« 波石を見に行く(牟礼山) | トップページ | 湯の平温泉道を歩く »

2015年9月18日 (金)

牟礼山はきのこがいっぱい

042_r<拡大>
ホコリタケ(別名キツネノチャブクロ)またの名を
「けむだし」。踏んづけたら口から煙状の胞子が
噴き出ました。

012_r

日陰に発生していたのはキカラハツでしょうか。落葉を被ったクレ
ーター状のくぼみが、ごっつい印象の毒菌です。

014_r
(クリック)
アカチシオタケの仲間かしら。日差しを透かして傘と柄の朱色がと
っても鮮やかです。

011_r_2
009_r
(クリック)
今の時期は花の種類がぐっと減ってしまいます。イタドリの花の蜜
を吸いにやって来た虫たちに交じってスズメバチの姿をみつけま
した。スズメバチは恐いので近付きたくないです。

019_r
(クリック)
ツブラカラカサタケをトラバース道の途中でみつけました。木の根
の陰にひっそりと発生していました。白地に褐色の粒状鱗片に覆
われた傘がおしゃれでしょ。

024_r_4
(クリック)
尾根通しの見晴らしに出ました。遠く鷲ケ巣山と光兎山が見えま
した。渓を渡る涼風が爽やかです。

029_r
(クリック)
ウスタビガの繭が落ちていました。強風で落下してしまったもので
しょうか。天然の造形美っていうか、形といい色といいステキです。

027_r_2
(クリック)
500m附近を急登の途中で苔むした倒木上に発生したベニヒダ
タケをみつけました。

026_r_2

ホツツジが今、満開です。

030_r_2

袋を破って地上に出たばかりのアマニタの幼菌です。アマニタは
強力な毒菌が多いので手が出せません。

035_r_2

急坂の連続で目線が下を向きっぱなしなので、自然とキノコが目
に入ってしまいます。

032_r
033_r
(クリック)
これはキイロイグチの仲間かな。レモン色がきれいです。傘が粉っ
ぽい綿質の感じです。

036_r

オトメノカサの幼菌でしょうか。全体が白っぽいきのこです。

037_r_2

急坂は続きます。

039_r

ツクバネソウが実をつけていました。突く羽に似ていますね。

044_r

早くもムシカリの葉っぱの紅葉が始まりました。

050_r_2
(クリック)
ウスヒラタケが発生していました。ひらたけは年中発生しているよ
うですが、晩秋~春に発生するものが「ヒラタケ」で春~秋に発生
する菌が「ウスヒラタケ」です。どちらも旨い食菌です。

041_r_2
(クリック)
赤松の樹下にアカハツが出ていました。オムレツの具にいいかも。

059_r
(クリック)
山頂に近付くと視界が開けました。低木ヤブ越しに見えた景色を
ズームしました。大石ダムと中央のトンガリが光兎山で左に鷲ケ
巣山。右奥には薄く大朝日岳が…。

064_r_2
073_r_2

三角点にタッチしてから折り返します。

074_r
(クリック)
傘の絹のような薄紫色が鮮やかなウスムラサキフウセンタケをみ
つけました。優雅な色合いです。

077_r_2
(クリック)
ミドリヒョウモンが日向の葉っぱの上で一休みしています。そーっ
と近付いてパチリ。もう一枚と思った隙に逃げられました。

085_r_2089_r
090_r

横からみると人面のようにも見えますね。胎内市の文化財に指定
されています。

086_r
(クリック)
まゆみ(檀)が赤い実をつけていました。

102_r
(クリック)
木の下闇から枝を伸ばしたオトコエシが日差しを撥ねかえして眩
しいです。

101_r_2

隣の胎内スキー場の峰から上昇気流を上手く捉えてパラグライ
ダーが次々舞い上がる様子が見えました。大空を鳥になって飛
べたら気持ちいいだろうなー。

105_r_2

田んぼが黄金色に染まり出しました。もうそろそろ稲刈りの秋本番
ですね。

(おわり)

参考書:山渓カラー名鑑 日本のきのこ(山と渓谷社)

|

« 波石を見に行く(牟礼山) | トップページ | 湯の平温泉道を歩く »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

花もそうですが、キノコにも造詣が深いのですね!!地上に出たばかりの段階で良く名前が解りますね!?

kazu1954さん こんばんは。若い頃にキノコ同好会に入ってた頃があったのです。毒菌に当たって医者通いしたこともありましたっけ。因縁があるのかな。キノコは動物でなく植物でもなく、人がプラス思考で積み上げる価値観に対して分解のためだけに存在して人の逆逆を行くなんて面白いなーなんて思うのですよ。嵌る世界ですね。(笑)

投稿: kazu1954 | 2015年9月18日 (金) 15時49分

しゃくなげいろさま
博覧強記ですねぇ~

輝ジィ~ジ様 こんばんは。いつもありがとうございます。いやいやとんでもない。へたの横ずきってやつです。一時嵌って、アッチの山こっちの沢とさ迷い歩いたことがありました。
キノコに魅入られると抜け出せない魅力がありますね。(笑)

投稿: 輝ジィ~ジ | 2015年9月18日 (金) 19時32分

確かにキノコの種類が豊富ですね!食べたら美味しそうですが私はどれが毒キノコか食用かよく判りませんね!これからキノコの鍋が食べたいですね!

静岡の岳人さん こんばんは。秋は木の実にキノコに山の幸が一杯です。でも今回レポした中でアカハツとウスヒラタケ以外は毒菌か不食ばかりです。なめこやひらたけが出るのは晩秋の初雪の便りが届く頃まで待たないとね。天然ナメコの味噌汁や肉厚のヒラタケのバターソテーなんて考えただけで嬉しくなっちゃいます。(笑)

投稿: 静岡の岳人 | 2015年9月19日 (土) 08時09分

キノコ、ホントに良くご存じで驚いていま~す♪
私はまったく無知で ただ眺めるだけ写真撮るだけで、何か勿体ない感じで常々チョッピリ悔しい思いをしています。
でも、なめこ・椎茸ぐらいは知っていま~す。(笑) (*^_^*)

FUKU様 おはようございます。訪問ありがとうございます。キノコは実に多種多様で被写体としては面白いと思いますね。オイラが知ってる殆どは毒菌ばかり。(笑)SCに行けば安全なキノコが買える時代ですし、なめこや椎茸を覚えておけば十分ですよね。最近は放射能汚染だ何のでキノコ狩りの楽しみも遠のくばかりです。

投稿: FUKU | 2015年9月21日 (月) 09時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 牟礼山はきのこがいっぱい:

« 波石を見に行く(牟礼山) | トップページ | 湯の平温泉道を歩く »