« 村松のマッターホルンに登る | トップページ | 凍滝を見に行く »

2016年2月22日 (月)

四温晴れの日に

079<拡大>
あまりの陽気に誘われてぶらりと街に出ました。
飯豊連峰が見事です。

003

2月7日(日)くもり
今日は所属する山の会の総会の日です。市内の老舗ホテルの大
ホールに168人の会員が揃いました。

005

総会の後、日本山岳協会公認ガイド氏の記念講演を聴きました。
ハイレベル過ぎてピンと来なくても、まあなかなかいい話でした。
後の懇親会で山談義と旨い酒を飲ませてもらいました。

008

2月8日(月)快晴
昨日の酒が効いて朝はボーっと過ぎてしまいましたが、あまりの
陽気に誘われて午後、ぶらりと外に出たのです。飯豊連峰が輝い
ていて、見惚れてしまいました。

006

2月9日(火)吹雪
今日は一転朝から吹雪になりました。午後、句会に出ました。そ
ろそろ「鳥帰る」の季語が使える時期になりました。
大佐渡の寝釈迦の空に鳥帰る

011

2月10日(水)雪
雪靴を買いに出たついでに、ランチは四川風麻婆麺にしました。
花山椒と豆板醤の辛みととろみが絶妙な一品でした。

014

午後句会に出ました。昨日と連荘です。写生が巧みな先輩方の技
をものしたいと緊張して臨みました。もう春鱒が遡る頃です。
流し網漁も上々鱒の川

020

2月12日(金)晴れ
三寒の後は四温の日が巡りくるようになりました。今朝は護国神社
の丘に立つ安吾の“ふるさとの”碑まで足を延ばしました。その隣
に芭蕉記念碑が建っています。

023

「芭蕉記念碑がある。記念碑は小さな小屋の形をした積石造の平
石葺でこれは曽良の『奥の細道随行日記』に見える大工源七の家
を想像上で模した造りであろう。ー


017_2

元禄2年7月2日、芭蕉と曽良が新潟に来た時に、大工源七の情
によって一泊し、「海に降る」の名句を残した。これに因んで降雨
庵が建てられたが、これは焼失した。」(越佐文学地図・Ⅱ新潟市
伊狩章 編集 野島出版刊)

027

「降雨庵」ははじめ広川百鷗が、中教院境内(西大畑)に建てたも
のだが、後に移して戦争中まで宗現寺境内にあった。軍部の都合
でとりこわされたということである。ー


028

柳ありはしあり杖のとめ所   降雨庵木甫
「柳あり」の句は(中略)西堀、東堀をはじめ、堀と柳の多かった古
い新潟のおもかげを伝える句である。木甫は信州の人で、第四代
降雨庵主人である。ー


029

海に降る雨やこいしきうきみやど   芭蕉
芭蕉の「海に降る」の句に、杖をもった芭蕉と笠をかぶった曽良を
配した芳仙描くところの碑面がはめこまれている。(越佐文学地図)

034_2

護国浜に出ると海峡を隔てて佐渡の金北山が雪を輝かせてきれ
いに見えました。海は凪いで穏やかです。
佐渡よりの風まだ固し春の浜

036

磯に下りると岩についた鹿尾菜(ひじき)とわかめが刈り頃のよう
で、寄せる潮の香がいい感じです。

039

テトラポットを伝って来る人の手にはビニール袋が膨らんで…。
今が旬の海苔を摘んできたのかもしれません。

051

日脚も伸びて日溜りのベンチで、ちびりやる楽しみが増えそうな
この頃です。

(おわり)

|

« 村松のマッターホルンに登る | トップページ | 凍滝を見に行く »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ウーン イイ感じの毎日ですね。充実してますね!!
晴れた日の飯豊や佐渡島の風景は新潟だからこその眺めです。ありがたいなあと思って眺めています。

kazu1954さん おはようございます。そうですね。晴れると雪山が輝いて見える時期を迎えました。護国浜から日和浜までぶらぶら歩いて日和山の展望台に上ったら飯豊連峰と朝日連峰が見えて感動しました。海を見ながらチビリやっていたらどこかのオジちゃんオバちゃんもお弁当を広げて話の花が咲きました。(笑)

投稿: kazu1954 | 2016年2月22日 (月) 09時55分

飯豊連峰が見事ですね!総会に句会といろいろと忙しいですね。芭蕉も新潟には関係があるのですね!我が山の会は4月に総会です、私が副会長に就任予定なんですよ!!私も今月末で退職ですがいろいろと忙しくなりそうです。

静岡の岳人さん おはようございます。芭蕉と曽良が奥の細道の途中で新潟に滞在したので、ゆかりの句碑がいっぱいあるのですよ。静岡の岳人さんも完全定年ですね。長い間お疲れでした。山の会の副会長さんに就任とはおめでとうございます。これから忙しくなりますね。活躍を期待していますよ。

投稿: 静岡の岳人 | 2016年2月23日 (火) 07時42分

しゃくなげいろさま
何時もながらの充実の日々お見事と存じます。
句作も日増しに上達されているように思えますが
偏に日々の精進に依るものでしょう。
私は連日ダラダラと終日過ごしているだけ(反省)

輝ジィ~ジ様 こんばんは。いつもありがとうございます。毎日閑人なので山にも行かずワンカップ片手にぶらぶら歩きをしているのです。春は名のみの風の寒さですが、偶に晴れると山がきれいなので出かける楽しみが増えましたね。3月になって角田山の雪割草が咲く日を心待ちにしているところです。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2016年2月25日 (木) 18時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 四温晴れの日に:

« 村松のマッターホルンに登る | トップページ | 凍滝を見に行く »