« 粟ヶ岳中央ハイキングコース | トップページ | 世阿弥の道を歩く »

2015年11月 4日 (水)

朱鷺を見に行く

025_r<拡大>
10月24日(土)くもり
今日は放鳥されたトキを見ようと小佐渡へ渡り
ました。カメラがうまく朱鷺を捉えました。

001_r

佐渡航路の船内でリーダーからコース説明を聞いています。これ
から会山行で小佐渡へ渡ります。

007_r

今朝は5:30集合で6:00の便に乗りました。早起きは苦になり
ませんが、日の出は遅くなったし暗いし、朝はめっきり冷込んで身
に堪えますね。

009_r

今年の春にドンデン山に来たので、今年2度目の佐渡行です。今
回は山行といっても里山歩きなので気楽な旅になりそうです。

013_r

前線の通過で外海に出たら結構揺れたのですが、両津湾内に入
ると徐々に納まってくれました。手をかざしてエビセンを差し出す
と、いつもはカモメが集ってくるのですが今日はさっぱりです…。

018_r

両津ターミナルに着きました。大型船の就航に合わせて埠頭を新
設したようです。

017_r

ジャンボタクシーと大型タクシーに乗換えてこれから向かう先は…

022_r_2

加茂湖を右に見て左手の山間部に進むと間もなくトキ交流会館前
に着きました。

033_r

ここから潟上地区ー田野沢ー正明寺ー新穂と里山を縫うように
道路を歩きます。途中で朱鷺に遭遇できたらいいな。

026_r

と歩き始めて間もなくでした。「朱鷺だー!」の声に振り向くと、刈
田の茂みから飛び立つ2、3羽のときが見えました。

025_r
(拡大)
「どこどこ!」「あっちー!」

028_r

用意がいいねー。双眼鏡を取り出して…「見えるー?」

027_r

「どこどこー?」

027_r_2
(クリック)
「あそこの木に3羽いたゾー!」

043_r

「こんにちはー。精が出ますねー。」
「はーい。」と返事が返ってきました。一枝に一個だけ成らして旨
味を増す柿にするのだそうです。

045_r

佐渡柿出荷が始まったので、家族総出で収穫の真最中のところ
でした。

047_r

山下清画伯の記念碑の前に来ました。山下画伯は佐渡市新穂の
出身だったのですね。

046_r

石碑の奥の竹やぶのずーっと先の森へ朱鷺が消えて行ったと誰
かがいうので、皆で眺めているところです。

029_r

見えるかい?

053_r

「この場所で1回目の放鳥がされたのだよ。」とリーダー氏。

071_r

小沼の先の森陰にいるようなんだけど…見えるような見えないよ
うな。

058_r061_r

トンボや田螺がいる長閑な風景です。棚田の下には“添え畔”が
作られて刈田の後にもドジョウが住める環境が着々と整備されて
いました。

063_r

あ!トキだ。いえいえあれは置物です。高台の観察棟まで登って
来ました。本物にはなかなか遭えませんね。

069_r_2

写真の朱鷺を見ながら観察棟でランチにしました。

077_r

ランチの後は山を下りて、これから新穂公民館へ向かいます。公
民館前にはオイラ達の到着を待って、佐渡の古刹巡りをしようと
バスが待機しているはずです。

084_r

日蓮聖人ゆかりの根本寺に来ました。長い参道と広い伽藍に驚き
ました。

091_r

参道のからくれなゐや濃紅葉

101_r102_r

清水の階古りし照り紅葉

116_r
115_r

たらちねの千年樹齢大銀杏

125_r
138_r

長い石段の続く長谷寺は雰囲気があって素敵なお寺さんでした。
小佐渡には古刹や名刹が多いですね。

001_r002_r

小倉峠を越えてバスは海側に出ました。右は崖、左は海で、すれ
違いもままならないような狭い道を通って一路、今日の宿に向か
いました。

006_r

宿に着いた途端に大粒の雨が降り出しました。滑り込みセーフで
す。さあ、熱い温泉に浸かって旅の疲れを癒しましょう。

010_r_2

沖に停泊する貨物船が見えました。湯上りはビールが旨いです。

007_r

お!食卓にご馳走が並びましたね。秋の夜長をゆっくり酌み交わ
しましょうか。

005_r

海境を朧に隠し秋しぐれ

窓外はすっかり暗くなって突堤の先の灯台に点滅灯がまわり始め
ました。今日は早くから一日お疲れ様でした。明日は世阿弥の道
を歩きます。ではでは、お休みなさい。

(おわり)

|

« 粟ヶ岳中央ハイキングコース | トップページ | 世阿弥の道を歩く »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

佐渡島の朱鷺 綺麗ですね!また俳句が上手い!!

静岡の岳人さん おはようございます。佐渡の空を飛ぶ生トキを初めて見ました。まだ人に馴れていないのか、双眼鏡必携でないとよく見えませんでしたが。紅葉の佐渡行は句材が多いと吟行の積りで出かけたのですが、ランチの時の酒が効いて吟行の方はさっぱりでした。吟行は集中しないとね。いい教訓になりました。(笑)

投稿: 静岡の岳人 | 2015年11月 5日 (木) 07時38分

しゃくなげいろさま
歴史と朱鷺を訪ねての会山行、楽しまれたようで何より。
題材が豊富なので句作にも熱が入ったことでしょう。
TLでしょうが、一応山の会、宿泊して二日間も
掛ける意味が有るのか些か?に思います。
ガンガンと歩く必要はないですが、ツアー会社と
同じような企画で、これでいいのかな?と。

輝ジィ~ジ様 おはようございます。いつもありがとうございます。小佐渡の里山歩きはいつもの山行とは一味違ってなかなか楽しめました。リーダー氏の流石の薀蓄と現地情報の豊富さには驚くばかりです。ユニークなコース取りと気配りの行き届いた快適な旅でした。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2015年11月 5日 (木) 11時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朱鷺を見に行く:

« 粟ヶ岳中央ハイキングコース | トップページ | 世阿弥の道を歩く »