« 雪の多宝山に登る(大滝小屋コース) | トップページ | 句会で修行中 »

2015年2月10日 (火)

笠峰で晴れる

041<拡大>
2月7日(土)晴れ
今日一日だけの晴れ予報です。稜線に立てば
無風快晴で絶好の山日和になりました。

004

朝から晴れて清々しい気分でスタートしました。山田はすっかり雪
に埋まって雪原を歩くようです。

006
(クリック拡大)
ここが笠峰の入口です。「中越幹線」は鉄塔巡視路の表示です。
新潟の低山ハイクには鉄塔保守道をよく利用させてもらっていま
す。でも今は雪の下ですがね。

007

朝のうちは外気温が下がっているのでサクサク快調に登ります。

008

雪山ハイクの魅力は何てったって雪のラッセルですかねー。

011
015

トップが入れ替わりに交代してラッセルするのです。登るにつれて
雪が深くなってきました。今度はオイラの番です。真っさらの雪の
上に踏み跡を残して行くのって気分いいです。

013

根を詰めてラッセルを続けて、ふと左を見たら鉄塔が見えました。
丁度行程の半分くらいまで上ってきたようです。それじゃトップを
交代しましょうか。

014_2
017

杉林を抜けたら、急斜面に出ました。登り甲斐がありそうです。

018

トップの元気につられてぐんぐん高度を稼ぎます。

019

どうやら稜線の主尾根に乗ったようです。

022

指差す先に笠峰がちょっぴり姿を見せたようですね。(指先に元
気がない?中央奥、丸い峰です。わかりますか。)

024
025

稜線に乗ったら木立の間隔が開いて歩きやすくなってきました。

026
(クリック拡大)
右は宝蔵山。宝蔵の左の肩にちょっとだけ白山が頭を出してい
ます。今日はよく晴れて山がとってもきれいです。

033
035
(クリック拡大)
雪質がサラサラのパウダーに変わってきました。気持ちいいー。

040
(クリック拡大)
お疲れー。山頂到着でーす。

055
(クリック拡大)
笠峰は粟ケ岳から宝蔵山、白山へと北進する主脈が途中から西
へ派生させる稜線上に聳える484mの三角点ピークです。2万
5千地図には山名は記されていませんが。

045

麓の集落から眺めた山容が笠を広げた様に見えるのです。集落
からのアプローチが短いので人気があります。オイラも好きな山
のひとつですね。

048

仲間達は銘々好きな方向を向いてランチタイムを楽しんでいるよう
です。マイナーな山ですが、今日はオイラたちだけの貸切です。

042_2
(クリック拡大)
宝蔵山もオイラの好きな山の一つです。標高は897mと高くはな
いのですが、左右に根を張ってどっしり構えた山容がいかにも「山」
って感じでいいじゃないですか。「宝蔵」の名前も魅力的です。

047

みんなが宝蔵山の方を向いているので、オイラは反対の粟ケ岳を
真正面に見ながら、お弁当を広げました。

043
044
046
(クリック拡大)
上 守門岳(中央奥) 大分霞んでるけど見えますかー?
中 拡大すれば特徴的な袴腰山が真ん中に見えますね。
下 川内山塊の盟主「粟ケ岳」はやっぱり絵になります。

053

今日の山頂は無風快晴。(ちょっと雲が出始めましたかね)でも、
貸切ですから気分はサイコーです。

064

いつまでも、ゆっくり昼寝でもしたいくらいの陽気なのですが所詮は
雪の上、そうはゆっくりしていられません。大展望に別れを告げて
元の場所に戻ってきました。

Photo
(クリック拡大)

歩いた軌跡(GPS) 歩程4:30

国土地理院背景地図等データ利用許諾番号2011-005号

今日は偶の休みに好天のおまけまでついて、いい山行ができま
した。お天道様と仲間に感謝です。

(おわり)

|

« 雪の多宝山に登る(大滝小屋コース) | トップページ | 句会で修行中 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

しゃくなげいろさま
7日はお天気が良くていい日に恵まれた会山行に
なったようですね。
笠峰は行ったことが無いのですが、猿毛小屋の
まことさんや他の方のブログなどで気になっていました。
折りが有れば何時の日か案内願えれば幸甚です。

輝ジィ~ジ様 おはようございます。いつもありがとうございます。この日は晴れて山日和になりました。猿毛小屋に行く日吉橋を通り過ぎると間もなく上高柳集落に着きますが。集落から鉄塔の建つズングリ丸い山が見えます。それが笠峰です。アプローチが短いので直ぐです。西側から取り付くと緩斜面なのでスノーシューの練習には恰好の山だと思います。今度是非どうぞ。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2015年2月10日 (火) 10時54分

輪カンでラッセルお疲れ様でした!雪山ならではの醍醐味ですね、静岡の里山では味わえないものです。7日~8日上高地にスノーシューに行き、雪の中6時間も歩きました。あいにく曇り雪で穂高岳が見えなかったです。

静岡の岳人さん こんにちは。この日だけ晴れたのですよ。こっちが晴れるとそっちは天気悪いのですよね。上高地のスノーシューイング、穂高が見えなくて残念でしたね。でもふわふわの雪の感触を6時間も堪能されたようでよかったですね。3月になると雪も固くなるので今のうちですかね、楽しめるのは。(笑)

投稿: 静岡の岳人 | 2015年2月10日 (火) 12時13分

輝く銀世界に拡がる青空!!
絵になりますね~
観ているだけで楽しくなります。

kazu1954さん こんにちは。このところずっと悪天候で出られなかったのでアップを怠けていましたが、今回は偶の晴れ間にドンピシャはまってくれました。雪山は晴れるときれいですね。同じような写真を撮りまくってしまいました。(笑)

投稿: kazu1954 | 2015年2月10日 (火) 14時52分

 今冬はいい天気に恵まれる確率は低いのですが、絶好の会山行日和になりましたね。りーダーのお人柄か、はたまた参加者の精進がいいのか。
 新雪を踏んで歩く醍醐味、何事にも代えがたい小気味よさと後続からは信頼の眼差し、いい山行が出来てなによりでした。

山いろいろ様 こんにちは。お立ち寄りありがとうございます。今回は上手く晴れにはまってくれました。やはり山のベテランリーダーがいてくれると気持ちの上でゆとりが出きて楽しいものですね。足も揃って快適なラッセルが楽しめました。

投稿: 山いろいろ | 2015年2月10日 (火) 15時42分

まぁ~♪ 踏み跡のない新雪をワカンで歩く心地良さ、最高ですね~!
皆さん、いいワカン歩行の訓練が出来て喜んでおられることでしょう。 私も参加したかったです。
青空の雪の上で、仲間と食べる昼食 羨ましいで~す♪ 

FUKU様 こんにちは。お立ち寄りありがとうございます。FUKU様の五頭山もこっちも晴れて、ぽかぽかでいい山歩きが出来ました。五頭山はメジャーですがマイナー山は誰も来ないので貸切で、それも良かったです。次回も晴れてくれることを願っています。(笑)

投稿: FUKU | 2015年2月10日 (火) 22時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 笠峰で晴れる:

« 雪の多宝山に登る(大滝小屋コース) | トップページ | 句会で修行中 »