« 梨の受粉体験記 | トップページ | 山菜採りを楽しむ(GW) »

2015年5月 2日 (土)

春山に親しむ(二王子岳)

029<拡大>
4月29日(水・祝)晴れ
二王子岳にも春が到来して登山シーズンを迎え
ました。ブナの根開けと芽吹きが爽やかです。

002
(クリック)
「暖かくなったし何処か出かけない?」とモモさんから声を掛けられ
ました。年末に忘年登山に大蔵岳へ出かけて以来です。
その時のレポは⇒こちら

005

「じゃぁ、一岳先輩も誘って二王子岳辺り如何?」「あーいいね。」
といつもの3人で二王子神社に来たという訳なのです。

006
(クリック) 赤こごみですね。
ホントはオイラは南俣集落から姫田川沿いに太鼓橋を渡って神社
の境内へ上ることを提案したのですが、2人がいい返事をしないの
で大人しく考えを引っ込めたのでした。

007

赤コゴメが沢山出ています。でも神域で山菜採りとは大胆な…。

013
(クリック)  アズマイチゲが咲いていました。
「この3ヶ月の間体調がすぐれなくてね。」と一岳先輩。「今日は大
分良いから、運試しに出て来たのだよ。」


009

実はオイラも10日前に食当たりして、下痢が続いて体重が3キロ
減になったのです。減量までは良かったけど、それを境に踏ん張
りが利かなくなっちゃって…。

010
(クリック)
元気なのはモモさんだけのようです。

011
(クリック)
「じゃぁ、今日は頑張らずに春山に親しむってぐらいでね。行ける
所までってことにしない?」「
それ、いいね。いいね。」という話でス
タートしたのでした。

018

2合目の神子岩の手前辺りから雪が出始めました。今日は無風快
晴で暑くなりそうです。

019

神子岩が見えれば水場は直ぐです。芽吹きがきれいです。

021
(クリック)
水場(標高500m)に着きました。「きついから、ここから先は自分
のペースで登るよ。」
君らは先に行け。と一岳先輩がいいます。

024

「山頂で12時まで待って届かなければ、下山したと思ってくれ。」
というので、モモさんと2人で登ることになりました。

026

登山口の二王子神社が標高300mですから、避難小屋のある3
合目まで標高差420mのほぼ直登がこのコースで一番きついの
ですがね。

027030
(クリック)
ブナの芽吹きです。ステキな空間に入り込んだ感じです。

031

まだたっぷりの残雪量です。

033
(クリック)
急斜面を登り上がった先に建つポールが目に入りました。5合目
独標(定高山じょうこうさん・994.4m)の最初のポールです。

036_2

独標で6本爪を履きました。これから下の鴨池と上の鴨池に上が
るのに急斜面の雪壁が待っています。

037
(クリック)
下の鴨池のピーク(1100m)に上ると左手に朝日連峰が霞んで
遠望出来ました。大分雪山らしくなって来ました。

039

下から続々と登山者が上って来ます。地元の山岳会のパーティ
ーは飯豊山へ縦走するようです。連泊の大荷物です。

043

手前の斜面を上れば上の鴨池の峰(1202m)です。大分上って
来ました。風は和みて日は暖かしー。

045

上の鴨池の峰(1202m)に立ちました。

048049
(クリック)
前方の壁が近付いて来ました。正面の油こぼしを70m直登すれ
ばもう山頂へは一投足の距離ですが…。

055

油こぼしを上がって出た所はお花畑辺りでしょうか。夏には高山植
物が一面に咲く花園になるのです。

056
(クリック)
三王子社のある1369m峰に来ました。
「ここいらでいいんじゃない。」
「うん。そうね。」

058

後50mも上れば山頂です。今日は天気がいいから皆山頂を目指
て、山頂は込んでるだろうね。

057
(クリック)
でも、ここは静かです。飯豊もいいけど、偶には蒜場山を真正面に
見ながらもいいかも。
「だよね。」
畳々と重畳の山春の夢

050
(クリック)
と早速シートを広げて大の字に寝転んだら…。あー気持ちいいー。
まさをなる空広ごりて春の風    

062

プッシュー!ップッハー!嗚呼旨いー!
もう早々にお弁当を広げて寛いでしまいました。

060

時の経つのは速いもの。お弁当を食べてしまえば、あとは下るだ
けです。一岳先輩のことも気懸りです。早々に下山します。

067
(クリック)
6本爪は脱ぐのが面倒だから履いたまま。油こぼしは尻セードで
と思ったものの午後の日差しに緩んでグサグサの雪にお尻が濡れ
るのも嫌なので止めました。

071
(クリック)
下りも急で結構長いので疲れます。

068069
(クリック)
日溜りの斜面にイワウチワが咲いていました。

072

独標のポールまで下って来ました。雪の高さは1メートル。大分雪
解けが進みました。

073074077
(クリック)
標高が500mを下るともう雪はありません。新緑がきれいです。
カタバミが咲いています。沢沿いには清滝羊歯が涼しそうです。
これから本格的な山菜採りシーズンが始まります。

080

無事下山しました。神社の境内で一岳先輩が待っていてくれまし
た。元気顔でよかった良かった。

079

階(きざはし)を上って無事下山できたことの御礼参りをしました。

今日は一日ゆっくり、ゆったり、のんびりと春山を満喫できました。

(おわり)

Photo
(クリック)
GPS軌跡
(国土地理院背景地図等データ利用許諾番号2011-005号)

|

« 梨の受粉体験記 | トップページ | 山菜採りを楽しむ(GW) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

春山登山まだ雪がたくさん有りますね!私は30日に伊豆の天城山(万二郎岳~万三郎岳)に登りました、山頂は山桜が咲いていました、石楠花、馬酔木の花はまだでした。3日は安倍奥の大光山に行きます。

静岡の岳人さん おはようございます。春の天城山ステキでしょうね。こちらも石楠花は未だだけど馬酔木は庭で花盛りです。おおぴっかりって名前面白いですね。オイラも行って見たいです。(笑)

投稿: 静岡の岳人 | 2015年5月 2日 (土) 18時40分

しゃくなげいろさま
今頃は山から下山してイッパイでしょうか.?
僅か1週間で随分と様変わりで!(◎_◎;)
私は矢張り雪がタップリ残っている方が好みです〜。
アヅマイチゲ、葉から判断するにキクザキイチゲかと
思いますが。

輝ジィ~ジ様 いつもありがとうございます。
どんな山でも雪を被ると風格が違いますよね。この日もすんなり山頂を目指せばいいものを手前の峰で済ましてしまいました。(笑)アヅマイチゲとキクザキイチゲの違い。おっしゃる通りだと思います。何か勢いで書いてしまいました。ご指摘ありがとうございます。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2015年5月 3日 (日) 19時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春山に親しむ(二王子岳):

« 梨の受粉体験記 | トップページ | 山菜採りを楽しむ(GW) »