« 藤島蔵書館のこと | トップページ | 滝めぐり(弥彦山系大滝、小滝、南沢の滝) »

2015年11月26日 (木)

梁山泊を訪ねる

026_r<拡大>
11月20(金)雨
天気予報の晴れマークにつられて立烏帽子へ
再挑戦にって出掛けてみたのですが…

008_r

先週に引き続き大石ダムにやって来ました。TVの予報では関川
地方は今朝から晴れの筈ですが…。青空の下、立烏帽子の山頂
から望む冠雪の杁差岳を前にゆっくりランチをって期待して出か
けて来たというのに。

011_r
(クリック)
山の天気は出たとこ勝負、来て見ないと分かりません。路面は濡
れているし、雲は重く垂れ込めて今にも一雨来そうです。
痩せ枯るる重畳の山ダムの岸

015_r

案の定東俣林道に進んだ所でザーっと降られてしまいました。

016_r

湖面の縁を辿って行くと左手から車道が合わさります。戻ってち
ょっと踏み入ってみてもヤブで先は見えません。

070_r
(クリック)
図で説明すると、絵看板の赤い線を進んで行ったら黒線の遊歩道
(かもしかコース)が途中で合流した訳です。黒線の遊歩道は午後
にでも歩いてみようかしら。

017_r
018_r

しとしと雨は止みません。今日は一日こんなものでしょうか。営林
署管轄ってことは、ここら一帯は国有林ということですね。

019_r

梁山泊への林道ゲートは閉ざされたままです。先週山の講習会の
席で、関川村長さんから「今年は梁山泊を大修繕をしたから快適
になったよ。」って聞かされたので、一度訪ねてみようと。

020_r

林道の終点から植林の作業道に変わると、左寄りにガッコウ沢の
谷の縁伝いに上って行きます。雨具を着込むと暑いです。今日は
無風なので蒸しますね。

023_r

一服しましょうか。リンゴですね。じゃぁ遠慮なく。冷たくて美味しい
ね。この後、急坂を上がって杉林を抜ければ小屋は直ぐですよ。

027_r

梁山泊に到着です。青い屋根も塗りたてのようです。

028_r

お邪魔しまーす。梁山泊は昭和47年(1972)に峡彩山岳会が建
てた山小屋です。建ってる場所が国有林内にある為、落成に至る
までには紆余曲折があって、会員さんたちの苦労のドラマがあっ
たことを、先日、図書館で読んだ「片雲往来」(峡彩ランタン会誌)
で知りました。

030_r

立派な梯子段ですね。これなら寝惚けて下りても大丈夫です。

031_r

床はフローリングで見違えるようにきれいになりました。

032_r

灯り取りの柄つきローソクも備えられて、使い勝手がよくなりまし
た。痒い所にも手が届く親切さです。

034_r

折角なので、薪をくべて暖を摂らせてもらいます。

036_r

どうやら種火がついてくれたたようです。榾に火が回ったらランチ
にしましょう。

039_r

カンパ~イ!ストーブは温かーい。雨の中ご苦労さんでしたー。

041_r043_r

ストーブって暖ったかくってありがたいですね。

044_r
(クリック)
冬季用入口の上に掲げられた「梁山泊」の題字の書かれた板は
この小屋の建設に尽力された上村氏が新潟の浜辺で探して来た
船板だったそうです。(「片雲往来」(峡彩ランタン会誌))

046_r

ランチの時間は瞬く間に過ぎました。名残惜しいけど梁山泊を後
にします。小屋の後ろにあるガッコウ沢から汲んで来た水で榾火
はしっかり消火しました。このとおり。

050_r

往路を戻ってダムサイトへ下山しました。今回再チャレンジの立烏
帽子は降り続く雨の為に諦めました。でもまたいつかきっとね。


025_r
(クリック)
ダム湖の駐車場まで戻って来たら「まだ歩き足りないね。」で、誰
言うともなく遊歩道(黒い線)を歩いてみることに…

051_r_2
(クリック)
トンネル脇からジグザグに登った山の上に東屋が見えたのです。
登り上がると眼下にダムが見えました。冬枯れの景色もそれなり
に風情があっていいものですねぇ。

052_r
(クリック)
緩坂を下り急坂を登り黄落の遊歩道を辿ること十数分、なめこ発
見!雨を被ってぬめりを帯びたナメコです。美味しそうー。

054_r
(クリック)
小躍りし両手に余すなめこ狩り
山の幸です。ありがたく早速採らせていただきましょうか。

056_r

あら!用意がいいね。ビニール袋がみるみる膨らんでいきます。

058_r
(クリック)
あー!こっちに、美味しそうな醤油ダンゴが。いえいえこれもナ
・メ・コです。

059_r061_r
(クリック)
“なめこおろし”にしたら酒が進みそうな若いなめこです。

062_r064_r

山歩きの筈がすっかり、きのこ採りになってしまいました。みんな
きのこに見えちゃって…

065_r
(クリック)
「これは何?」
これかい。これはナメコの老菌だね。もう崩れるばかりさ。

066_r
(クリック)
っと言いながら、枯木の裏側を見たらー。またまたみつけました!

067_r
(クリック)
大した量です。もう嬉しくなっちゃって。遠慮なく採らせていただき
ました。

069_r

“終り良ければ全てよし”ってね。今日は立烏帽子には登れなかっ
たけど、きれいになった梁山泊に寄れたしナメコも頂いていい日に
なりました。皆さん、雨の中一日お疲れさんでした。

(おわり)

|

« 藤島蔵書館のこと | トップページ | 滝めぐり(弥彦山系大滝、小滝、南沢の滝) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

いやー美味そうなナメコですね。天然モノは味わい深いでしょう!
今朝の通勤時、守門岳が僅かに冠雪していました。冬が近寄ってきてますね。
弊社のピットもタイヤ交換の音が賑やかです。

kazu1954さん おはようございます。山中でマイタケを見つけて舞上がったって話はよく分かりますね。見つけた時の感動がいいのですね。昨日は高台から守門岳の冠雪が見えました。平地に雪が降り出すのももう直ぐでしょうね。オイラも今日タイヤ交換してきます。ついでに車の点検も頼んだら、「今月は勘弁してくださいよ。」って断られました。(笑)車屋さんは何処も交換で大忙しみたいです。

投稿: kazu1954 | 2015年11月26日 (木) 09時58分

梁山泊の小屋 快適そうですね!またストーブが温かそうで良いですね!ナメコがたくさん採れましたね、ナメコ汁が温まりますね。今朝の静岡は雪を被った赤富士山が輝いて見えますよ。

静岡の岳人さん おはようございます。小屋外に雪が降り積もった夜はストーブを囲んで酌み交わす酒が旨いのですよね。小屋の周辺はナメコが結構出るみたいです。傘の開いたなめこの味噌汁は熱々で美味しいですよね。朝日に赤く染まった富士山ですかー。いいですねー。いい景色と一緒にぶるっと感じる寒さが伝わって来ました。(笑)

投稿: 静岡の岳人 | 2015年11月27日 (金) 07時30分

ナメコ美味しそうですね!
大根おろしで食べたら、これは止まりません
おすそ分けにあずかりたいけれど無理
(u_u。)
梁山泊とか言う小屋も素敵ですね。
冬になって、山に入り辛くなりますが、
雪景色も見られるとうれしいのですが、計画はないですか?

hutatumoriyama様 おはようございます。お立ち寄りありがとうございます。ナメコ採りが楽しみの季節になりましたね。根雪になったら高峰は無理だけど、里山にワカン(輪かんじき)を履いて登ります。樹上の幹にヒラタケやナメコが出ているのですよ。雪山歩きが待ち遠しいです。(笑)

投稿: hutatumoriyama | 2015年11月28日 (土) 17時56分

しゃくなげいろさま
美女同行で天の神が焼餅家いて、シトシトと
降ってきたのですよ。
梁山泊での楽しいひと時、そして天然ナメコの採り放題。
羨ましき限りです。たまに声を掛けてくれても
罰は当たらないと思うけど(笑)

輝ジィ~ジ様 おはようございます。いつもありがとうございます。同行のお姉様方は小屋に入るや、手際良く暖炉に火を入れて、おかげで温かいランチが摂れました。駆け出しのオイラには良い手本になりました。偶然なめこを見つけたのです。冬のお天気とキノコ採りは出たとこ勝負で予測がつきません。(笑)

投稿: 輝ジィ~ジ | 2015年12月14日 (月) 09時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 梁山泊を訪ねる:

« 藤島蔵書館のこと | トップページ | 滝めぐり(弥彦山系大滝、小滝、南沢の滝) »