« 弥彦山新年登山(会山行) | トップページ | 雪の多宝山に登る(大滝小屋コース) »

2015年1月18日 (日)

寒に入る

049<拡大>
1月11日(日)雪時々晴れ
仕事始めから1週間出社したら漸くペースが戻
ったところで、今日角田山に出かけて来ました。

017

1月10日(土)雪時々晴れ
前日の土曜日は実家に年始に行きました。姉から「煮菜が出来て
いるからおいでー。」とメールが入りました。煮菜に釣られたと言
う訳で…。
燗酒と煮菜の味わひ寒四郎

029

歳時記では1月6日頃が「寒の入り」とあります。寒の入りから4
日目(1/10)が「寒四郎」で寒九は九日目(1/14)ですね。

020018

1月11日(日)雪
明日は俳句同人の初句会です。いいネタを仕入れようと一人吟行
に角田山に登りました。宮前口からスタートします。先ずは45m
の三角点からです。辺りは伐採が進んでいました。

023

山の会友YM女史に遭遇して途中まで一緒でしたが、鳥之子神明
社に初参りするので別れました。

031

山頂の一角に着きました。積雪は1mくらい、吹雪になりました。

033034

「こんにちはー。」若者の元気な声が返って来ました。でも次に続
く言葉が…。広東語圏のように聴こえます。ツアーでしょうか?
角田山もメジャーになったものです。でも雪山にズックとは。

035

今日はガスって観音堂前広場から蒲原平野は見えません。

036

どこかの山岳会の新年会だったのでしょか。撤収の様です。

037

小屋に入ってゆっくりランチにしようと思ったのに…。ドアを開けた
ら超満員です。中に陣取ったグループの煙たそうな表情が見て取
れたので、長居は無用と諦めました。

038

外で震えながらパンをかじって、早々に下ることにしました。往き
は良いよい帰りは恐い。着雪した細尾根の激下りが待っているの
で、持ってきた6本爪を履くことにしました。

040

上りは何とか登れるのです。でも下りは恐いですねー。ごうごう
と木々を鳴らす風音に混じって海鳴りが聴こえてきました。
海鳴りの小峯越へ来る冬木立

045
(クリック拡大)
一気に浜まで下って来ました。冬海の波のうねりは魅力的です。
震えながら、ちょっと見入ってしまいました。
冬涛の立ち上がる時待ちにけり

049_2
052

下山したら、ここに寄ろうと思っていました。涼蔵のマスターから聞
かされて渡辺画伯の版画絵を見に来たのです。ファンになって30
年来の名人です。展示作品の中にオイラのコレクションと同じもの
を見つけました。薪ストーブの榾火に温まってすするコーヒーの味
わいは格別ですね。

032
(クリック拡大)
越前浜から程近い上堰潟に寄って見ることにしました。鴨の生態
を写生してみたいと思ったのです。
鴨あまた水尾重なりて漂へり
水尾を曳き横一列に鴨進む
渡り鴨点々と浮き漂へり

033_2
(クリック拡大)
渡り来し鴨着水の荒々し
蘆原を渡る風来て鴨立てリ

011

1月12日(月・祝)雪後晴れ
今日は俳句同人の初句会です。自由題5句は昨日の一人吟行で
準備万端整えて集合場所に出向いた筈でしたが…。
「これから吟行して5句提出します。締め切りは1時半ですよ。」

003

あのー。句会は自由題5句提出ではなかったのですか?と恐る恐
る先輩に聞いたのですー。
「毎年恒例で初句会は吟行して投句する慣らいですよ。」
あー。なるほど…。早くも大番狂わせです。どうしよう。

004

嗚呼どうしよう如何し様。昨日仕入れておいた鴨の句は
使えません。今10時半ですから後2時間で5句ひねらないと…。

005

白山公園の梅園で行ったり来たり、ウロウロしていたら、片手に手
帳とえんぴつで探梅行の様子のご婦人方とスライドしました。

003_2

あのー。貴女方も今日の初句会に…?
「そうよ。あなたも。早く詠まないと間に合わないわよ。」

014

あー。そうですよね。もう腹をくくってやるしかないですよね。って
訳で先ず向かった先は三師句碑です。三師とは高浜虚子、高野
素十、中田みづほ師の句碑が白山公園内にあるのです。もう、
見たものズバリそのまま行くことにしました。
三師句碑詣で願いを新たにす
三師句碑ゆかりの園に梅探る
探梅やくぐり抜けたる大鳥居
探梅の行き着く先の三師句碑

004_2

お焚き上げ顔ほてらせつ初詣
猿檻にふくら雀の群れてをり
賽銭の五円玉もち初詣
願い事控えめにして初詣

009

白山公園を後にして通りに点在する先師の句碑を巡り句会場に
向かったのです。今日の句会場はイタリア軒です。

013

参加者は60名。会員は皆さん30年の大ベテランばかりです。

012

清記用紙に5句を清記します。5句×60人=300句を選句する
のですから、ゆっくりも、うかうかもしていられません。

005_2

石南投句 (5句)
・お焚き上げ顔ほてらせつ初詣
・猿檻にふくら雀の群れてをり
・遠会釈交わして投句初句会
・三師句碑詣で願いを新たにす
・三師句碑ゆかりの園に梅探る

002

石南選句 (5句)
・医書俳書仏書雑然去年今年
・俳恩と師恩尊し去年今年
・日の差して薄氷動く神の池
・初夢の七福神に師も居りし
・初春の碧き手水を汲みにけり

014_2

点盛りで取ってもらった句です。
3点句 ・遠会釈交わして投句初句会
2点句 ・お焚き上げ顔ほてらせつ初詣
1点句 ・三師句碑ゆかりの園に梅探る

001

最後に主宰者からの選評を頂きました。主宰者の選句です。
・猿檻にふくら雀の群れてをり
「よく写生しているけれど、“檻”では猿がかわいそう。猿小舎くら
いの表現がいいよ。」

あー。なるほどですね。素十先生の句詠みの底流にはいつも弱
者へのいたわりの心情が流れていたのでしたね。

006

1月13日(火)雪後くもり
昨日に続き俳句同好会の初句会です。午後1時が句会開始なの
で、腹拵えに先日某TV局で放映されたお店に行って見ました。
辛みそが効いていて中々の味でした。

007

今時のラーメンは進化していますね。みそらーめん一つとっても
店独自の味があるのですから。

019

石南投句 (5句)
・鴨あまた水尾重なりて漂へり
・渡り来し鴨着水の荒々し
・嶺からの蒲原はるか初山河
・小春日や薄刃のごとく波立てリ
・海鳴りの嶺越へて来る冬木立

025

石南選句 (5句)
・淑気満つ板の間竹生島謡ふ
・大根のさくり包丁瑞々し
・柚子風呂の香り纏ひて睡りけり
・皿小鉢棚に納めて三日かな
・水滴をぶるると払ひ寒鴉

026

点盛りで取ってもらった句です。
2点句 ・海鳴りの嶺越へて来る冬木立
      小春日や薄刃のごとく波立てリ
1点句 ・渡り来し鴨着水の荒々し
     ・嶺からの蒲原はるか初山河    

027

最後に指導者から選評を貰いました。指導者の選句です

・鴨あまた水尾重なりて漂へり
「水尾重なりてがいいね。」
・渡り来し鴨着水荒々し
「助詞の使い方をもう一度見直しなさい。鴨の着水としたほうが
よい。鴨着水のでは説明的になるからね。」

・嶺からの蒲原平野初山河
「蒲原遥か⇒蒲原平野としたほうがよい。」
・海鳴りの嶺越へ来る冬木立
「嶺⇒小嶺。嶺は高すぎる。小嶺にすれば具体性が増すよ。」

小春日や薄刃のごとく波立てリ(選外)
「小春日」は秋の季語。過ぎたものを詠むのは新潟弁でいえば
目臭い(めぐせぇ)。旬のものを詠むようにしなさい。「寒晴れ」
ならわかる。」

あー。なるほどですね。ご指導ありがとうございました。

005
(クリック拡大)
1月14日(水)晴れ
今日は寒の入りから数えて9日目「寒九」です。寒九に降る雨は豊
作をもたらす慈雨だそうですが、今日に限って晴れました。久々の
青空を見ると気分まで晴れ晴れしますね。菅名岳では寒九の水汲
みが行われる日です。

寒晴れや今青照りの日本海
寒晴るる海境のあを船通ふ

028

新年登山も初句会も新潟ジャズストリートも過ぎました。後は万端
春を待つだけです。
♪春よ来いー。早ーやく来い。

(おわり)

|

« 弥彦山新年登山(会山行) | トップページ | 雪の多宝山に登る(大滝小屋コース) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

吟行は寒い中、大変でしょうけど、一番腕が試されるところですね。
素晴らしい句が冴えてますね~~
私の脳はすっかり「俳句」という言葉を失ったようです。
17日は仕事日で、退社後は荒天となりジャズはパスして本屋により、詩集など求め、静かに帰宅でした。

notitan様 おはようございます。お立ち寄りコメント感謝です。吟行は〆切り時間が気になるし、いつもより真剣になりますね。初めは無知ゆえあれもこれもと齧りましたが、周りが見え始めたら先師の句に学び、自分の言葉で詠む地道な積み重ねが大事と思い始めています。notitan様も気分が変わったらまた戻ってきて下さい。17日は会報の原稿を印刷所に出した足で、一軒ジャズを覗いて、直ぐ帰って来ました。人混みに疲れちゃって。歳ですねー(笑)

投稿: notitan | 2015年1月18日 (日) 17時46分

しゃくなげいろさま
俳句は歳時記を見る機会が多いので、
日本古来の季語に関する語彙が増えるので
頭の体操になりますね。

角田で中華系のハイカーとスライド?
一寸\(◎o◎)/!
山頂健養亭にはお昼頃または、土日を避けて
居ます。(閑人だから)

(浜つばき)昨日17日寄りました。渡辺さんの
版画を楽しんでオーナーと1時間以上山談義を
してきました。

要らぬことですがラーメン食べ過ぎ(回数が多い)
身体の為には程々が宜しいかと・・

輝ジィ~ジ様 おはようございます。いつもありがとうございます。俳句始めたら四六時中俳句漬けなので退屈しなくなりました。
最近街で広東語をよく耳にしますが、角田山上で聞くとはびっくりです。彼らはパワフルですね。浜つばきの薪暖炉は暖かで快適でした。珈琲とケーキを頂いてマッタリ気分になりました。癒しスポットですね。最近ラーメン食べ過ぎ気味ですよね。ご忠告ありがとうございます。(笑)

投稿: 輝ジィ~ジ | 2015年1月18日 (日) 18時04分

正月早々から俳句を捻って頭を使いましたね、ボケ防止には良いですね!石南の句も段々良く成って来ましたよ、だいぶ進歩の跡が見えますね!しかし指導者の選評は見事です的を得ていますね、今後も精進して下さい。

静岡の岳人さん おはようございます。宙をにらんで指折り数える姿を人が見たら、きっとボケてんじゃ?って思うのではないかな。(笑)静岡の岳人さんに褒められると励みになります。最近はすっかり、どっぷり深みに嵌ってしまいました。指導者は御年90歳のお医者さんでお坊さんなのですよ。オイラの老後の目標です。

投稿: 静岡の岳人 | 2015年1月19日 (月) 09時00分

おはようございます。猿檻にふくら雀の群れてをり  は、私としては、情景が良く分かります。小学校の低学年の頃からよく行って遊んでいましたから!!
昨日は女房と久しぶりに万代に行って、ラブラ~ラブラ2~伊勢丹と4時間も巡っていました。どこもそこそこの人出でした。
腹ごしらえに共進軒のワンタンメンをいただきました。だみ声のばあさんの作るラーメンは湯切りがアバウトで女房のラーメンと私のワンタンメンではスープの塩加減が違う辺りがご愛嬌でしたが(笑)

kazu1954さん おはようございます。kazuさん
は新潟の町っ子でしたね。白山様の猿檻はオイラの子供の頃からずっとアノ場所にあるから癒されますね。ラブラに4時間ですか。もう一山登り終えた感じですね。共進軒のオバちゃんのだみ声を聴くと、何故だか元気が出ますよね。皆さん、あの声を聴きたくて暖簾をくぐるのじゃないですかね。(笑)

投稿: kazu1954 | 2015年1月19日 (月) 10時18分

今日は、久しぶりにデスクワークなので、昼休みにちょっと寄らせていただきました。いやはや、新年早々本当にパワフルですね(笑)多趣味で体力十分。確か先輩でしたよね!ずっと年下みたいです。私はとても真似できないので、時々寄らせていただいて、雰囲気だけ楽しませていただきます。今年もよろしくお願いします!

茨城の後輩様 おはようございます。お立ち寄りありがとうございます。こちらこそ今年も宜しくです。正月から炬燵ネコ状態が続いているので、体が鈍って々偶に山へでも出かけないと体力維持が出来ませんしね。痛し痒しです。(笑)

投稿: 茨城の後輩 | 2015年1月23日 (金) 12時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 寒に入る:

« 弥彦山新年登山(会山行) | トップページ | 雪の多宝山に登る(大滝小屋コース) »