« 雪の五頭山に登る | トップページ | 角田山のスプリングエフェメラルたち »

2016年3月15日 (火)

威守松山で雪上訓練(六日町)

028<拡大>
3月4日(日)くもり
今日は威守松山(南魚沼市)で県山協主催の
雪上訓練に出かけました。

002

今朝は早起きして会の仲間と現地へ向かいました。受付を済ませ
て貰った手引書は結構盛りだくさんのメニューでした。

008_2

六日町からR291を南進して清水集落に到着しました。集落入口
に立つ案内板です。今日は赤線コースを歩きます。

009

リーダー氏からチェックポイントの指示が出ました。

013

アイゼンとワカンを持ってきたのですが、雪は固く締まって壺足で
大丈夫のようです。

011

横目に清水集落と背後に聳える巻機連山が見えました。
魚沼の雪まだ五尺機の宮

007
(クリック)
黒い尖がりの黒ツブネと背後のピラミッドの割引岳(1931m)を
ズームしてみました。

014

大神宮様の鳥居をくぐると杉林の急坂が待っていました。

016

最初からぐんぐん登ると送電鉄塔の下に出ました。

017

チェックポイントは大神宮様の御社です。

022

祠の脇から見上げる高さの尾根の直登が始まりました。朝からの
アルバイトはきついですね。標高差100mを一気に上り終えて一
息ついたところです。

023

雪庇防止の大風除板が建つピークに出ました。都内を走る山の手
線に電源を供給する大事な鉄塔を保護する為だそうです。

024

鉄塔を過ぎ点858mに達した頃、前方に威守松山(1214.2m)
が姿を表しました。細尾根を延々と辿ります。

027_2
(クリック)
ブナの木の根方に寺屋敷へ下る標示板が出ていました。居頭尾
根を下ると途中の寺屋敷跡を経由して居頭登山口に出るのです。
以前何度か往復したのは藪っぽい道でした。

029
(クリック)
南方向に見える尖がりは「上越国境のマッターホルン」の異名を持
つ大源太山ですね。左の七ツ小屋山は雲が懸っています。

030
(クリック)
大源太山はいつでも、どこから見ても恰好がいいのでズームして
みました。
遠山の峨々峨々峨々と黄満作

031

訓練ポイントに到着しました。標高950mで風に吹かれると体感
温度がぐっと下がってじっとしていると寒~いのです。

035

持ってきたものをありったけ着込んでも寒いです。講師から低体温
症の話など聞いているうちに低体温症になりそうでした。

036
037

本番の滑落停止訓練に移ったら体も温まってきました。

040

「滑落したら、すぐ反転して停止」とは講師先生のようには中々上
手くは出来ません。若い頃みたく体が素早く反応しないのです。

043

次は急斜面のフィックスロープをフリクションノットで登る練習です。
これはカラビナ利用のバックマンノットの場合。

044

持参した120cmのスリングでショルダーハーネスを結ぼうとした
ら着ぶくれているものだから寸が足らなくて…。更に60cmを足し
て漸く届いたのでした。

045

事前点検してそんなことが分かっただけでも、今日の訓練は良か
ったかしら。

046

滑って転ろげて体も温まったので、風を避けて樹林帯まで下った
辺りでランチタイムとなりました。ランチはいつも楽しいのです。

047
(クリック)
巻機山の景色を前にして仲間と会話も弾みました。

048
(クリック)
舞殿の段(1750m)と黒ツブネ(1578m)の岩峰をズームしてみ
ました。まだ山は神の領域のようです。

049

ランチの後下山して出発地点へ戻りました。今日は一日降られず
山上は寒かったけれど、いい話が聞けたし巻機山の景色もゆっく
り眺められたし、いい山行が出来ました。

(おわり)

|

« 雪の五頭山に登る | トップページ | 角田山のスプリングエフェメラルたち »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

さすが雪国の岳人は雪山を楽しんでいますね!雪山講習会も充実している様ですね、確かにこちらとは違います。私は今月27日に伊豆天城山の方に行きます、もう桜も咲いているでしょう。

静岡の岳人さん おはようございます。今年は少雪で会場を巻機山の近くに移して実施されたのですよ。天城アルプスですか。菜の花が咲いて海がきれいで暖かでしょうね。憧れます。(笑)

投稿: 静岡の岳人 | 2016年3月15日 (火) 10時05分

追伸 昨日 映画「エベレスト 神々の山嶺」を見てきました、ぜひご覧ください。なかなか迫力の有る画面でしたが、やはり小説の方が良いですね!

静岡の岳人さん ありがとうございます。オイラも近いうちに観に行く気になりました。いい俳優が揃っているしね。図書館で本も読んでみます。

投稿: 静岡の岳人 | 2016年3月15日 (火) 10時13分

さすがですね。
雪上訓練などは、ハードルが高くてとても参加出来ませんが、いつも遂せの通り、通り過ぎて巻機山へ行くので、今度雪が消えたら行ってみたいです。
今年は、登っていない新潟の里山へと言うのが実は目標なのです。
展望が良さそうですねので、登り甲斐がありますね。

のりこ様 おはようございます。お立ち寄りありがとうございます。威守松山は深田先生の百名山の巻機山の項で先生が紹介しているユニークな山なのです。少々藪っぽくて急坂が続きますが、いい山なので是非どうぞ。

投稿: のりこ | 2016年3月16日 (水) 04時15分

雪上訓練ですか!!
お疲れ様です。
今日は快晴。
通勤時に、雪を被って鋭い粟が岳
堂々とした守門岳が見えました。
工場に着くと更にスケールの違う
飯豊山がはるかに見えます。
いずれも白く輝いていました。
今週末辺りは、雪割草を観に角田辺りへ行ってみましょうか。

kazu1954さん おはようございます。今の時期晴れると残雪の山々がきれいですね。真白の飯豊が見えるといよいよ春ですかね。角田山の雪割草も咲き始めた頃でしょうね。週末は角田山ですね。

投稿: kazu1954 | 2016年3月17日 (木) 09時52分

しゃくなげいろさま
こんばんは
昨日はご苦労様でした。
何だかんだは別にして天気に恵まれての
良き山歩き出来ました。
雪上訓練とか、積極的ですね。
何時か教えて貰わなくては・・・

輝ジィ~ジ様 おはようございます。いつもありがとうございます。三角点巡りではお世話になりました。風和む四温晴れに当たっていい山行が出来ました。雪上訓練はもうついて行けなくて。(笑)春残雪の威守松山は中々良かったです。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2016年3月19日 (土) 21時28分

しゃくなげ色様
はじめてコメントさせて頂きます。
いつもしゃくなげ色様のブログをたのしく
拝読させていただいております。もう60に近くなりましたのでわたしにとってしゃくなげ色様は憧れのお人です。威守松山は若かりし頃の思い出の山でもあります。白く輝く巻機山が見事でしたいつの日か
お逢いできます事を楽しみにいたしております。今後ともよろしくお願いします。

瑞枝 様 おはようございます。お立ち寄りありがとうございます。オイラも還暦を過ぎたら来し方をふり返ることが多くなりました。若かりし頃をしみじみと思い出しながらまた巻機山に登ろうではありませんか。(笑)何所かの山でお遭いしたらよろしくです。

投稿: 瑞枝 | 2016年3月20日 (日) 17時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 威守松山で雪上訓練(六日町):

« 雪の五頭山に登る | トップページ | 角田山のスプリングエフェメラルたち »