« 権現山に登る(会山行) | トップページ | 笹だんごを作る »

2015年6月16日 (火)

風谷山は険し(会山行)

066<拡大>
6月7日(日)晴れ
朝から急登を稼いでいます。ここは東山連峰(長岡市)
の一角。風谷山を目指します。

006

「風谷山は天平年中(729-49)に泰澄が開闢し、彼が薬師如来
を作ってこの山に安置したと伝えている」(中略)


007_2

「天平8年(736)泰澄が米山に逗留したとき、薬師如来の霊告を
うけてその像を彫刻し、風谷山へ訪ね来て、深谷より大雉子が一
羽山上へ飛び上がったので、如来有縁の瑞相であると感じ、これ
を山上に勧請したものという」(越後、佐渡の山岳修験 鈴木昭英
著 法蔵館刊)


008

人気登山の鋸山の隣にあるのに取り残されて、ひっそりと草むす
風谷山なのです。幕藩時代は藩侯の庇護を受けて大いに繁栄し
たと本で読みました。

010

「風谷薬師別当東蓮寺(とうれんじ)金剛院は風谷山西麓の栖吉
川の対岸に建立されていた。」
と本に載っていましたが、今はどう
なっているのでしょうか?と役場の人に聞いたら、「さぁー?」って
返事が返って来ました。

012

今日は小生が担当する今月2回目のリーダー山行日です。今年
の小生のテーマは「峰の薬師」巡礼です。新潟県は峰の薬師信仰
が盛んだった地域のようですし。
引き寄せて桑の実たわわ捥ぎて食ぶ

021

米山薬師に粟薬師、白山薬師に嶽薬師。津川の西山日光寺もご
本尊は薬師如来です。初薬師と戸立薬師。今も麓の人たちによっ
て古きよき伝統が守られているのです。

016

「ヤー。久しぶりー。待ってたガーテ。」
会の地元の大先輩じゃないですか。聞けば今日一緒に登ろうと
待っていてくれたというのです。隣に一緒の方は山頂にある山小
屋の管理人さんだそうです。

019

「風谷山に登るんだって。嬉しいね。この山は蛇がいるから気をつ
けてね。」


034

「先にいって草刈って、道開けて置くから…。」
いい所で頼もしい方に出会いました。

025

早くも夏キノコが。

032

毛虫も。

037

先に滝を見に行きましょうね。

039

マムシグサに

043

ウワバミソウ。本物の蛇の姿は見えませんが。何時出てもおかし
くないような所を通ります。

044

刈り払いもない草ヤブの道です。所々に小沢が入り込む荒れた林
道を進むとドアもなくなった公衆トイレが現れました。整備されて昔
はハイカーで賑わったのでしょうが、山の盛衰を見るようです。

047

古りた御堂の前まで来ました。

049

御堂の裏手の崖を下りるとー

051
(クリック)
不動滝が見えました。

053
(クリック)
「ドドドーッ」と滝音が腹に伝わって来る見事な滝でした。
滝しぶき濡れるに任せ花擬宝珠

057

往路を戻って来たら、エンジン音を響かせてバイクとスライドしま
した。ニコニコ顔のその方は…。たしか先月、県山協の自然保護
部会でお世話になった講師先生でしたね…。
「天気がいいから、ミズでも採ろうかと思ってね。」

060
063_2

1合目から9合目まで石仏が安置されて参道が整備されていま
す。修験の山だけに一本調子の急坂が続きます。
若葉して薄目にをわす石ぼとけ

067
061
(クリック)
5合目の北側が開けた高台に立つと長岡市街が見えました。時
折吹く涼風が心地いいです。

070
(クリック)
弥彦山も遠くに霞んでみえました。

075

9合目の石仏を過ぎると山頂は間もなくです。

080

草茫々の山頂に到着です。

083

先ずは山頂の風谷薬師の社殿に参拝しました。

084

「まぁ。広くていい小屋ですね。」
「さぁ。どうぞ。お上んなさい。」

082

じゃ。遠慮なく…。おじゃましまーす。

088092
(クリック)
「これは先日採ったネマガリダケ。山で摘んだ山椒で味噌和えに
したの。どうぞ召し上がれー。」

じゃ遠慮なくー。

086

白樺林の木陰は涼しそうです。
「小屋を造った若い頃に建材からテーブルの果てまで歩荷で上げ
たんだよ。みんなでね。その頃に植えた白樺がもうこんなになった
んだねぇー。」
と管理人さんがしみじみと語ってくれました。

103

ランチの後、修験の山の激下りを終えて、汗を流そうと長岡市近郊
の桂温泉にやって来ました。源泉100%掛け流しの名湯です。湯
に浸かってゆったりのんびり。風呂上りのビールがたまりません。

104

新潟へ予定より少し早めに着いたので、解散した後で反省会をし
ました。
「おうおう、そんなに注いじゃコボれるって…。もっといってー。」
飲むに連れ酔うに連れ、反省会は盛り上がるのでした。

終わり良ければすべてよしってね。今日は一日お疲れ様でした。

(おわり)

|

« 権現山に登る(会山行) | トップページ | 笹だんごを作る »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

新潟のお酒がこぼれんばかりで美味しそうですね!素朴な疑問ですが!普段、新潟の人はお酒は冷で(いわゆる常温)飲むのですか?それとも燗か冷酒ですか?人それぞれに好みがあるのでしょうが!私は最近ビールの後にシングルモルトウィスキーから冷やした吟醸酒を飲むようになりました、やっと日本酒の旨さが解るようになったかな!!

静岡の岳人さん おはようございます。オイラはいつも常温ですね。冷酒はのど越しはいいですが、燗酒もどうも。シングルモルトに吟醸酒ですか。高級ですね。(笑)シングルモルトはトワイスアップ(1:1)かな。ホントはニートでいきたいところですが胃が痛くなるからね。

投稿: 静岡の岳人 | 2015年6月16日 (火) 07時33分

しゃくなげいろさま
お役目ご苦労様でした。
何故か?この山は知ってはいましたが、未だ未踏。
山頂小屋は長岡Hクラブが建て管理しているのでしょうが
我が相方が若い頃、資材運びをしたようです。

下山後、反省会!?良いですねぇ~
この頃、さっぱり機会が有りません。

輝ジィ~ジ様 おはようございます。いつもありがとうございます。風谷山は不遇をかこっているようで草茫々でした。風谷寮は寝具も揃って、いい山小屋でした。長高のOB有志が立ち上げた会だそうですね。今は歳とって小屋へ訪れる会員も少なくなったから、管理人さんが折々に見に来るのだそうです。「昔はみんな若くて優秀で山に燃えていた」と懐かしそうに話す姿が印象的でした。
反省会は誘われて、久しぶりに行って盛り上がりました。根が嫌いではないので。(笑)

投稿: 輝ジィ~ジ | 2015年6月17日 (水) 10時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 風谷山は険し(会山行):

« 権現山に登る(会山行) | トップページ | 笹だんごを作る »