« 春は吟行の季節 | トップページ | 禅寺を訪ねる »

2016年4月22日 (金)

福島潟は花がいっぱい

046_r

<拡大>4月14日(木)晴れ
今日は山の会のトレッキングに参加しました。
一日かけてゆっくりと福島潟を回ります。

001_r_2

(クリック)真上の赤い○印の中に蜘蛛がいます。蜘蛛が巣を張っ
ています。蜘蛛の囲に落花の花びらがひっかかって風に揺れる様
がきれいなのです。風が吹く度にざーっと花吹雪が…。

002_r

草むらにも一面花びらが散り敷かれて。桜は盛りを過ぎました。

004_r

花びらが沼面にも浮かんで流れていきました。これが「花筏」です。
長々とくねくね曲る花筏

007_r_2

(クリック)蒲公英(たんぽぽ)がさかんに絮(わた)を飛ばしていま
した。紋白蝶がひらひらと舞っています。

009_r

日傘が似合う季節になりました。

011_r

野焼きの芦原に葦の角がつんつんと出て。

013_r027_r_2

水門の近くにアオサギ(青鷺)がいました。じっと動かず、やがてゆ
っくり悠々と目の前を飛び去っていきました。

021_r_2

(クリック)ひしの実(菱)をみつけました。大鬼(左)子鬼(右)。する
どい角がこわい鬼を連想させますね。

016_r

潟沿いの村の人たちが総出で春祭の準備の最中でした。太字の
幟がはためいて祭り気分が出ていました。
切幣を新しくして春祭

024_r029_r

潟の周りは見渡す限り菜花畑と榛の木に囲まれています。

032_r

潟番屋に春炉が切ってあって炭火が赤々と。いい感じです。こう
いうの好きだなー。
春炉辺の主閑気に灰ならす

036_r

今日参加者のお茶の先生から野点の一服を頂きました。

037_r

折々の菜花の匂ひ心安

菜の花畑を見ながらランチタイムは持ち寄りの手料理が次々回っ
てきて…もう満腹で大満足です。

058_r049_r

午後は潟縁まで歩いて展望台から広い潟の風景を眺めました。
遠山の雪もあらかた消えてしまいました。

060_r

大庄屋ありしは昔花の村

067_r

最後に福島潟干拓で1800町歩を所有し財をなした大庄屋の市島
邸を見学しました。現在は新発田市が管理しているそうです。

068_r

大庭園の片隅には早やぜんまいが出ていました。これからあと少
し経てば山菜取りのシーズンが始まります。
今日は一日歩いて歩いて思い出に残るいい日になりました。

(おわり)







|

« 春は吟行の季節 | トップページ | 禅寺を訪ねる »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

のんびりとした一日、
珠にはいいんでしょうね!
確かに山の雪も少なくなりました。
守門岳位でしょうか?雪があるのは?

kazu1954さん おはようございます。ゆっくり歩くと蜘蛛の囲、花筏、蒲公英の絮、蘆の角、菱の実、目高も見つけました。小学生の観察授業みたいで楽しい時間でした。前山の雪はあらかた消えて奥に飯豊や守門が白く見えるばかりになりましたね。二王子岳も神社まで除雪が終わったそうですからいよいよ春山シーズン到来です。

投稿: kazu1954 | 2016年4月23日 (土) 10時33分

たまには山では無くのんびりとトレッキングも良いものでしょう!菜の花畑で良い句が出来ましたね!いよいよ山菜採りシーズンが始まりますね!

静岡の岳人さん おはようございます。福島潟は新潟で一番大きい潟なのです。今年の冬は白鳥の飛来数が8千羽を超えたそうです。今はその白鳥も鴨もみんな帰ってしまって静かになりました。この日は潟の周りの桜は散り始めていましたが、菜の花が満開でいい季節になりました。前山の雪もあらかた消えていよいよ山菜採りシーズンが来ますね。(笑)

投稿: 静岡の岳人 | 2016年4月25日 (月) 09時17分

度々すみません(笑)
昨日は午前中、時間があったので
思い立って角田山に行ってきました。
雪割草やカタクリも終わり、それ目当ての混雑もなく良い半日でした。
コノイリの沢を渡る場所を通り過ぎてしまい
堰堤のような場所まで行ってしまいました(笑)あそこは回り込めば別のコースに出るんでしょうか?
戻ってキラキラ輝く新緑の中頂上を目指しました。舞い降りた桜の吹雪がみえたり面白かったですよ!頂上は山桜がまだ頑張っていました。帰りに宮前の茶屋で放し飼いの鳥の卵&クロクチ貝があったので買って夕食の味噌汁&卵掛けごはんで楽しみました。

kazu1954さん おはようございます。2万5千地図を見ると此ノ入沢堰堤付近から南東へ宮前コースの8合目辺りへ上る尾根がありますね。でも自然保護ですから正規ルートに戻られたのは正解だと思います。誰もいなくなった静かな山を感得されたのですね。宮前の茶屋でお土産も買って、いい山の過ごし方をされていますね。

投稿: kazu1954 | 2016年4月25日 (月) 11時15分

しゃくなげいろさま
長閑な一日過ごされたようで慶賀の至りです。
博覧強記ですね。
私は切幣 初めて知りました。
常識が足りないのかなぁ?

輝ジィ~ジ様 おはようございます。いつもありがとうございます。最近はすっかり「長閑」が好きになりまして。(笑)太夫様が切幣を撒く神事には敬虔なものを感じます。どこの村々も春祭の幟が立って田の神様を迎えて田植えが始まりますね。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2016年4月27日 (水) 07時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福島潟は花がいっぱい:

« 春は吟行の季節 | トップページ | 禅寺を訪ねる »