全ての山がご来光と共に見る事が出来ました
槍も妙高も八ヶ岳の脇に富士山も!でも隣接する五竜岳の姿に神々しさを感じました。
下山時は真っ盛りの紅葉の中!!
いずれにしろ満足の山旅でした

kazu1954さん おはようございます。土日は北ア唐松岳でしたか。山はお天気次第。快晴とはうらやましい。今頃は紅葉と山波がきれいでしょうね。<五竜岳の姿に神々しさを感じましたーオイラも行きたかったなぁ。今月初めに五竜岳行が雨で中止にならなければ。(笑)上に立てばぐるっと大パノラマの御岳山も見えますものね。御岳山のことは痛ましい事故でした。

投稿: kazu1954 | 2014年9月29日 (月) 16時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米山に登る(会・清掃登山):

« 連休の山歩き(下見行・疣岩山) | トップページ | 紅葉に見惚れる(会山行・三国岳) »