« ヒポクラテスの木を見に行く | トップページ | 福島潟は花がいっぱい »

2016年4月20日 (水)

春は吟行の季節

025_r

<拡大>4月13日(水)晴れ
水揚げされたばかりの飯蛸が指に吸い付いて
離れません。今日は新川漁港(内野町)へ吟
行にやってきました。

013_r

春になって漁港も活気づいてきました。時折潮の香が過ります。

012_r_2

(クリック)はまだいこんが咲いていました。よく見ると蜜を吸う虻が
いました。

014_r

早速メモ帳を取り出して取材に余念がありません。

018_r

これは何ーに?蛸壺にみみず状のものが垂れ下がって…。漁師
さんに尋ねたら槍イカの卵だと。

017_r

産卵のために沿岸近くに寄って来て花が咲くころに捕獲される烏
賊のことを花烏賊といって春の季語になっています。

019_r

突堤で釣りに興ずる人たちが三々五々通り過ぎていきました。
今は何が釣れるのですかー?
「さわら(鰆)に沙魚(はぜ)にせいご(鮬・鱸のこども)。平目に鯔
(ぼら)それに豆鯵に…」

021_r

それで釣れましたか? 「さっぱりだねー。」時折水面をジャンプ
する魚がー。「あれは子持ちのぼらが岸によって来るのさ。」
乗込みのもんどり跳ねて春のぼら

022_r

漁から帰った船にみなさん近寄って…。何かいますか?

024_r

バケツの中からつかみ上げたものは飯蛸でした。手に吸い付いて
離れません。
絡みつく指の飯蛸ひきはがす

028_r

場面は変わってJR内野駅に隣接する学校山から小学校のグラウ
ンドを見下ろしています。

030_r

課外授業の生徒たちに時折桜吹雪が…。きれいです。

033_r_3

(クリック)学校山を下りて近くのお寺の境内まで歩きました。木蓮
が綻び始めていました。
大寺の天を指したる紫木蓮

032_r036_r

開山は天正の世という大寺院へ来ました。境内の一画に太子堂が
ありました。

038_r

吟行の後は歩いて近くの料亭でお待ちかね食事会です。
おつかれさーん。先ずは乾杯ー!
春膳のいよゝ楽しき花の句座

039_r

春のものをあしらったなかなかの御馳走が出ました。

042_r

食事の後、今日の本題の句会が始まりました。気分を替えて7句
投句、清記、互選、披講と続き粛々と緊張の時間が過ぎていきま
した。

043_r

今日も句を詠み、句友のいい句を聞き、いい一日を過ごせました。

(おわり)

|

« ヒポクラテスの木を見に行く | トップページ | 福島潟は花がいっぱい »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この小学校は私の卒業した学校です。
昔は父兄も交えて、花見をしました。
吟行はながらく遠ざかっています。
内野駅前は、美味しい居酒屋さん、割烹、寿司屋がたくさんありますね。
良い句がたくさん湧いたことでしょうね。

のりこ様 おはようございます。のりこさんの母校でしたか。学校山は昔も今も桜の名所ですね。車だと通過点ですが、古い町並みはそぞろ歩くと発見があって面白いです。新川漁港の岸壁から覗くと尺ものの子持ち鯔が泳いでいたり、時折ジャンプしたりなかなか見ものです。句会で面白い句がたくさん出ました。(笑)

投稿: のりこ | 2016年4月20日 (水) 23時35分

春ですね~♪
そぞろ歩きの吟行後の 「春膳のいよゝ楽しき花の句座」、いい感じが伝わってきます。
春膳の美味しそうなこと! 風流で粋の一日、羨ましく拝見致しました。 

FUKU様 おはようございます。漁港からスタートして学校山の桜見物をしました。酒蔵があり古社に古刹にゆっくり歩くといろいろ発見がありました。句会までの時間内にその感想を17文字に収める緊張感がたまりませんね。巧拙は別の話ですが。(笑)歩き疲れたあとの一杯がとっても美味でした。

投稿: FUKU | 2016年4月21日 (木) 10時33分

内野小学校の桜は見事ですよね。
それにしても風雅な一日ですね!!
縁遠い世界です(笑)

kazu1954さん おはようございます。学校山の桜は見事ですね。百年以上も前から桜の名所だったようです。仲間に誘われて内野の町中ゆっくり歩いたのは今回が初めてでした。電車で2駅、小学生の遠足気分です。(笑)

投稿: kazu1954 | 2016年4月21日 (木) 10時57分

しゃくなげいろさま
中身の濃い一日とまり充足感イッパイだったことでしょう。
句作も日毎上達されているように思われます。
私にも少しの才が有れば・・・と。

輝ジィ~ジ様 おはようございます。いつもありがとうございます。「朱に交われば赤くなる」の譬えのようには中々うまくはいきませんね。片や皆30年選手ですから、毎回、悪戦苦闘七転八倒の連続です。(笑)

投稿: 輝ジィ~ジ | 2016年4月23日 (土) 11時02分

春の吟行 良い季節ですね!漁港に行けば各種の魚がいて俳句のネタになりますね!料亭の御馳走も春らしくて美味しかったでしょう!

静岡の岳人さん おはようございます。そうなんですよ。漁港の突堤で釣り糸を垂れる前で鯔がジャンプしたり、飯蛸漁の水揚げで漁港も活気づいてきましたね。動きのあるものは初心者でも詠みやすいです。(笑)港が近いし古い町だから料亭もいい味出してました。

投稿: 静岡の岳人 | 2016年4月25日 (月) 09時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春は吟行の季節:

« ヒポクラテスの木を見に行く | トップページ | 福島潟は花がいっぱい »