« 猿毛岳に登る | トップページ | 年の始めのためしとて »

2015年12月27日 (日)

雷山に登る

073_r<拡大>
12月22日(火)晴れ
猿毛岳を下山した後、川内(かわち)集落の雷山
(いかづちやま)を目指しました。

039_r
(クリック)
由来書にいう永正年間とは守護代長尾為景と守護上杉房能との
抗争に端を発して越後国の内乱に至る歴史の一幕がこの山城を
舞台に繰り広げられていたということなのでしょうか。

038_r

R290を村松まで戻って村松公園から県道17号を早出川ダムに
向かうと、途中の川内郵便局前を右折して道なりに山側へ車1台
がやっと通れる道を進むと永谷寺(ようこくじ)に着きました。

048_r

山門脇に六地蔵の石仏が祀ってありました。村外れの四辻にある
六地蔵は村への闖入者を防ぐ塞の神の役割も担っていたと本を
読んだことがありました。

040_r

永谷寺は蒲原三十三観音札所の第五番霊場で山号は雲栄山と
いい曹洞宗の古刹です。先ず六地蔵にお参りしてから巨杉の並ら
ぶ苔むした石段を上ってお御堂に向かいました。

041_r

ご本尊は上品(じょうぼん)阿弥陀如来。右に古風な造りの庫裡と
左に観音堂があって歴史を感じさせる雰囲気がありました。

044_r

観音堂の隣に羽下大化記念館が建っていました。羽下大化とは
川内村出身の木彫家で、本名は羽下修三。高名な高村光雲に師
事して腕を磨き、東京芸大の助教授を務めた鬼才といわれた人
です。

045_r

権現山から主人の帰りを待ち続けた健気な忠犬タマ公の銅像の作
者です。

046_r

その脇に五輪を描いた石塔婆がありました。永谷寺の開基が永正
元年(1504)といいますから、それ以前に既に寺院があったとい
うことでしょうか。

047_r

川内集落の西には阿弥陀瀬という地名があります。昔から一帯は
信仰の聖地だったのでしょうね。

049_r

雷山(いかづちやま)の登山道はH20.3に整備されたようです。

053_r

鉄塔監視路№20が左へ21番が右へ入口があり、路肩が広くな
った所が登山者用駐車場の様です。入口はチェーンで封鎖して
あって登山口の取付は更にその先200mを歩きます。

057_r_2

漸く登山口に着きました。

058_r

ここから杉林の一本調子の急坂の登りが続きました。

061_r079_r
(クリック)
対岸の山は風越山と大蔵山です。

063_r

杉木立にこれだけマーキングが付いていれば雪が積もってもガスっ
ても迷う心配は要りませんね。

066_r

掘切で尾根を遮断した堅固な山城址を今に伝えています。

067_r

掘切を越して急坂を上ると小広い四郭址になっていました。

069_r

春には一面足の踏み場もないほどにカタクリが咲くのかな。

080_r

もう一度掘切を越して急坂を上っていくと、左手の曲輪址へ進んだ
先に立派な山小屋が建っていました。

076_r

中は榾火がとろとろと暖かです。「山頂の登山者名簿に記帳して
来てね」って山小屋のオジサンに言われたので、これから山頂に
登ってきます。

092_r

登山者ノートの今日の欄に3人の名前がありました。オイラ達で
5人目です。

082_r

雷城は早出川と仙見川に囲まれた雷山頂に築かれて、謙信の時
代には領地を接していた会津の葦名氏の度々の侵攻に備えたと
いわれます。

084_r

今日は小春日和の穏やかな日に、近場の歴史の山を2座登って
今年の登り納めとしました。
           (おまけ)

085_r

山頂から川内山塊の展望です。真中のとんがりは権現山ですね。
今年の春に哺土原林道側から鉄塔監視路を通って登りました。
小粒でもぴりりと辛いいい山でした。

086_r090_r

目の前に見えるかやの木山から水戸野集落へ下る登山道が整備
されています。春には沢沿いにいい独活が出るのですよ。

088_r_2

かやの木山の奥は灰が岳方面の山々でしょうか。魅惑の秘境の
山々が連なっています。いつか歩ける日が来るかしら?

093_r

小屋を管理している山の会の人達と一緒に下山しました。今日は
冬至。午後3時を回り日が翳ると、途端にもの寂しさを感じます。

094_r_2

買出しをしたら、忘年会場に向かいましょう。

066

お疲れー!ぐっと行きましょう。ぐーっと。
今年も病気せず、山に登れたことに感謝です。来年も宜しくです。

(おわり)

|

« 猿毛岳に登る | トップページ | 年の始めのためしとて »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

登り納めですね!ブログもたくさん楽しませてもらいました。今年も一年間お疲れ様でした。お互いいろんな山に登りましたね!しかし歳のせいか年々体力が低下していきますね!来年も安全登山で頑張りましょう!良いお年をお迎え下さい。

静岡の岳人さん おはようございます。今年もあと3日になりました。ブログお付き合いいただき、コメントもいっぱい頂きありがとうございました。寄る年波には勝てませんね。最近はめっきり体力が落ちたと感じます。来年はお互いほどほどで行きたいですね。(笑)静岡の岳人さんもよいお年をお迎え下さい。

投稿: 静岡の岳人 | 2015年12月28日 (月) 07時29分

雷山、名前は知っていたのですがまだ未踏の山でした。しゃくなげいろさんのレポートを見せてもらい歴史的ロマンを感じました。
いい山ですね~ 近いですし今度登ってみようと思います。
今年も残り少なくなってきました。ブログ、来年も楽しみにしております。良い年を迎えください。

FUKU様 おはようございます。お立ち寄りありがとうございます。雷山は登山道が整備されて、小屋も立派になったし出掛け易くなりましたね。旧菅名荘の山城址や史蹟を訪ねる山旅も面白いと思いました。今年もあと3日を残すだけになりましたが、今年1年ステキなブログを楽しませて頂きありがとうございました。良い年をお迎え下さい。そして来年も宜しくお願いします。

投稿: FUKU | 2015年12月28日 (月) 09時14分

今日も快晴ですね!!
年末29日が晴れているなんて
少し不思議に思います。
結局市内は11月末からの積雪が1度も無いままに年を越しそうですね。
今年も色々な山々をブログで楽しませていただきました。
また来年も楽しみにしていますので
宜しくお願いいたします。
それでは良いお年をお迎えください。

kazu1954さん おはようございます。降りませんねぇ。雪除け仕事がないのは老人には誠に結構なことです。このまま春になってほしいくらいですが。(笑)今年1年お付き合い頂きありがとうございました。来年も宜しくです。kazu1954さんもよいお年をお迎え下さい。

投稿: kazu1954 | 2015年12月29日 (火) 10時20分

しゃくなげいろさま
雷山、歴史を忍ばせる山。
恥ずかしながら未踏です。
新年雪が少し積もったら訪ねてみようかな・・と。
連日のご活躍お見事と存じます。
本年もお世話になりました。来年もどうぞよろしく
良き年をお迎えください。

輝ジィ~ジ様 明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。今日からスタート。今日は何をしても「初」が付く感動の初づくしの日ですね。(笑)猿毛山は干支の山になりましたし、雷山もなかなか良かったです。是非お出かけ下さい。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2015年12月31日 (木) 16時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雷山に登る:

« 猿毛岳に登る | トップページ | 年の始めのためしとて »