« ヤマユリを見に行く(角田山) | トップページ | 鋸山に登る(萱峠周回) »

2015年8月 6日 (木)

梅干を作る

011_r<拡大>
7月27(月)晴れ
干すタイミングは梅雨が明けた、土用の丑の日
を過ぎてよく晴れて暑い日が狙い目です。

001_r

台風で南八ヶ岳行が中止になったので折角取った休暇の内にと
梅干作りをしました。梅雨の間に甕の中でたっぷりの梅酢を吸っ
て紫蘇色によく浸かった梅の実を一個ずつ取り出して

002_r

笊の上に並べていきます。今年は粒が大きく育ってくれたので仕
上がりが楽しみです。

010_r

梅干を見ると条件反射で口の中が酸っぱくなりますが、それがい
いのですね。山登りの塩分補給には欠かせない一品だと思って
います。行動食と一緒にがぶりとひと齧りすれば

014_r

ミネラル分が豊富で殺菌作用があるので、オニギリにまぶしても
良し、夏の暑さにも負けません。梅の実を取り出した後の漬け汁
も天日に晒して殺菌します。

012_r

水分が蒸発してさらに濃さを増した漬け汁に梅干を戻せば、その
濃汁を吸って美味しく仕上がるという訳です。天気のいい日にはこ
の作業は欠かせません。よく干して今年も美味しい梅干がいただ
けるのですから、自然の恵みに感謝です。

022_r

8月2日(日)晴れ
毎日猛暑が続きますね。今日は8月最初の定例句会の日です。
新潟市の近郊に吟行に出かけました。吟行は嘱目吟といい、目
にするものをその場で即吟して、その出来映えを競うのです。
七十年緑陰重き忠魂碑(青字は先輩方の句です)

021_r

初めて参加したのは昨年12月、勝手がわからぬまま吹雪の中を
さまよい歩いて終わってしまいました。あれから早や7ヶ月。今も
さっぱり進歩していませんが、ちょっとだけ慣れて来たかしら。
水鏡して河骨の二つ三つ

024_r

写真に撮ればそれで終わり。でも見た景色を言葉で詠めば何時
までも俳句は新鮮なんだよ。海外に行くと殊にそう思うね。」
とは
選者の先生の弁です。

025_r

「あれもこれも詠もうとすると失敗するわね。小さなことを一つだけ
詠むのがコツよ。」
と大先輩のお姉様方。

026_r

オイラは皆さんと別れて、もう少し足を延ばしてみます。踏み切り
を渡った先に確かあったと思うのだけど…。通りかかった前に有名
店があったので暖簾をくぐりました。前回はこの暑いのに熱々らー
めんで大汗かいて懲りたので今日はつけ麺にしてみました。

027_r

時間は丁度お昼に差しかかった頃です。来店客が引切り無しに
入って来ます。流石に有名店は違うと感心しました。ここは鯛汁が
自慢の旨いらーめんでした。

028_r

住宅地を周って小山の上に出ると六体地蔵尊の御堂が建ってい
ました。
「40年前は駅舎と鎮守しかなくてね。周囲は田んぼだけだったん
だよ。随分様変わりしてしまったねぇ。」
と感慨深か気の大先輩。
盂蘭盆のホ句にゆかりの仏たち

029_r

午後1:30締め切り、7句出しの句会が始まりました。先ず短冊に
吟行句を書いて投句箱に入れます。よくかき混ぜてからランダム
に各自が7句取り出して清記用紙に転記します。

003_r

選者席を1番として左周りに席順に番号をふって行き、最後番号を
「止メ」と記します。今日の参加者は24名。オイラは4番目です。

005_r

順に左から回って来た清記用紙から自分の好きな句を選句して
選句用紙に書いていきます。清記用紙が一巡して選句が終わっ
たら披講者へ選句用紙を提出します。

009_r

披講が始まりました。披講で自分の句が読まれたら作者は名乗り
を上げます。連続して名乗りを上げる人もいれば、沈黙の人も。

004_r

句会はこの緊張感が堪りません。

030_r

8月5日(水)晴れ
今日も気温が35℃超の猛暑予報です。偶の休みが取れたので
仲間を誘って鋸山(長岡市)を目指します。こんな日に何故って?
詳しくは後ほど。

(おわり)

|

« ヤマユリを見に行く(角田山) | トップページ | 鋸山に登る(萱峠周回) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

毎年恒例の手作り大粒の梅干 とても美味しそうですね!見ているだけで口の中が酸っぱくなりますよ!ラーメンのつけ麺もたまには良いですね。暑い中ですが、俳句頑張って下さい。私は今週末に甲斐駒ケ岳に行きます!

静岡の岳人さん おはようございます。毎日猛暑が続きますね。今年はいい梅干が出来ました。暑い時に梅干作りをするのは先人の生活の知恵なのでしょうね。最近のラーメンは進化していますね。バリエーションが豊富で飽きません。俳句は面白いです。暑い時は暑い句が、天文地理何でも句材になってしまいます。(笑)静岡の岳人さんは週末は甲斐駒ですか。うらやましい。雄々しい甲斐駒の姿見えるようです。山上の眺めを楽しんで来てください。

投稿: 静岡の岳人 | 2015年8月 6日 (木) 07時38分

梅干を手作りですか!素晴らしい!!
我が家のカミさんは二~三年に一度思い出したように漬けますが、意外と上手なので有難いと感謝しています。
鋸山のレポ楽しみです。

kazu1954さん おはようございます。奥様も作られましたね。塩加減味加減が、その家その家でちょっとずつ違うのですね。奥様からお嫁さんにその家の味が伝えられて行くっていいですよね。

投稿: kazu1954 | 2015年8月 7日 (金) 09時28分

しゃくなげいろさま
恒例の梅干造りと吟行、そして寸暇を惜しんでの
長岡鋸山・・・相変わらず寸暇を惜しんでの充実の日日
小生、貴殿の爪の垢煎じて飲まねば!

輝ジィ~ジ様 おはようございます。いつもありがとうございます。長岡鋸山は暑かったです。長工新道は味があって中々いい道でした。大汗かいて足が攣ってしまいましたが。(笑)それも思い出に残るいい山でした。もう一度涼しい秋の日に訪ねてみたいです。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2015年8月 7日 (金) 10時19分

今日はデスクワーク。仕事の合間の息抜きに訪問させて頂きました!とにかく、体力・気力とも凄すぎです(笑)暑い日は、とにかくクーラーの私には別世界です。先輩は梅干ですが、私は梅酒です!今夜もクーラーが効いた部屋で、梅割りでブログ楽しませていただきます(感謝)

茨城の後輩さん こんばんは。毎日暑い日が続きますね。立秋を過ぎたから朝晩は幾分涼しくなった感じですが、日中の暑さはこれからが本番でしょうね。こんな時には山になんか出かけずにクーラーの効いた部屋で梅酒片手に駄ブログを見るのは正解だと思いますよ。(笑)

投稿: 茨城の後輩 | 2015年8月11日 (火) 16時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 梅干を作る:

« ヤマユリを見に行く(角田山) | トップページ | 鋸山に登る(萱峠周回) »