« 春山に登る(日向倉山) | トップページ | 春は吟行の季節 »

2016年4月19日 (火)

ヒポクラテスの木を見に行く

003_r_3

<拡大>4月12日(火)晴れ
新大病院の正面入口前に立つ聖樹ヒポクラテス
の木を見に行きました。

004_r_2

(クリック)医師で僧侶で俳句の師の先生が欧州留学の帰途にギ
リシャのエーゲ海にあるコス島に立ち寄って種子を持ち帰り、育
てた木が今、立派な巨木になっています。

005_r

昔ギリシャの医聖ヒポクラテスがこの樹の下で医学生に講義をし
たと伝えられている木なのです。コス島は世界中の開業医が一度
は訪れる所と聞きました。

007_r

兄に勧められて12階の展望食堂に上りランチにしました。腰を下
ろしてオーダーしたら、1分後にはもう出てきました。早やー!
なかなかいい味出していましたねー。

008_r_2

(クリック)やすらぎ堤は春爛漫。花いっぱいでベンチで頂く缶ビー
ルも格別でした。

009_r

そよ風が睡気を誘います。午後、句会に向かいました。

(おわり)

|

« 春山に登る(日向倉山) | トップページ | 春は吟行の季節 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

俳句の先生は医師で僧侶 何ですか?凄いですね!新大病院なかなか立派な建物ですね、静大には医学部が無いのですよ、県立浜松医大はありますが!静岡は医師、病院の数が少ないのです!

静岡の岳人さん おはようございます。新潟は昔から医科大学と芸妓で有名な所です。新大医学部俳句部の高野素十、中田みづほ両先生が育てた俳句文化が今も脈々と続いているのです。わが師は素十門みづほ門の直弟子でオイラたちは孫弟子という訳です。山の会の俳句好きの先輩に誘われて、オイラも今頃漸く俳句に目覚めたって訳なのです。(笑)

投稿: 静岡の岳人 | 2016年4月20日 (水) 06時58分

おはようございます。
有任会館でしたっけね?
字が間違っているかもしれませんが?
あの建物は誰でも入れるのですか?
医学部関係者だけなのかと思っていました。
小学生の頃、あの辺りでよく遊んでいました。
17日、今シーズン初のレース
新潟ロードレース15キロ走ってきました。
桜は散っていましたが、途中で従弟夫婦が沿道で応援してくれたりして、楽しく走れました。更に50歳代の従弟も初参加して、今度は従弟の軍団で大会に出ましょうなんて話題でわが一族は盛り上がっています。

kazu1954さん おはようございます。kazu1954さんは有壬会館の近くに住んで居られたのでしたね。有壬会館のレストランのランチが美味いので偶に行きますが入口に「どなたでもどうぞ」って書いてありますね。「15キロ走」レースでいよいよ今年も始まりましたね。従弟軍団で大会なんて素敵ですね。今年もご活躍期待しています。

投稿: kazu1954 | 2016年4月21日 (木) 10時53分

しゃくなげいろさま
勉強不足の小生、語彙持ち合わせ・感性も乏しい身なれば
とてもとても貴殿の様にはなれません。
日々ダラダラと過ごしています。ただただ恥じ入るばかりです。

輝ジィ~ジ様 おはようございます。いつもありがとうございます。こちらこそ山にも行かずだらだらと日を過ごしているのです。ちょっと齧っただけでは、あまりに奥が深くてたちまち立ち往生をしている始末です。山へ出かけてリフレッシュしなければと思うこの頃です。(笑)

投稿: 輝ジィ~ジ@酩酊? | 2016年4月22日 (金) 12時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヒポクラテスの木を見に行く:

« 春山に登る(日向倉山) | トップページ | 春は吟行の季節 »