« 虹が見えた。 | トップページ | 牟礼山はきのこがいっぱい »

2015年9月17日 (木)

波石を見に行く(牟礼山)

093_r<拡大>
9月15日(火)晴れ
久々に晴れたので夏井の波石(胎内市)を見に
出かけました。約2億年前の化石です。

001_r

先月、間瀬海岸で魚眼石を見にいった時に先輩が、次は“波石を
見に行こう”って言っていたのを思い出して、その前にと仲間を誘
って出かけて来たのです。

007_r

「波石」は牟礼山の近くにあるのですが、二万五千地図(安角)に
も表記されています。牟礼山は以前に何度か登ったことがありま
した。

008_r

登り口の標高が210mで山頂の標高が616.4.mですから差引
406mと、ちょいと登るには手頃な山なのです。

010_r

山腹を送電塔が横切っているので巡視路が整備されています。
幅広の歩きいい道を登ります。

011_r

登り始めて2番目の鉄塔脇に出ました。2万5千地図上では335
mピークの所です。巡視路はここから鉄塔を離れて杉の植林地の
脇に続いていきます。

015_r

分岐まで来ました。巡視路は右へ下って牟礼山へ続く尾根から離
れて行きます。登山道は左へ踏跡を辿ります。

018_r

もう花はほとんど終わって、ガマズミの赤い実が着いていました。
日差しはまだ暑いですが紅葉は案外早いかもしれません。

013_r

登山道は431m峰をトラバース気味に捲いて上っていきます。

024_r_2
(クリック)
尾根通しの見晴らしに出ました。谷から吹上げる涼風が心地いい
です。遠く鷲ヶ巣山と光兎山が見えました。

020_r

「まぁ。おひとつどうぞ。」
冷えた梨ですか。では遠慮なく。うーむ旨いー!

026_r
(クリック)
小ピークのアップダウンが続きます。赤松の根際の細尾根の脇に
花が少ないこの時期にホツツジが存在感を出してます。

028_r

右から入り込む沢の源頭部附近には山葡萄の葉が繁茂して、い
かにも熊が出そうな雰囲気の所です。葉裏を捲ってみてもブドウ
の房は見当たりません。

034_r

最低鞍部からいよいよ急登が始まりました。今日一の難関です。
ロープも固定されていますが、頼らずに登れそうです。

027_r

倒木にキノコが発生していました。ベニヒダタケの仲間かしら。

030_r

こっちはアマニタの幼菌が袋を破って出かけていました。

037_r

急坂が続きます。乾いていてくれるのが救いです。

038_r

尾根に登り上がれば後は緩やかな登りが続くだけです。クロモジ
の黄葉が鮮やかです。

040_r

こっちはウルシです。赤と緑のコントラストがいいですね。

043_r

「ツルリンドウの蕾みよ。」

046_r

「これは夏椿でしょ。」
沙羅双樹ともいいますね。インドのとは違う種類らしいけど。
沙羅双樹の花の色 諸行無常の響きあり…のあれですね。

047_r

倒木が立ちはだかります。ナタとノコギリは持ってこなかったから
這いつくばって下をくぐるしか仕方がないね…。

041_r
(クリック)
と漸く抜け出して顔を上げた所に美味そうなキノコが二つ。アカハ
ツです。カサにもひだ裏にも緑青が出ています。

049_r
(クリック)
そして頭上にはウスヒラタケが…。

050_r
(クリック)
ホラ!下のほうにもたわわに。

051_r
052_r
(クリック)
じゃぁ。遠慮なく山の恵みを戴きましょうね。

053_r
(クリック)
肉厚の上物です。美味そうなキノコ臭がぷんぷんします。

054_r
057_r

上のも頂きましょうね。用意した袋も満杯になりました。

064_r

思わぬプレゼントに気をよくして山頂に着きました。二等三角点に
タッチです。

066_r
(クリック)
「どっち向いてランチにする?」
やっぱ杁差岳でしょう。でも稜線が雲に隠れて見えませんね。

068_r

じゃぁ。まず乾~杯!今日はオイラたちだけの貸切です。ゆっくり
やりましょ。小1時間も楽しんだ後、次の目的地「波石」に向かって
下山を開始しました。

073_r

倒木を通過し激下りの後、件の山葡萄の茂みの辺りに熊さんの
ウンチを発見したのです。さっきまでそこに居たかのようです。

075_r

クマ鈴をじゃらじゃら鳴らし、茂みの前に差し掛かればクマ笛を吹
き鳴らして下山を急ぎました。茂みの陰でクマさんがオイラたちの
様子をじっとうかがっていたかもしれません。

083_r

何事もなく下山できて、あーよかった良かった。
キノコを分けましょか。

085_r
087_r
(クリック)
牟礼山の登山口からすぐの所に波石はありました。略2億年前ジ
ュラ紀の地層が隆起して地上に出現したそうですから、ジュラシッ
クパークの世界が凝縮されて化石になったようなものですね。

090_r

牟礼山の「牟礼」とは「朝鮮語にも通じ山や小高いものをさす」
(日本語源大辞典(小学館))そうですから牟礼山も相当古い時代
から歴史に登場していた山だったのでしょうね。

097_r

波石のボリュームに圧倒されたところで、ゆっくりと温泉で汗を流
そうと胎内観音の前の国民宿舎に向かったのですが…。

104_r

暫らく来ないうちに国民宿舎の建物は既に取り壊されて、跡形もな
くなっていたのでした。やわらかい湯のいい温泉だったのに残念。

105_r

で、帰り道の途中にある「あやめの湯」へ。二王子岳が望めるいい
お風呂でした。田んぼの稲も色づいて来ました。来週は刈り取り
が始まるのでしょうか。

101_r

今日は晴れて山の幸のお土産も頂いて、いい山行が出来ました。

(おわり)

|

« 虹が見えた。 | トップページ | 牟礼山はきのこがいっぱい »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

波岩 見事なものですね!いよいよキノコの季節になりましたね、美味しそうですね!また新潟コシヒカリ新米の時期になりましたよ!私はこのシルバーウィークに富山県の大日岳~立山室堂を縦走します。そろそろ紅葉の始まりですね!

静岡の岳人さん おはようございます。波岩はボリューム感がありました。太古からずっとそこに在るってすごいね。牟礼山は花が終わった代わりにキノコのオンパレードです。(笑)今年も風水害に遭わず新米が頂けるのは誠にありがたいですね。立山の大日岳辺りはもう紅葉で真っ赤でしょうね。ゆっくり楽しんで来てください。

投稿: 静岡の岳人 | 2015年9月18日 (金) 07時33分

しゃくなげいろさま
益々幅広い知識、感服の至りです。
キノコが採れる山、機会を見つけて是非お誘いください。

輝ジィ~ジ様 こんばんは。いつもありがとうございます。牟礼山も花がないと思ったら、代わりにキノコがアッチにもこっちにも顔を出して百花繚乱でした。(笑)でも今は夏きのこと秋キノコが混在して総じて毒菌が多いみたいです。アカハツとウスヒラタケに遭遇出来たのはラッキーでした。ナメコと違って毎年発生するか判らないので、出たとこ勝負ですね。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2015年9月18日 (金) 14時19分

秋の山を存分に楽しんでいる感じがgoodです!!

kazu1954こんばんは。最近は構えて登る山よりか、ちょいと気軽に登れる山が気に入っています。(笑)遠出しなくても近場でいい山が沢山あって新潟はいい所だと思いますね。

投稿: kazu1954 | 2015年9月18日 (金) 15時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 波石を見に行く(牟礼山):

« 虹が見えた。 | トップページ | 牟礼山はきのこがいっぱい »