« 五色沼スノーシューイング | トップページ | 威守松山で雪上訓練(六日町) »

2016年3月 6日 (日)

雪の五頭山に登る

059<拡大>
3月4日(金)快晴
三角点の真上に立ってバンザーイ!四温晴の今朝
は五頭山(912.5m阿賀野市)に登りました。

008

8時前には下の駐車場が満杯になるというので、早起きして出か
けて来たのです。念のためワカンとアイゼンを持ってきました。

009

どんぐりの森の急尾根はしっかりしたトレースが続いて雪は固くし
まっていました。

011

休憩が待ち遠しかったのです。冬の間は閉じこもってばかりで、
動かないものだから日頃の運動不足がたたって、もう出だしから
息が上がってしまいました。

013

今年は小雪といいながら、傍らの雪を踏み抜くと腰まで潜ってし
まうのです。根開きも始まったけど春まだ遠しって感じです。

029

6合目の温度計は2℃を指していました。TVの天気予報では今日
は10℃まで上がるようです。斜度が増してきたのでゴム長の上か
ら6本爪を履きました。
ぽたぽたとぽたと雪解の太雫

019
(クリック)
谷を挟んで対岸に菱ヶ岳へ向かう尾根が見えました。中央の辺り
が北山と杉鼻岩峰でしょうか。仲間が今日登っているようです。

030
(クリック)
ナイフリッジに差し掛かりました。雪壁を横切って羚羊の足跡が金
山沢へ降りていました。斜面に朝陽がさしてきれいです。
羚羊の跡ほつほつと峪下る

034
(クリック)
標高が700mを超えた辺りのブナ林の風景に癒されました。

035

100mの急登を終えたら傾斜が緩んで三ノ峰は近かづきました。
五頭山は五つの峰が並んでいるので昔は「いつむり」と呼ばれた
信仰の山なのです。

036
(クリック)
尾根を登ると左手(北)に四ノ峰(871m)が姿をあらわしました。
ここから先は本格的な雪稜が続いて展望が広がりました。

042
(クリック)
三ノ峰でワカンを履きました。目指す二ノ峰(890m)に登山者が
登って行くのが見えます。

043
(クリック)
二ノ峰の東に一ノ峰(910m)、その先に前一ノ峰(890m)と一
ノ峰から五ノ峰までの五つの突起を五頭山(ごずさん)と呼んで
います。

051
(クリック)
一の峰を過ぎ前一ノ峰に立ちました。指差す先には南進して中ノ
岳から奥の菱ヶ岳(974m)に至る主脈縦走路が見えました。

052
(クリック)
目指す五頭山の三角点峰は前方300mに見えるピラミッドです。
五頭五峰の概念を一応外して、前一ノ峰から北進した主脈上に位
置する変わり種の山なのです。

053

主脈稜線は絶え間なく風が吹くので、雪庇が発達して至る所にで
きた風紋の造形が見事です。
朱子織のごとき雪面(も)に曙色(あかね)さす

058
(クリック)
五頭山の山頂を踏んだら折り返します。風を避けてランチができ
る場所を探しに、仲間が先行してくれました。ありがとさん。

060

「やぁやぁ!ひさしぶりー。」「どうもどうもー。お元気そうで。」
今日は仲間に大勢会いました。こんないい日には皆さん考えは同
じなようで…。

061_2

前一ノ峰の窪地に陣取ってゆっくりランチを楽しみました。持ち寄
り手料理が次から次へ回ってきて、賞味させてもらいました。

063
(クリック)
楽しかったランチタイムは瞬く間に過ぎて、後は下山を残すばかり
です。

067

お土産は名物手作り豆腐にしました。

Photo
(クリック)
GPS軌跡
国土地理院背景地図等データ利用許諾番号2011-005号

今日は仲間と山上で楽しいランチタイムと雪景色を堪能して、思
い出に残るいい山行ができました。

(おわり)

|

« 五色沼スノーシューイング | トップページ | 威守松山で雪上訓練(六日町) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

五頭山なかなか良さそうな雪山ですね!ナイフリッジも有り、五の峰を縦走して素晴らしいですね!私は5日に山の会の夏山トレーニングで50キロ強歩大会(10キロの荷物を背負って40キロ歩く)に参加して穏やかな駿河湾沿いに海岸線を富士山を見ながら三保の松原まで約10時間歩きましたよ!!

静岡の岳人さん おはようございます。五頭山塊は蒲原平野の東端にあって新潟から1時間で登山口に行ける便利な山なのです。静岡の岳人さんも10㎏担いで40㎞歩行とは素晴らしい。山始動の力試しですね。こっちも日本海からスタートして角田山、弥彦山、国上山と12時間かけて三山縦走山行が毎年あります。お互い今年もがんばりましょうね。(笑)

投稿: 静岡の岳人 | 2016年3月 7日 (月) 09時14分

しゃくなげいろさま
五頭山お楽しみだったようで。
今年は雪も存外少なく(特に中越・上越)
残雪山歩きの期間も限られそうです。

輝ジィ~ジ様 おはようございます。いつもありがとうございます。晴れると春山は輝いてきれいですね。ピーカン晴れに誘われたのか前一峰は俄かに知り合いの再会の場となりました。(笑)ワカンの出番もあと1、2回でしょうか。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2016年3月10日 (木) 08時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雪の五頭山に登る:

« 五色沼スノーシューイング | トップページ | 威守松山で雪上訓練(六日町) »