« 春蘭を見に行く(樋曽山) | トップページ | 春雨にぬれて弥彦山(会山行) »

2015年4月 8日 (水)

いよいよやっと春本番

004_2<拡大>
3月29日(日)くもり
庭にジョウビタキが姿を見せました。お腹の赤茶色
と頭の銀色が特徴です。ずんぐりムックリして愛ら
しいでしょ。朝からほっこり気分になれました。

005
(クリック)
ぴょこんとおじぎをして尾を震わせて辺りをうかがっています。畑
の土起しをすると、決まって飛んで来きて周囲を飛びまわるので
す。あんまり人を恐がらないみたいです。

006
(クリック)
お目当ては土中の虫かな。
土起す家庭菜園三月尽

007
(クリック)
椿の蜜を吸い梅の花を啄ばんだかと思ったら、畑のブロッコリー
をつついて何処かへ飛んで行ってしまいました。ジョウビタキが姿
を見せたら、いよいよ春本番でしょうか。

009
(クリック)
3月31日(火)晴れ
今日で3月も終わりです。季語では「三月尽。弥生尽」です。逃げ
る2月に去る3月とはよく云ったものです。

010

白山公園の猿小屋の雰囲気も何処となく春めいて感じられます。

013
016

梅林を歩めば、紅白の梅も遅速咲き揃って馥郁とした香りが漂よ
います。

022

4月4日(土)晴れ
1週間前に土起こしをしておいた畑にジャガイモを植えました。

023

畝幅70cm真ん中に一条溝を掘って種いもを置いていきます。種
いもの間に堆肥をおいてと…
肥を使ひ薯植うるべしねんごろに

024025

土を被せたら黒マルチで覆いました。

029

午後、図書館に本を返しに行ったついでに足を延ばして信濃川縁
を河口まで歩いてみました。そよ吹く春風に当たりながらベンチで
頂くワンカップが旨いのです。

032
034

ユリカモメが一羽やってきました。北帰行ももう直ぐでしょう。

040

ほろ酔い加減にぶらぶら歩いて、河口の突端まで来ました。

041

このタワーには見覚えが…。沈埋トンネルのみなとタワーでした。

053

折角通りかかったので旨い珈琲を頂いていくことにします。

045_2

ここのご主人は相当なオーディオマニアのようです。今流れてる
のは、オイラの好きなモンクの「ラウンド・ミッドナイト」ですね。

051052
(クリック)
窓外の目の前を大きなカーフェリーが横切っていきました。雰囲
気出てますねー。

056
(クリック)
7階の展望タワーに上ってみました。春の怒涛が荒々しいです。

062
063
(クリック)
ジェットフォイルが入港してきました。見ている間に通り過ぎてしま
いました。佐渡はいよいか住み良いかってね。もうちょっと暖かく
なったら佐渡の山へ出かけてみようかな。
ジャズも聴き句も案じをり春の昼

067

タワーを降りて水戸教公園まで歩いて来ました。昔ここにパイロッ
トの施設があったそうです。
「江戸時代、水戸という言葉には港・河口という意味がありました。
新潟ではその水先案内人のことを“水戸を教える人”=水戸教と
呼んだのです。」(水戸教公園の由来)


070
(クリック)
公園のベンチに腰掛けて海の方を眺めていました。すると防波堤
に当たって波しぶきが上がりました。その高さに驚いてずーっと
眺めていたら缶ビールをもう1本空けてしまいました。

081

酔い冷ましに西海岸公園から四ツ屋町の坂を下りて下町(しもまち
)を歩いてみることに…。

084

「願いをかなえる「こんこん様」この参道の左右にある狐の石像は
明治の初め出雲の国の廻船問屋が越後の国から米を購入する
為め新潟港に入港したその時乗って来た空船の錘(おもり)に出
雲石を積載したこれを狐像につくり当社に奉納された。(中略) 」
(開運稲荷神社社務所)


087
(クリック)
小山の坂を上って行くと「水戸教発祥地」の柱が立っていました。
昔パイロットの櫓がこの山の上に設置されていたものでしょうか。

094

山上には住吉神社がありました。独立峰なのでいい眺めです。

090
(クリック)
山頂から飯豊連峰がよく見えました。

097

新潟の下町(しもまち)には古き良き新潟風情が残っていました。
002

4月5日(日)雨
昨日の晴天と打って変わって今朝から雨になりました。今日は山
の会の春の集中登山なのです。参加者127名が5コースに分か
れて弥彦山頂を目指します。

005

春雨の降る日の登山もまたよき哉です。

027
(クリック拡大) ミチノクエンゴサク
雨滴を被ったみずみずしい花たちに遭えるのですから。

この続きは後ほど。

(おわり)

|

« 春蘭を見に行く(樋曽山) | トップページ | 春雨にぬれて弥彦山(会山行) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

充実の土曜日でしたね。とても真似できません(笑)馥郁とはこの字なんですね!?
初めて見ました(笑)博学!!!
水戸教の由来も初めてわかりました。
新興宗教的なのかななんて思っていたものですから!!

kazu1954さん おはようございます。今はまだジャガイモくらいしか植えるのがないから畑は楽ですね。今、白山様の梅林はいい香りが漂っているのですよ。でも花冷えとはいえ、この所ちょっと変ですよね。寒過ぎです。水戸教は確かに新興宗教的な響きがありますよね。新潟港の古い歴史の一こまだったと判りました。歩いてみると発見があって面白いですね。

投稿: kazu1954 | 2015年4月 8日 (水) 09時54分

しゃくなげいろさま
相変わらず充実の日々まことに結構なことかと・・・
お庭にジョウビタキとか、我が家は10日ほど前から
鶯が遊ぶに来て上手に鳴いていました。
近頃は来なくなったけど。
それにしても良く歩けますねぇ~

輝ジィ~ジ様 おはようございます。いつも有難うございます。日頃怠けているので、天気になるとあれも、これもで大変なのです。うぐいすの声は耳を澄まして聴きたいステキさがありますよね。日曜の午後はワンカップ持って歩く楽しみがあるのですよ。(笑)

投稿: 輝ジィ~ジ | 2015年4月 8日 (水) 13時51分

しゃくなげいろ様の心地よい流暢な調子で綴られるレポート。 まるでいっしょに歩いているような錯覚に陥ります。
「防波堤に当たって波しぶきが上がる その高さに驚いて、ずーっと眺めていたら缶ビールをもう1本空けてしまいました。」に、思わずニコッ!と、笑みがこぼれました~ (*^_^*)

FUKU様 おはようございます。お立ち寄りありがとうございます。西港の防波堤に打ちつける波の高さは尋常じゃない位に高く噴き上がるのですよ。映画のワンシーンを観るみたいに感動して缶ビールを空けてしまいました。(笑)


投稿: FUKU | 2015年4月 8日 (水) 21時45分

古町の一番下手は、私の産まれて、10歳まで住んでいた懐かしい処です。
モンクのラウンドミッドナイトは私もCD持っています。
偶には、こうした散歩して珈琲飲んで、ジャズに浸りたいですね~~

noritan様 おはようございます。コメント感謝です。入船営業所を過ぎ、角を曲がってブラブラ歩いて「入船うどん」に入ったのです。暗い室内でみんな静かにジャズを聴いているのです。一昔前のジャズ喫茶の雰囲気を感じさせてくれるステキな所でした。お勧めです。(笑)

投稿: noritan | 2015年4月 9日 (木) 06時14分

ジャガイモ植えお疲れ様でした、我が家は2月末に植え終わりました。私は普通に土をかけただけですがマルチ農法のメリットは雑草が生えない、地熱が高くなるなどですか?他には何かメリットありますか?教えて下さい。

静岡の岳人さん おはようございます。2月末にもう。静岡は暖かいのですね。マルチはおっしゃるとおり雑草対策と熱殺菌作用ですね。オイラは植えれば植え放しの不精ですからマルチに負んぶに抱っこなのですよ。他のメリット?判りません。(笑)

投稿: 静岡の岳人 | 2015年4月 9日 (木) 07時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いよいよやっと春本番:

« 春蘭を見に行く(樋曽山) | トップページ | 春雨にぬれて弥彦山(会山行) »